TOPICS

2017/12/29

2017年12月29日の日経概況

2017年12月29日の東京株式市場は反落しました。
終値は前営業日比19円04銭(0.08%)安の2万2764円94銭でした。
前日の米国市場は小幅の上昇、最高値を1週間半ぶりに更新しました。
日本市場は前日の失速からくる反動で、
買いが先行してスタートしましたが、
方向感に欠ける展開で、前日の終値を挟んでの動きに終始しました。
年間ベースでは3650円57銭(19%)の上昇で、
6年連続の上昇で今年の取引を終えました。
日本の消費トレンドが変わることを示唆する
前日のクイズに対する答えを含めて、今年最後の概況、
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は小幅に続伸しました。
ダウ工業株30種平均は続伸して
前営業日比63ドル21セント(0.3%)高の2万4837ドル51セント、
ナスダック総合株価指数も続伸して、
前営業日比10.824ポイント(0.2%)高い6950.160で取引を終えました。

年末を前にして買いの材料は乏しく、
方向感のない展開でしたが、堅調な企業業績を背景に
買いが優先されました。
ダウ工業株30種平均は18日以降の最高値更新です。

朝方発表された12月のPMIは市場予想を上回り、
6年ぶりの高水準となったことも買いを支える要因になりました。
直近の動きと変わらず、下げ幅は限定的な動きですが、
上昇幅も限られました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は前日の午後から失速から回復、
買いが先行してスタートしました。
先行して勢いよく伸びる場面もありましたが、
上昇幅を縮めて上髭を残したあとは始値も割り込み
前日の終値付近で推移しました。

米国市場が最高値を更新することで買いが先行したものの
明確な買い材料には欠けることで
持ち合いを決め込んだ状態で今年の取引を終えました。

精密機器、金属製品、ゴム製品などが上昇、
押され気味だった銀行、証券株も買われました。
一方、直近利益がのっていた小売、食料品、陸運など
内需株には利益確定が優先され下落しました。

日経の日足は上下ひげを持つ短陰線を形成しました。
高値は切り下げ、安値は切り上げる持ち合いを形成、
終値では上昇したものの持ち合いの領域を抜け出せませんでした。

安値では上向きの25日線から離れたので、
前日の動きから25日線に支えられる動きになる可能性があると
解釈することができます。

週足でも上下ひげを持つ短陰線を形成、
先週の高値は切り下げ、安値は切り上げる持ち合いを形成、
週足上でも三角持ち合いが煮詰まる流れで終わりました。

年明けは上か下、ブレイクする方向にしばらく流れそうなので
振れる方向を一旦確認してから
ポジションを持つのがよいでしょう。

商いは金額ベース、売買高ベースでも最低を記録しました。
東証1部の売買代金は概算で1兆5465億円、
売買高は8億8915万株、
6年ぶりの低水準でした。
東証1部の値下がり銘柄数は914、
値上がりは1030、変わらずは119でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

前日のクイズに多くの回答をくださりありがとうございます。
正解に近づいた答えも多かった上に、
もう一つの収穫は、私も意図しなかったポイントを
抑えていたこともあります。

女性向けの銘柄、
他にない物を作っている、
店舗を持たない通販、オンライン販売の業態など、
なるほど、そういう見方もあるよねという感じの回答が多く、
私自身も勉強になりました。

上記のこと、すべて正しい見方です。
これをまとめてみますと、
「ヘルス、ビューティー、ファッションなど
ウェルビーイングを中心とする内需銘柄」ということです。

株式市場は代表的な先行指標と呼ばれ、
景気の最低6ヶ月先を反映すると言われます。
つまり、2017年に上昇した銘柄の流れから考えると、
2018年は「物」ではなく、「暮らしと体験の質」を追求する
内需主導型に経済の流れが変わることを意味するということです。
(新しい時計を買いまいたとフェースブックで
自慢するのはもはや時代遅れということですよ)

まだ始まりに過ぎないことですが、
インバウンド消費も「内需」として考える場合、
日本の経済構造は外需依存から「内需」に転換していると考えられます。

2018年はこのような流れに着目して、
投資戦略を立てるのも有効な戦略の一つになるでしょう。
応募してくださった皆様、ありがとうございました。
個別に素敵なお年玉を用意させて頂きます。

製造業を中心に昨日で大体仕事納め、
本日でほとんどの業種は年度末を迎えますね。
ゆっくり休んで2018年、希望と夢に満ちた新年にお会いしましょう。

2017年お世話になりました。
2018年もよろしくお願い致します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
22,764.94 -19.04(-0.08%)
NYダウ
24,837.51 +63.21(0.25%)
ドル・円
112.74 – 112.75 +0.02(0.01%)
ユーロ・円
134.68 – 134.72 +0.10(0.07%)