TOPICS

2017/08/28

2017年8月28日の日経概況

2017年8月28日の東京株式市場は小幅に下落しました。
終値は前営業日比2円71銭(0.01%)安の1万9449円90銭でした。
トランプ政権の高位関係者が税制改革をほのめかす発言で
市場をフォロー、日本市場にも影響が波及して上昇してスタートしましたが、
上値が重く小幅の下落で終わりました。
期待外れなのか、無事通過で喜ぶべきなのか、曖昧な後味を残した
ジャクソンホールでの講演は、
為替市場で影を落とし、日本市場にネガティブ要因となりました。 
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は小幅で反発、続落とまちまちな動きになりました。
ダウ工業株30種平均は反発して、
前営業日比30ドル27セント(0.1%)高の2万1813ドル67セント、
ナスダック総合株価指数は3日続落反して、
前営業日比5.683ポイント(0.1%)安の6265.643で取引を終えました。

トランプ氏のフォローが一言入ったことで
市場にある程度の安心感を与えましたが、
強く上昇するには至りませんでした。

NEC(国家経済会議)のコーン委員長が
英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで
「来週からトランプ米大統領の日程は税制改革を中心に展開する予定だ」
と語ったことが、減税、税制改革への期待を呼び戻しましたが、
上値は重く推移しました。
何回も肩透かしを食った市場が「本当かよ?」と
懐疑的な見方をしているのが一つの要因です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

シカゴのCME日経平均先物は小幅の続伸で、
9月物は前営業日比45円高の1万9450円で引けました。
大阪取引所の終値と同水準でした。

方向感の欠ける相場を反映して
SGX日経平均先物は横ばいでスタートして
前日の清算値と比べ1万9440円で寄り付きました。

日本市場は米国市場の小幅続伸とユーロ高、円安が好感され、
買いが先行、49円62銭高の1万9502円23銭で寄り付きました。
買い戻しが一巡した後は下げに転じ、
小幅下落のまま前引けを迎え、21円安の1万9430円で午前の取引を終えました。

午後に入っても大きな動きは見られず、
先週末の終値を挟んでの動きに終始、
2円安で本日の取引を終えました。

その他製品、医薬品、繊維製品などが上げ、
メガバンクを筆頭に銀行業や保険業は厳しい動きに直面しました。

週初から様子見が広がる影響で商いは相変わらず軟調、
6日連続の2兆円割れです。
東証1部の売買代金は概算で1兆7447億円、
売買高は13億4492万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は713、
値上がりは1184、変わらずは126銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は上下ヒゲを持つ短陰線を形成しました。
高値と安値を切り上げたので、テクニカル的な形では上昇です。
上髭でボリンジャーバンドの+1σを超えましたが、
高値では一目均衡表の転換線に会ったら押し戻されました。

上値に抵抗が出来つつあるので、とりあえずは上昇を続けるとしても、
転換線を一回抜けて上に来てくれるのが必要になります。
転換線を抜けたあとは下向きの25日線と重なっている基準線、
さらにその上は75日線と重なっている先行スパン2(うわ雲の下辺)と
前途多難な道のりが待っています。

今週も特段上昇してくれそうな材料はないので、
持ち合い中のトレード戦略に従いましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

注目イベントのジャクソンホールは
日本市場のマイナス材料になりました。
ドラギ総裁、イエレン議長、共に講演の中で
金融政策を明確に示すことはなく、
手掛かり難でドルが売られ、円が変われる円高に傾きました。

これから円安に傾く可能性があるかを考えるのが
FOMCまでの過ごし方になりそうです。
19-20日に予定されているFOMCでみんなが期待しているのは
米国の利上げでしたが、ジャクソンホールでの講演内容から
「9月利上げはなし」との見方をこれから反映していく可能性が高いでしょう。

円安が期待できない状態では、9月のアノマリーに期待するのが正しい戦略でしょう。
まず、9月は毎年恒例、権利落ちが月末に予定されています。
9月初旬は優待・高配当銘柄が買われて行き、月末で売られるので、
好感されそうな銘柄を物色するのがいい戦略です。

次は、円安が期待しにくい状況下では、
為替の影響を受けにくい内需・ディフェンシブ方の銘柄に
注目するのも9月の過ごし方として有効な戦略です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
19,449.90     -2.71    -0.01%
NYダウ(ドル)
21,813.67     +30.27   +0.13%
ドル(円)
109.16-17     -0.51円高  -0.46%
ユーロ(円)
130.27-31     +1.08円安  +0.83%