TOPICS

2017/06/28

2017年6月28日の日経概況

2017年6月28日の東京株式市場は4営業日ぶりに反落しました。
終値は94円68銭(0.47%)安の2万0130円41銭でした。
円安の動きが一服する上、
米国株式市場でハイテク関連の銘柄が再び売られ、
日本にも関連のIT銘柄に売りが広がりました。
短期の調整を挟むようなサインを出してきた日経、
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は反落と続落、軟調な動きになりました。
ダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに小反発してから早速下落して、
前営業日比98ドル89セント(0.5%)安の2万1310ドル66セント、
ナスダック総合株価指数は続落して、
前営業日比100.526ポイント(1.6%)安の6146.623で取引を終えました。

ドラギECB総裁の発言を材料に欧州の市場が軒並み下落、
米国市場にも売りが波及しました。
ドラギ総裁が「デフレ圧力はリフレに変わった」との旨で述べ、
ECBの金融緩和策が縮小に向かうとの見方が広がりました。

FRBのイエレン議長も、ロンドン市内での討議に参加、
株式などの資産価格が「いくらか高い」と、割高との見方を示すことで、
下げ要因にもなるところでした。
しかし、具体的な政策まで言及することはなかったので、
下げ幅を広げる要因にはなりませんでした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】
6月26日のCME日経平均先物は反落、
9月物は前日比40円安の2万0145円で引け、
26日の大取終値を5円下回りました。
SGX日経平均先物も小幅の売り先行でスタート、
日経平均先物9月物は前日の清算値比25円安の2万0130円で始まりました。

日本市場はナスダックの下落が響きました。
市場をリードしてきたIT関連銘柄に売りが広がり、
75円89銭安の2万0149円20銭で始まりました。

100円を超える下げ幅を見せた後は、
値を戻し、58円安の2万0166円で前引けを迎えました。
下げが広がる時に期待される日銀のETF買いらしき動きも見られず、
安値圏で膠着した後は、94円安で本日の取引を終えました。

電気機器、精密機器などのIT関連銘柄が売られ、
欧州の利回り上昇を受け、メガバンクを始めとする
金融関連に買いが入りました。

今年の高値に挑戦する動きとの見方が多い今週の動きは
ハイテク、IT関連銘柄の動きがリスク要因になりました。

東証1部の売買代金は概算で2兆4293億円
売買高は19億2007万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1383、
値上がりは503、変わらずは112銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は上髭の長い陰線を形成しました。
高値を作る長い上髭で前日の日足の実体まで伸びましたが、
上昇することはできず、下値は限定的でありながら、
上値が押さえられる調整入りのサインを出してきました。

支えになっていたボリンジャーバンドの+1σを終値で割り込み、
短期の上昇トレンドは収束、
一目均衡表の転換線が次の支えになっています。

さらに調整が入ると転換線、その次25日移動平均線が
下げの目処に入ります。
週後半に主要な米国指標が待っていますが、
円安をさらに後押しする結果になってくれるかが
反転のトリガーになるでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

2日前は有機ELについて、前日はゲーム関連銘柄への
警戒について解説しました。
本日は東エレクなどの電機株、ゲーム関連にも売りが見られました。
特に新型ゲーム機への期待から大きく上昇してきた
任天堂にはきつい下げが入りました。

先週末の解説では、小売の業績が順調で欧米の外部環境も後押しするなら
年初来高値への挑戦になるとの見方を示しましたが、
日米とも、ハイテク関連銘柄の動きが
変調を迎えているのがリスク要因になっています。

追い討ちをかけたのはイエレン議長の
PERなどから考えると割高の水準にいるとの発言は、
「ハイテク株は買われすぎ」との心理に伝わり、
ナスダックが幅のある下落を見せる要因になりました。

日本市場でも変化が見られるのは、中小型の動き。
日経225よりマザーズやジャスダックの下げ幅が大きいことや、
TOPIX100よりTOPIX Mid400, TOPIX Smallなどの下げ幅が大きいことから、
物色の矢先が変わっているのがわかります。

下げを悲観するような材料はないなか、
一回調整を挟んで再び高値を目指すのか、
日米とも ハイテク関連銘柄の動向に神経を使う週後半になりそうです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
20,130.41    -94.68   -0.47%
NYダウ(ドル)
21,310.66    -98.89   -0.46%
ドル(円)
111.91-92    +0.28円安 +0.25%
ユーロ(円)
127.29-33    +2.41円安 +1.92%