TOPICS

2018/03/01

2018年3月1日の日経概況

2018年3月1日の東京株式市場は続落しました。

************************
3月の大阪と東京、4月の沖縄など、全国で投資入門セミナーを開催します。
詳細は後半を参照してください。
紛れもなく広告です。興味ない方は飛ばして頂いても大丈夫です。

参加申し込みはこちら↓
http://www.tbladvisory.com/academy/schedule/
************************

終値は前営業日比321円62銭(1.44%)安の2万2068円24銭でした。
3月の最初の日、20ヶ月連続で「月初高」になる
記録は達成できませんでした。
米国市場の下落と為替市場の円高傾向を材料に
節目の22,000円を割り込む場面も見られました。
下げが加速する可能性のある位置から、さらに進んだ日経、
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は大幅に続落しました。
ダウ工業株30種平均は大幅に続落して
前営業日比380ドル83セント(1.5%)安の2万5029ドル20セント、
ナスダック総合株価指数も反落して、
前営業日比91.109ポイント(1.2%)安の7330.355で取引を終えました。

前日の日経に似た動きで、終盤にかけて下げ幅を広げました。
朝方は買いが先行したものの
月末要因で損益を確定する売りが膨らんで
上昇幅を打ち消した後、当日の安値圏で引けました。

前日大きく下げたことを受け、自律反発を狙った
買いが160ドル上昇まで進みましたが、
投資家心理はまだ改善されておらず、むしろ悪化する傾向が見られます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場と為替市場の影響で
厳しい動きを余儀無くされました。
前日の米国市場が大幅に続落して、
節目になるポイントを下に抜けたことに加えて、
円安傾向が一服して円高が進んだことも
市場の心理を悪化させました。

前日まで上昇率トップを守っていた
精密機器が下落率トップまで押されましたが、
空運業は本日の上昇率でトップに立ちました。
(というよりは上昇した唯一の業種でもあります)

銀行、証券、その他金融業などの
金融銘柄には大きな売り込みが見られずよく守ったと
言える動きが見られました。

日経の日足は下ひげを持つ陰線を形成しました。
前日の終値より下放れしてスタート、そのまま下落する、
ギャップを形成して2空を空けました。

最近は2空を空けると上も下も、
一旦動きが止まる傾向が見られます。
2/19から本日までの短い時間帯は
高値は切り上げ、安値は切り下げる拡散の持ち合いになって
迷いが強くなっているのが確認できます。

明日も下落する場合は、直近の持ち合いで下辺を形成している
2/22の安値を割らずに止まるか、
その線も下にぬけると、2/14の安値が下落の目処になります。

東証1部の売買代金は概算で2兆7893億円、
売買高は15億1848万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1746、
値上がりは281、変わらずは42銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

まずは日本市場に大きな影響を与える米国市場の話から。
米国市場の動きは不安定さを増しています。
先週付近から、下に触れやすい形になっていると
解説しましたが、前日の動きからそれが顕在化された様子です。

日経はなおさらよくない位置で、すでに下げが加速する
流れになっています。
直近、上昇傾向の強かった精密機器など、
ハイテク関連に厳しい動きが出たことや、
円高影響で主力輸出株が売られたことも投資家心理を圧迫しました。

買ったら下がる、売ったら上がる、
損失がどんどん拡大するのでどうしましょうという相談が増えていますが、
私からのアドバイスは「今の視野を3週間だけ広げてみましょう」です。

この一週間の動きで翻弄されているなら、
先週末の私の解説を読み返してみてください。
「関心事は来週以降の動きですが、
来週もあげる要因はあまり見当たらなく、
厳しい動きを強いられる可能性が高いです。(中略)
まとめると、当分は一定のレンジの中で上下する
方向感のない展開になる可能性が高いでしょう。」

いかがでしょうか?予測した通りですね?
(ちなみに、自慢ではありませんよ)
もうすでに一週間前から予測した通りに動いているので、
それに合わせた投資戦略を立てて動けば、
慌てることはなにもないというのがわかります。

それを忘れて、一週間かその日その日、一日の動きに
視野が固定されてしまうとちょっとしたことでも
慌てることになります。

広げた視野で考えると、
戻ってきた下落トレンドの銘柄には
空売りのチャンスが到来、
前日まで例であげていたハイテクなどの
上昇銘柄は利益確定のタイミングにきているというのが
明日までの戦略になるでしょう。

***
一日、一週間の動きに翻弄されない
落ち着いた投資を実現してみましょうか?
世界一やさしく教えるジョンと一緒なら可能です。
まずは3月の大阪と東京、4月の沖縄など、
全国で投資入門セミナーに参加してみてください。
「投資をシンプルに、楽しく、わかりやすく 」のキャッチフレーズが実感できます。

http://www.tbladvisory.com/academy/schedule/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
  21,724.47 -343.77(-1.56%)
NYダウ(休場)
  25,029.20 -380.83(-1.49%)
ドル・円
  106.63 – 106.64 -0.44(-0.41%)
ユーロ・円
  129.96 – 130.00 -0.91(-0.69%)