TOPICS

2018/02/26

2018年2月26日の日経概況

2018年2月26日の東京株式市場は続伸しました。
終値は前営業日比260円85銭(1.19%)高の2万2153円63銭でした。
日本市場に厳しい影響を与えていた外部環境が改善しました。
長期金利の低下を材料に米国市場が大きく上昇、
週末の日経225CMEも大きく続伸したことを受け、大きく上昇しました。
節目になる22,000円を突破しましたが、
材料としてはまだ不透明要因が多いので、急変には注意する必要があります。
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は続伸しました。
ダウ工業株30種平均は続伸して
前営業日比347ドル51セント(1.4%)高の2万5309ドル99セント、
ナスダック総合株価指数は反発して、
前営業日比127.305ポイント(1.8%)高の7337.391で取引を終えました。

長期金利の一服感が強まり、2.8%まで低下、
投資家の恐怖心理を表すとされるVIX(変動性指数)が
16まで低下、投資家心理が改善しました。

変動性の高まっていたダウ平均は週間の取引を終えてみると
2週連続の上昇、今週では90ドルの上昇で
取引を終えています。
しかし、後ちょっとで下に反転しやすい抵抗線に近づくので
安心するには早いと言えます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は長期金利の低下位を材料に
米国市場が300ドル以上をあげたことを材料に
買いが先行してスタートしました。

上昇幅を333円高まで広げる場面もありましたが、
為替市場の動きが上値を抑えました。
円高傾向が一服してから、日本市場にはプラスの影響がありましたが、
本日は106円台まで円高が進み、
上昇幅を縮小させながら本日の取引を終えました。

精密機器、医薬品、その他製品セクターに
強い動きが見られ、
原油高が一服した石油・石炭など資源株には売りが入りました。

日経の日足は上下ひげを持つ短陽線を形成しました。
実体が小さく、十字架に近い形を形成することで
迷いがまだ残っている心理を表しています。

直近の持ち合いで上値抵抗線になる2/19の高値を
終値で1円超えていることから、
持ち合いをブレイクアウトする可能性が出てきましたが、
その判断は、明日の日足が本日の高値を上抜けて
陽線になるのを確認してからになります。

また2/6日からの動きをボックス圏とみる場合は
まだボックスの中にあり、上に向かって進んだところに
下向きの25日線が抵抗として存在するので、
一時的な抜け出し→反転して持ち合いに戻る→下げが加速する
ダマシを警戒する必要があります。

商いはさらに厳しく、今年2番目の低さ
東証1部の売買代金は概算で2兆2469億円
売買高は12億4254万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1352、
値下がりは621、変わらずは86でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

先週、日経平均は1週間で172円上昇しました。
節目となる22,000円の手前である2万1,892円で止まったことから、
22,000円を早急に突破するかが鍵となっていましたが、
本日の強い動きであっさりと上抜きしました。

今週は前半上昇、後半にむかって様子見が広がる
上値の重い展開を予想しています。
世界が注目しているイベントは
27、3月1日予定されているパウエルFRB新議長の
議会証言です。
(先週までは28日と解説しましたが、
予定されていた28日から1日前倒しされ、27日に実施されます。)

新議長が主任する最初の議会証言は
市場との対話を重視して、大きな波乱要因を与えない
中立的な発言に終始する傾向が強く見られます。

今回もその傾向は変わらないと思いますが、
特に景気回復に伴う長期金利の動き、
金利の動きによる為替市場への影響で全世界が注目しているだけに
言葉一つ一つについて違う解釈が飛び交う可能性も高いと見られます。

本日も上昇はしたものの商いは非常に薄く、
積極的に買いを入れる動きは見られませんでした。
変動性の高い銘柄に投資するよりは、
直近厳しい動きになって、リバウンドが期待される
「地味な銘柄」に注目してみるのもいいでしょう。

これを満たすセクターとしてはゴム製品、鉄鋼、
非鉄金属、金属製品など素材セクターです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
  22,153.63 +260.85(1.19%)
NYダウ(休場)
  25,309.99 +347.51(1.39%)
ドル・円
  106.59 – 106.60 -0.43(-0.40%)
ユーロ・円
  131.30 – 131.34 -0.27(-0.20%)