TOPICS

2017/10/03

2017年10月03日の日経概況

2017年10月03日の東京株式市場は続伸しました。
終値は前営業日比213円29銭(1.05%)高の2万0614円07銭でした。
連日で年初来高値を更新して、2015年8月17日以来、
約2年1カ月ぶりの高値を記録しました。
好調な米国経済指標の発表結果を背景に
円安が進んで113円台で推移したことが投資家心理を改善させました。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は4日続伸になりました。
ダウ工業株30種平均は4日続伸して
前営業日比152ドル51セント(0.7%)高の2万2557ドル60セントと、
ナスダック総合株価指数は5日続伸して、
前営業日比20.759ポイント(0.3%)高の6516.717で取引を終えました。

ダウ工業株30種平均は9月20日以来ほぼ1週間半ぶりに
過去最高値を更新し、
ナスダック総合株価指数も、連日で過去最高値を更新しました。

ISM(サプライマネジメント協会)が發表した
9月の製造業景況感指数は60.8、市場予想を上回りました。
13年ぶりの高水準で米国の好調ぶりをアピールする数字でした。

一方、ラスベガスでは銃乱射事件が発生、少なくとも59人が死亡し、
500人以上が負傷する史上最悪の事件が起こりましたが、
市場への影響は限定的でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

シカゴのCME日経平均先物は続伸して、
12月物は前営業日比120円高の2万0470円で引けました。
大阪取引所の終値を60円下回りました。

SGX日経平均先物は前日同様、買いが先行、
75円高の2万480円で寄り付きました。
日本平均は連日市場高値を更新する米国市場の上昇と
為替市場の円安基調を背景に買いが進み
74円47銭高の2万0475円25銭で寄り付きました。

157円高の2万558円で午前中の取引を終え、
午後に入っても幅広い銘柄に買いが進み、
200円を超える上昇幅で本日の取引を終えました。

新興株も盛り上がり、日経ジャスダック平均株価は5日続伸しましたが、
東証マザーズ指数はそーせいなど時価総額の大きい銘柄が売られる結果、
5営業日ぶりに反落しました。

幅広い業種に買いが入りましたが、
直近押されていた電気・ガス業や水産・農林業が買われ、
鉱業業種のみが下落しました。

商いは増加、2兆円割れ寸前まで押された前日から一転、
東証1部の売買代金は2兆2821億円、
売買高は14億5094万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1172、
値下がりは759、変わらずは99銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は下ひげの方が長い中陽線を形成しました。
安値は一目均衡表の転換線が明確に意識され
3日連続で転換線まで進むと引き返す(支えられる)動きが続きました。

前日は「本日の高値は直近の1年で売買高が溜まっている最後の価格帯です。
ここを抜け出すと、値動きは軽くなりますが、
ここで止まると、次の高値抜き挑戦まで再び調整を強いられるでしょう。」と解説、
上に抜け出したので、値動きが軽くなることが考えられます。

相場の過熱感を示すオシレーター系の指標は9/25に一斉に
買われすぎのサインを出した後、
年初来高値を更新した本日はむしろ
過熱のサインが消えました。

例えばRSIやサイコロジカルラインなどの指標は
9/25に5月初旬以来の高い位置にありましたが、
本日は過熱感のでる領域を下に抜けました。

この流れで3兆円程度の商いが発生して、後押ししてくれれば
相場はより一層盛り上がりやすいでしょう。
明日は達成感による一時調整も予想されます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

指数の上昇幅から考えると、騰落数の比率や
商いはまだ不安を残す材料になっています。
下落759と上昇銘柄の1172に比べると少ないとも言えますが、
全面高とも評価できない比率です。

また、前日より増加したものの2兆円台前半を記録している
売買代金もいまいち盛り上がりを感じさせない要因になっています。
それでも日本株は固い動きが続くと予想します。

節目となる20,500円をあっさりと超えて、
この3年の間では最も意識される
2015年6月14日の高値20952円までは
比較的軽く到達することも可能です。

明日は本日の達成感から、利益確定を優先する動きが
先行しますが、下値を売り込まれる動きにはなりづらく、
当分は上目線を維持しましょう。

本日の上昇率1位業種でテクニカル的にも
今年の鬱憤を吐き出す雰囲気が出ている不動産、
厳しく追い込まれていた電気・ガス業の戻り上昇に
注目してみましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
20,614.07     +213.29     +1.05%
NYダウ(ドル)
22,557.60     +152.51     +0.68%
ドル(円)
112.93-94     -0.05円高    -0.04%
ユーロ(円)
132.74-78     +0.09円安    +0.06%