TOPICS

2017/08/04

2017年8月4日の日経概況

2017年8月4日の東京株式市場は続落しました。
終値は前営業日比76円93銭(0.38%)安の1万9952円33銭でした。
前日に引き続き、米国市場ではハイテク関連銘柄に売りが進み、
日本にもその影響が広がりました。
加えて、今夜予定されている雇用統計の発表に備えて
取引を控えるのも買いが進まない要因になりました。
雇用統計の結果にもよりますが、
来週は堅調な動きが予想される中、投資戦略の精密化が求められます。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は続伸と続落のまちまちな動きになりました。
ダウ工業株30種平均は8日続伸して、
前営業日比9ドル86セント高の2万2026ドル10セント、
ナスダック総合株価指数は続落して、
前営業日比22.304ポイント(0.4%)安の6340.341で取引を終えました。

ダウ工業株30種平均は最高値更新の記録を7日連続に伸ばしました。
ナスダックは大きく伸びたアップルが利益確定の売りに合流したことで、
弱い動きを続けました。
日本市場同様、雇用統計の発表を控えていることから
買いが進みにくい側面も加わりました。

ダウの高値更新は続いていますが、
高値圏でそろそろ過熱感が意識される形になってきました。
雇用統計と決算発表の材料が出つくされると
来週は軟調な動きになる可能性が高いでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】
シカゴのCME日経平均先物は反落して、
9月物は前営業日比105円安の1万9955円で引けました。
大阪取引所の終値を55円下回りました。

SGX日経平均先物も売りが先行して
前日の清算値と比べ55円安の1万9955円で寄り付きました。

日本市場は前日に続き米国のハイテク関連株下落を受け、
部品、半導体関連銘柄に売りが先行してスタートしました。
前日比55円安の1万9955円で寄り付きました。

様子見ムードが強いことから、取引自体は盛り上がらず、
変動幅も少なく、72円68銭(0.36%)安の1万9956円58銭で
前場引け、午前中の取引を終えました。

午後も安値圏で膠着した後は始値に近い
76円安で今週の取引を終えました。
半導体関連、電子部品関連が売りに抑えられましたが、
好業績銘柄にはいつもの通り、買いが入りました。

様子見ムードの強まりで商いはさらに細くなり、
東証1部の売買代金は概算で2兆1553億円、
売買高は15億1500万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は775、
値上がりは1107銘柄、変わらずは405銘柄でした。
指数は下げましたが、値上がり銘柄の数が多くなりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は窓をあけながら下離れしてスタート
始値に終値が戻ってくる十字架を形成しました。
下げか、上げが続いている場合は、市場反転のサインになりますが、
持ち合いの局面なので、週末のイベントに備えて、
様子見が極まることを示す形として解釈されます。

十字架の日足は一目均衡表の上雲の中にすっぽりと入り、
来週も下げる場合は、75日線が位置する
19,810円付近までの調整も考えられる位置まできました。

週足では長い上髭を持つ陽線を形成しましたが、
週間では7円51銭安、10ヶ月ぶりの小さい変動幅でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

来週の週前半しっかり、後半に近づくと閑散相場になる
動きが予想されます。
まず、閑散相場になる要因は金曜日が祝日で営業日が少ない上に、
翌週はお盆シーズン突入なので、それに備えて徐々にポジションを閉じる
動きが予想されます。

前半しっかりは、本日の雇用統計を見ないと確信はできませんが、
本日の取引後、トヨタが発表した業績の影響を受ける可能性が高いです。
トヨタ自動車が4日発表した業績では、
4~6月期の売上高が前年同期比7%増の7兆476億円、
純利益は11%増の6130億円でした。
加えて2018年3月期の連結純利益(米国会計基準)が
前期比4%減の1兆7500億円で、
従来予想を2500億円上回ると発表しました。
(http://www.nikkei.com/article/DGXMZO19660850U7A800C1000000/?dg=1&nf=1)

雇用統計が円安を支援する結果になる場合は、
週前半に堅調になる雰囲気は整っている状態で、
7日のソフトバンク発表でピークを迎える可能性が高いでしょう。
前日伝えた通り、トレンド転換が予想される
大型の主力株には目を向けてみる価値があります。

お盆休みに備えて、一回はポジションを軽くして
リフレッシュしてから戻ってきて、
新しい気持ちで頑張ってもいいのではないでしょうか。
よい週末を!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
19,952.33    -76.93     -0.38%
NYダウ(ドル)
22,026.10    +9.86     +0.04%
ドル(円)
110.07-08    -0.56円高   -0.50%
ユーロ(円)
130.78-82    -0.22円高   -0.16%