TOPICS

2017/07/11

2017年7月11日の日経概況

2017年7月11日の東京株式市場は続伸しました。
終値は前営業日比114円50銭(0.57%)高の2万0195円48銭でした。
前日の米国市場は長期金利上昇の一服を受けて
金融関連銘柄への売りとハイテク関連銘柄への買いが交差、
朝方は方向感なしにスタートしました。
114円台を推移する円安基調が後押しすることで
午後に入ると上昇幅を広げましたが、
前日に引き続き上昇の中での閑散相場で、
次のジャンプのために、商いを引き上げるような材料が欲しいところです。

本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は小幅に反落と続伸、まちまちな動きになりました。
ダウ工業株30種平均は小幅に反落して、
前営業日比5ドル82セント(0.0%)安の2万1408ドル52セント、
ナスダック総合株価指数は続伸して、
前営業日比23.314ポイント(0.4%)高の6176.393で取引を終えました。

長期金利の上昇を背景に買われていた銀行株が
利益確定で売られたことが市場の重荷になり、
アマゾンのプライムデー開始を懸念して小売株が
売られたことが上値を抑えました。

しかし、基本的には大きなニュースがなく、
小売の売りが下落を主導しただけで、
方向性の定まらない動きに終始したと言えます。

一方、ハイテク関連には再び買いが入って
ナスダック総合指数を引き上げるなど、
銘柄感の短いスパンでの循環が繰り返されています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】
シカゴのCME日経平均先物は続伸して、
9月物は前営業日比35円高の2万0055円で引けました。
大阪取引所の終値を45円上回りました。

SGX日経平均先物は売りが先行してスタート、
50円安の2万45円で始まりました。
日本市場は米国市場の方向感の欠けた動きを引き継ぎ、
材料難を示す小動きでスタート、
7円12銭安い2万0073円86銭で寄り付きました。

米国市場の動きを踏襲して、銀行株に売り、
ハイテク関連に買いが進みましたが、
為替市場で続く円安基調を背景に上昇幅を広げ、
54円高の2万135円で前場引けを迎えました。

午後に入ると円安の恩恵を受ける銘柄を中心に
買いが広がり、上昇幅も拡大
当日の高値に近い位置の114円高で本日の取引を終えました。

電機、空運、情報・通信などが上昇を先導し、
小売、銀行、保険などは売りが進みました。
主要なイベントに控えて様子見を決め込む動きも見られました。

様子見ムードで買いが入り辛い状況を反映して
商いは先日より盛り上がりに欠けました。
東証1部の売買代金は概算で2兆673億円、
売買高は14億3621万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1494、
値下がりは392、変わらずは135銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は丸坊主に近い陽線を形成しました。
前日のトレンド転換から明確に高値を抜き、
上昇トレンドへの復帰と継続を見せつけました。

横ばいだったボリンジャーバンドは少しだけ上向きに変わり、
一目均衡表は基準線と転換線のゴールデンクロス以外は
三役好転の準備が整いました。

高値では20,200円を回復して達成感による
厳しい戻りも懸念されましたが、
戻りはほんの5円ほど、
強いトレンドの形成を示唆する形になりました。

6月下旬から7月初旬にかけて作られた高値圏の
上辺に近づいて来ましたが、
RSIやサイコロジカルラインなど、代表的なオシレーター系の指標は
まだ過熱感を示していないところが
これからの動きに期待を持たせる要因となっています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

本日の動きにはポジティブと懸念材料が混在しています。
トヨタを代表とする輸出・大型銘柄にしっかりした動きがみられ、
指数を押し上げる望ましい形になりました。

また、マザーズの動きを見ても0.93%の上昇で
225に上昇率を上回り、
規模別の物色でむらがなく、均等に買われていることがわかります。

大相場を作りにいく時の特徴ですが、
懸念材料は2日連続の「ぎりぎり2兆円」の商いです。
為替相場のポジティブな支援にもかかわらず、
盛り上がりに欠けるのは、投資家の心理が強気になり切れず、
イベントの通過を待ち望んでいる様子が伺えます。

イエレン議長の証言など、どっちに転ぶかわからない材料があって
円安を支援するような内容にならない可能性ももちろんありますが、
急激な円高を誘うような動きにもなりづらいと想定しています。

内容が思わない方向に行っても、一時的な動きになる可能性があることから、
自動車、電機などトレンドが発生しているものに関しては
多少の調整が入っても引き続き注目する価値があるでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
20,195.48   +114.50 +0.57%
NYダウ(ドル)
21,408.52   -5.82   -0.00%
ドル(円)
114.29-30   +0.12円安   +0.10%
ユーロ(円)
130.31-35   0.03円高    -0.02%