TOPICS

2017/09/06

2017年9月6日の日経概況

2017年9月6日の東京株式市場は3日続落しました。
終値は前営業日比27円84銭(0.14%)安の1万9357円97銭でした。
前日の米国市場は連休前の「北朝鮮核実験」を消化、
大幅な下落になったことを受け、日経も売りが先行、
130円以上の下げ幅までありましたが、
下げ幅を縮小させながら引けました。
今年の株式市場を握っている為替市場の動きが
ファンダメンタル・テクニカル的、両方の観点で転換点にさしかかった今、
投資家の悩みは深まります。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は5営業日ぶりに反落しました。
ダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落して、
前営業日比234ドル25セント(1.1%)安の2万1753ドル31セント、
ナスダック総合株価指数は6営業日ぶりに反落して、
前営業日比59.757ポイント(0.9%)安の6375.574で取引を終えました。

ダウ工業株30種平均は8/21以降、2週間ぶりの安値で
北朝鮮関係の地政学リスクが強く意識され
投資家心理がリスクオフの動きに傾きました。

地政学リスクに加えて、国内の政局運営も不透明性が高く
債務の上限引き上げ、2018会計年度の予算成立をめぐる
対立は解消される気配がないことも投資家心理を冷やす要因になりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

米国市場の大幅な調整を受け、
シカゴのCME日経平均先物は大幅に反落しました。
9月物は前営業日比335円安の1万9355円で引けました。
大阪取引所の終値を75円下回りました。

SGX日経平均先物はシカゴと米国市場の影響を受け、
売りが先行してスタート、
前日の清算値と比べ100円安の1万9335円で寄り付きました。

日本市場は米国市場の大幅反落に加えて、
為替相場で円高が進んだことが嫌気され、売りが先行しました。
99円75銭安の1万9286円06銭で寄り付いた後は
下げ幅を拡大し、130円安まで進みました。

売りが一巡してから下げ渋り、59円安の1万9325円で
午前の取引を終えた日本市場は、午後に入って
日銀のETF買いへの期待も下値を支えて下げ幅を縮小
27円安で本日の取引を終えました。

米国市場で金融株が下落した流れを引き継ぎ、
証券、銀行、保険など金融銘柄に売りが広がりました。
直近厳しい動きになった内需関連で倉庫・運輸関連業、水産などに買いが入り、
やはり厳しい動きだった鉄鋼にもしっかり買いで支えられました。

東証1部の売買代金は概算で2兆2100億円、
売買高は16億6553万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は746、
値上がりは1166、変わらずは112銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は上下ヒゲを持つ短陽線を形成しました。
始値は前日の実体から下離れして窓を開けましたが、
下げ幅を縮小して、始値を超えて陽線で引けました。
実体は離れているので、窓を空けたことになります。

陽線で引けたのが支えの材料にはなりますが、
直近の安値である8/29を下回ったことは
投資家の心理が崩れやすいことを表します。

またテクニカル的に強く意識される200日移動平均線も
割り込んで下に入ったことで、
下に向かっての力が強く働いているのが分かります。

大幅の上昇の後は急落、短期的な売られすぎ感から
明日以降は短い戻りも予想されますが、
中途半端な戻りではそのあとの下げが
さらにきつくなる可能性があることに注意が必要です。

もちろん、その反対の可能性もあるでしょう。
特に9/9にミサイル・核実験などがなく
無事通過すれば地合いは変わってきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

テクニカルの形でみれば厳しい流れになっていますが、
本日の陽線引けは短いけど、下げ止まりを予感させる形です。
終値は下落したものの、日経は陽線引きで、
ジャスダック指数やマザーズ市場はプラスに転じて終わりました。

週末の北朝鮮リスク、9月19-20のFOMCまでは
様子見になりがちな展開を考えると、
為替市場ではドル高・円安に振れるのが期待しにくい状況です。

週末の北朝鮮の動きが「ネガティブな動きがない」という
前提に立つ場合、円高が止まると考えられますが、
それは相当確率が低いと考えられます。

ドル・円の動き自体も108円と109円を挟んでの膠着が続いているので、
108円を下に抜けると下げが加速する可能性があります。
「下げが加速する」とは円高が加速するという意味です。

上記のことを考慮すると引き続き空売り銘柄を保持しながら、
買いの方では為替の影響を受けにくい
内需・ディフェンシブ関連銘柄に注目するのがいいですよう。

ただし、空売り銘柄で保持している分には下げ止まりを
見せる銘柄も増えてきたので、利益確定の注文は
きちんとセットしておきましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
19,357.97    -27.84     -0.14%
NYダウ(ドル)
21,753.31    -234.25     -1.06%
ドル(円)
108.68-69    -0.77円高    -0.70%
ユーロ(円)
129.46-50    -0.55円高    -0.42%