TOPICS

2017/11/07

2017年11月7日の日経概況

2017年11月7日の東京株式市場は大幅に続伸しました。
終値は前営業日比389円25銭(1.73%)高の2万2937円60銭でした。
21年4カ月ぶりの高値更新をさらに通り越して、
26年ぶりの高値更新になりました。
23,000円も視野に入ると解説しましたが、
ここまでくると、23,000円も通過点に過ぎないのではないかという
雰囲気すらあります。
海外投資化が買いを増やしてきたこと、
原油先物が2年3ヶ月ぶりの高値を記録したことも
市場を押し上げました。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は5日続伸になりました 。
ダウ工業株30種平均は5日続伸して
前営業日比9ドル23セント高の2万3548ドル42セント、
ナスダック総合株価指数は2日続伸して、
前営業22.001ポイント(0.3%)高の6786.436で取引を終えました。

ダウ工業株30種平均3日連続で最高値更新です。
中東の情勢とM&A関連ニュースが市場を牽引しました。

まず、中東情勢から。
サウジアラビア政府が王族や閣僚を汚職容疑で拘束するなど
中東情勢が緊迫化したことで原油価格が上昇しました。
エネルギー資源関連銘柄には買いが広がりました。

M&A関連は、21世紀フォックスが事業の大半を
ウォルト・ディズニーに売却する方向で協議していると報じられたことが
好感され、ウォルト・ディズニー株に買いが集まりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は高値警戒感から利益確定を急ぐ
売りからスタートしましたが、
米国市場が上値が重い中でも
連日で 最高値更新を続けていることを受け、
寄り付きから一貫して値段を上げました。

中東の情勢が緊迫感を増していることによる
原油価の上昇を受け、石油・資源関連銘柄に買いが進んだことも
市場を押し上げました。

上昇幅は400 円を超える場面もありましたが、
少し落ち着き、389円上昇で本日の取引を終えました。

原油価格の上昇を受け、ゴム製品、石油・石炭製品などの
業種に買いが入り、
電気機器、精密機器などの製造業にも買いが広がりました。

一方、証券、銀行、保険などの金融銘柄には
下げが続くことから、利益確定のための調整が確実に進んでいます。
市場の拡大とともに、トレンド転換する下地は整ってきています。

日経の日足は丸坊主に近い陽線を形成しました。
前日は「上昇が弱まりそうな動きになってきました。」と
解説しましたが、その懸念を吹き飛ばすような形で、
ここまでの上昇、短い持ち合いが「通過点」に見えるように
なるほどの上昇トレンドを継続しました。

前日によわまったモメンタムは再び増加、
上昇の勢いが加速しているので、
オシレーター系の指標はもちろんほぼすべての指標で
過熱感が出ています。

このような大相場ではオシレーター系の指標が
力を発揮しにくいので、
トレンド系の指標で方向性の持続性を判断する分析を
中心しながらついていく必要があります。

商いは7日連続の3兆円超え、
東証1部の売買代金は概算で3兆5126億円、
売買高は18億9665万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1315、
値下がりは619、変わらずは99銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

前日は騰落数の変化から、少し流れが変わって来たと
解説しましたが、今日はそれを欺くかのように
予想外の強さで上昇してきました。

上げ幅は一時400円を超え、23,000円を視野に入れて来ました。
ここまでくると、23,000円も通過点になる可能性が高いでしょう。

ここまでの強さにはリスク要因として考えていたことが
ポジティブに触れたのが一つの原因です。
度を過ぎるほどのオモテナシでトランプ氏の来日は
円満な結果で終わり、貿易関連の圧迫が懸念された
リスク要因がまず解消されました。

現在の上昇が好ましい理由は、3兆円を超える取引が
裏付けされているということです。
各上昇段階では買いを入れたポジションが待ち構えているので、
下げにくい相場は続くでしょう。

ここから狙える業種は、【日本市場の動向】でも触れたとおり、
トレンド転換を控えている金融業種です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円):
22,937.60    +389.25    +1.73%
NYダウ(ドル):
23,548.42    +9.23      +0.04%
ドル(円):
114.21-22    -0.10円高    +0.51%
ユーロ(円) :
132.21 – .25     -0.52(-0.39%)