TOPICS

2017/11/20

2017年11月20日の日経概況

2017年11月20日の東京株式市場は4営業日ぶりに反落しました。
終値は前営業日比135円04銭(0.60%)安の2万2261円76銭でした。
先週同様、迷いのつよい相場で今週のスタートをきりました。
週末の間に米国の相場が弱かったこと、
為替市場では111円台にまで進んだ円高の影響を受け、
市場は下落の圧力を受けました。
決算が終わり材料が少ない中でも、
好調な結果だったことを支えに日経の下げ幅は限定的でした。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は反落しました 。
ダウ工業株30種平均は反落して
前営業日比100ドル12セント(0.4%)安の2万3358ドル24セント、
ナスダック総合株価指数も反落して、
前営業日比10.500ポイント(0.2%)安の6782.791で取引を終えました。

決算発表が過ぎ、明確な材料がない中、
前日に大きくあげた反動で利益確定を優先する
売りが先行した動きとなりました。

先行きが不透明な税制改革も
投資家心理を積極的な買いを控えさせる要因になっています。
ナスダックはアップル、アルファベットなどの
主力銘柄が売られたことで、反落しました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は目新しい材料に欠ける中、
変動性が高くなっています。
米国市場が週末に幅のある下落になったこと、
米国長期金利の下落を受け、日米金利差の縮小を懸念した
円高の進行などを要因に売り先行でスタートしました。

結果が出揃った決算結果が予想通り好調であったこと、
日銀によるETF買いへの期待などを反映して
上昇する場面もありましたが、
不透明な先行きに対して積極的な買いは進まず、
下落して本日の取引を終えました。

小売、精密機器、サービス業などが強い動きで、
機械、化学、医薬品などは弱い動きになりました。

日経の日足は長めの上下ひげを持つ短陰線を形成しました。
先週末の終値から下離れしてスタート、
高値のヒゲでは実体にタッチするところまで
戻ったことがありますが、そのまま下落して、
窓を形成することになりました。

先週はテクニカル的な節目に支えられ反発しましたが、
反発力は限定的で、反落しながら
下げを加速する形になりました。

このまま下げると、次の節目は25日線、
それを下抜けると、22,000円の支え線があります。
この2つの価格帯で下げ止まってくれるか、
今週の注目ポイントです。

東証1部の売買代金は概算で2兆3496億円、
売買高は14億5466万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は700、
値上がりは1263、変わらずは74でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

先週末は「今週前半の動きで今後の動きが決まりそう」だと
解説しています。
また、動画マガジンででは週末の米国市場の状況を反映して
軟調な動きでスタートすると予測しました。

下げ幅だけをみると心配するほどの動きではありませんが、
内部の材料が少ない中、米国市場、為替を含む
外部環境も目新しい材料には欠けていることが
投資家心理を萎縮させています。

本日の流れだけどみると、当分調整または持ち合いを
予想させていますが、
市場を大きく下落させるような材料もない中
「下値は守りながら、持ち合いをこなしていく」というのが
今週のシナリオになりそうです。」

先週の戦略通り、材料が出たもの、
トレンドが継続しているか、転換して次のチャンスが到来した
銘柄には余計に注目が集まるので、
日頃自分がフォローしている銘柄の中で
トレンドを転換してくる銘柄を中心にトレードしていきましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【各市場の動き】
日経平均(円)    22,261.76    -135.04(-0.60%)
NYダウ       23,358.24    -100.12(-0.42%)
ドル・円      112.16 – 112.17   -0.41(-0.36%)
ユーロ・円     132.41 – 132.45   -0.28(-0.21%)