TOPICS

2017/07/25

2017年7月25日の日経概況

2017年7月25日の東京株式市場は続落しました。
終値は前営業日比20円47銭(0.10%)安の1万9955円20銭でした。
予想で伝えていた通り、
26日まで開かれる米国のFOMCや、
週後半から本格化する四半期決算に備えて、
様子見を決め込む動きに徹している雰囲気で、
売買代金も2兆円割れが続いています。
弱気になる必要はなく、好業績銘柄への仕込み時期でもあります。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は続落と反発になりました。
ダウ工業株30種平均は続落して、
前営業日比66ドル90セント(0.3%)安の2万1513ドル17セント、
ナスダック総合株価指数は反発して、
前営業日比23.054ポイント(0.4%)高い6410.808で取引を終えました。

25~26日のFOMC、ピークを迎える業績発表など
様子見が広がりやすい流れの中、
先週末までの高値更新を受けて、
利益確定を優先する動きになりました。

金融を始め、大型の主力銘柄が売られたことは相場の重荷になりましたが
下値を売り込まれる展開にもならず、
通常の変動幅の中に収まりました。

市場が目を向けているのでは26日まで続くFOMC、
その後出揃う業績のまとめです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】
シカゴのCME日経平均先物は小幅の続落で、
9月物は前営業日比35円安の1万9945円で引けました。
大阪取引所の終値を5円上回りました。

SGX日経平均先物は買いが先行してスタート、
15円高の1万9960円で始まりました。
日本市場は方向感のない様子見でスタート、
3円89銭高の1万9979円56銭 で寄り付きました。

その後も様子見を続ける動きには変動がなく
下げ幅を徐々に広げた結果、
前日比25円56銭(0.13%)安の1万9950円11銭で午前の取引を終えました。

米国の長期金利を背景に円安にふれたことで
2万円を回復する場面もありましたが、
決算を見極めたい雰囲気の方が強く、
2日連続で2万円を割り込んで終了しました。

石油・石炭製品が上昇率上位まで買われ、
銀行・証券などの金融関連銘柄が久しぶりに上昇率上位に並びました。
一方、前日買われていた不動産、水産などに売りが進みました。

東証1部の売買代金は概算で1兆8865億円、
売買高は14億9756万株でした。
2兆円割れが続く中、本日はより薄商いになりました。
東証1部の値下がり銘柄数は1297、
値上がりは593、変わらずは134銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は長い上ひげを持つ陰線を形成しました。
前日の高値と安値は切り上げる上昇の形になりましたが、
前日にあけた窓を埋める勢いにはならず、小動きに終始しました。

上ひげの長い日足なので、上昇の勢いは弱く、
まだ迷いが強い状態です。
25日線が上に位置、7月に入っては25日線を挟んでの動きが続いた後
下離れした形に変わりました。

ボリンジャーバンドの向きは横ばい、
幅はさらに狭まってきたので、エネルギーを貯め始めています。
どちらかに動き出す可能性が高いので、
横ばいの今だからこそ、観察の視線を緩めないことが大事です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

日本株には様子見が続いています。
米国のイベントと四半期決算、日本の決算が重なって
方向性が見えない時には当然起こりうることです。

本日も全体的には薄商いの中、業績がしっかりした銘柄には
例外なく物色が進みます。
先週末は「2017年下半期の展望」というテーマでセミナーを行いましたが、
ここで重点的に取り上げた分野の1つがAI関連でした。

今更なにを?という感じがあるかも知れませんが、
戦略的な観点で、今買いの銘柄と
テクニカル的な分析で割り切って
あえて空売りを入れる観点についても説明しました。

特別な材料がない中、直近の動きから注目する分野を考えてみると、
10%以上の上昇を演出した安川電機<6506>に続く、
ロボット、工作機械関連銘柄は注目していいのではないでしょうか。
それもテクニカル分析を加えて、一回落ち着くのを待ってから
次のチャンスを狙うという戦略です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
19,955.20     -20.47     -0.10%
NYダウ(ドル)
21,513.17     -66.90     -0.31%
ドル(円)
111.05-06     +0.24円安   +0.21%
ユーロ(円)
129.39-43     +0.42円安   +0.32%