TOPICS

2018/03/09

2018年3月9日の日経概況

IMG_2556

2018年3月9日の東京株式市場は2日続伸しました。
終値は前営業日比115円35銭(0.54%)高の2万1368円07銭でした。
米国の追加関税に関する文書では、
貿易摩擦が緩和されると期待できる内容が含まれ、
上昇幅は500円を超える場面もありました。
午後に入ると、今夜予定されている米国の2月雇用統計を
見極める様子見で上昇幅を打ち消して引けました。
さらに下げやすい位置まで来てしまった日経、
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は反発しました。
ダウ工業株30種平均は反発して
前営業日比93ドル85セント(0.4%)高の2万4895ドル21セント、
ナスダック総合株価指数は5日続伸して、
前営業日比31.297ポイント(0.4%)高の7427.946で取引を終えました。

トランプ氏が署名した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限文書では、
すべての国に一律追加関税を課する前回の案から後退、
貿易摩擦が軽減するという思惑が広がって買いにつながりました。

9日に発表される2月の雇用統計の結果を
見極めたいという様子見が強く
積極的な売買は見られず、上値は限定的でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は外部環境の意識から、大きく買いが先行して
スタートしました。
トランプ氏が署名した追加関税に関する文書では
各国が交渉次第では一律的な追加関税を免除される余地を残したことで、
貿易摩擦の懸念が後退したと受け止められました。

活発な取引とともに500円を超える上昇幅を見せた後は
今夜の2月米国雇用統計の結果を見極めたいとの様子見ムードが広がり、
売りが出た結果、マイナスまで押されてから、
上昇に転じて今週の取引を終えました。

前日に引き続き 精密機器、機械、電気機器などが買われて
上昇率トップ3を形成しました。
前日上昇した医薬品は反落して下落率2位、
自動車関連にも大きく売りがでました。

日経の日足は長い上ひげを持つ短陰線を形成しました。
上昇幅が大きくなって、高値が25日線を超えましたが、
直後に失速、25日線を割り込んで終わりました。

上昇はしたものの、25日線の抵抗にあって、
下げが加速する気色の悪い形になってしまったのが
テクニカル派には不安要素になるでしょう。

25日線の抵抗は2/27-28の動きの後、
どうなったかをチャート上で確認すればわかります。
来週も明確な上昇材料は見当たらないので、
急変して下げが加速するタイミングでは注意が必要です。

東証1部の売買代金は概算で3兆5584億円、
売買高は17億5048万株でした。
出来高が急増したのではなく、
メジャーSQの算出に伴う売買が膨らんだ結果です。
東証1部の値上がり銘柄数は1097、
値下がりは886、変わらずは86銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

今週は「実感のない上昇」になりました。
週間で見ると日経平均が1.4%高、TOPIXが0.4%高など
上昇したにも関わらず、途中の乱高下で
あげたとの実感を持つ投資家は少なく、
方向感が定まらないので戦略が立てづらい週間になりました。

来週は上値が限定的な範囲で徐々に切り上げ、
下値は堅い動きを予想しています。
まずポジティブ材料から。

今週、最大の懸念材料であった追加関税について
日本市場は後半にかけて以外な落ち着きで終わりました。
結果的には最初の内容から緩和された内容になりました。

次のポジティブ材料は月末の権利落ちに向かって、
実質的な買いがピークを迎えることです。
高配当、株主優待で人気の高い銘柄は
来週にかけて最後の買い場を迎えます。

一方、中国やEUとの関税交渉は進展が見られないなど、
貿易摩擦関連の材料は下振れ要因として残ります。
本格的な買いが入るのは20-21のFOMCを通過してからになりますが、
3月の追加利上げはほぼ確実とみられ、
米国市場がそれを織り込んだ状態でも
今のような冴えない動きを続ける場合は
やはり下振れ要因として残ります。

大型・主力銘柄が意外と頑張っている現状はかわりないと予想するので、
主力株への物色、強い動きがみられる
半導体、ハイテク関連銘柄に注目します。

今週の週末も楽しんでください。
よい週末を!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
  21,469.20 +101.13(0.47%)
NYダウ(休場)
  24,895.21 +93.85(0.37%)
ドル・円
  106.73 – 106.74 +0.79(0.74%)
ユーロ・円
  131.25 – 131.29 -0.24(-0.18%)