TOPICS

2018/02/20

2018年2月20日の日経概況

2018年2月20日の東京株式市場は大幅に4営業日ぶりに反落しました。
終値は前営業日比224円11銭(1.01%)安い2万1925円10銭でした。
先週末から、昨日までの大幅な上昇で
1,000円近くあげてきたことから、利益確定の売りが優先されました。
米国市場が前日に休場、材料になることが少なかったことも
売りを広げる要因になりました。
下値も限定的で大きく売られる動きにはなりませんでしたが、
テクニカル的には警戒する位置にきました。
詳細を含め、本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は休場でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は利益確定が優先されました。
前日の米国市場が休場で材料の少ない中でも
下げ幅を保つ動きを試みましたが、
高値と安値を切り下げながら、明確な下落の形を形成しました。

商いは今年最低を更新して、閑散相場の中で
一部の銘柄に偏る動きは相変わらず続きました。

前日まで大きく上げた
精密機器、自動車、機械などが下落率トップ3を占めました。
一方、厳しい動きを余儀なくされた銀行、その他金融業など
金融関連には買い戻しが入りました。

日経の日足は強気の形を形成した前日の動きから一変、
安値と高値を切り下げる陰線を形成しました。
22,000円の節目を挟んで、上にぬけることができずに
下に反転したので、明日のこの安値を切り下げながら下落すると
3空を空けながら上昇した分、
下げも早まる可能性があります。

前日の高値が直近の高値になる場合は、
1/23の高値から高値の切り下げが大幅で成立することになるので、
下げが加速する形になってしまいます。
オマケに25日線と75日線のデッドクロスも明日に迫ってきているので、
明日は、前日の高値を抜けて
「一日足元を固めてから上に抜けた」と印象づける動きにならないと
厳しい動きになる可能性が高くなりました。

前日も「ここからが2番目の壁でより強力な力を発揮するので、
再び下げて調整継続になっても
驚くことはありません。」と解説しましたが、
その通りになりつつあるのが懸念事項です。

商いは連日で今年最低を更新、
東証1部の売買代金は概算で2兆2390億円、
売買高は12億3682万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は949、
値上がりは1027、変わらずは90銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

本日はテクニカル的にきになるところが多いので、
テクニカル分析の方に紙面を多く譲りました。
現在の位置から判断すると
雲の中を朦朧として歩いている中、
気づいたら絶壁の前に立っていることになっています。

後もう一歩だけ踏み出すと、
早いスピードで落ちてしまう状況のようにみえます。
雲の中というのは、外部環境もイベントが少ない中
判断材料も少なくなっているので、判断が難しいということです。

一番いい方法は?
無理やり動かないことです。
視野が明快になるまで、じっとして待っていればいい。
すでに持っているものに関しては、
明確なポイントが現れるまで保持しておくことです。

空売りの銘柄として考えていたものは
戻りを試してから、下にむかってトレンド転換を準備しているものが
目立ち始めたので、注目していいでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
  21,925.10 -224.11(-1.01%)
NYダウ(休場)
  25,219.38 +19.01(0.07%)
ドル・円
  107.14 – 107.15 +0.58(0.54%)
ユーロ・円
  132.22 – 132.26      -0.05(-0.03%)