TOPICS

2018/04/03

2018年4月3日の日経概況

毎週配信している日経概況動画のダイジェストをお送りしています。

youtubeのTBLチャンネル登録はこちらからどうぞ!
https://www.youtube.com/channel/UCVtot3U9L1ts0WUulVigWow
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2018年4月3日の東京株式市場は続落しました。
終値は前営業日比96円29銭(0.45%)安の2万1292円29銭でした。
米国市場のリスクが日本市場にも押し寄せてきました。
米国市場でトランプ氏がアマゾン叩きをツイッターで続けていることが
嫌気さげ、大幅な続落、ハイテク関連の銘柄を中心に
市場全体を押し下げました。
日本市場もギャップを開ける展開でしたが、
下落幅は限定的だったといえるでしょう。
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は3連休明けで大きな下落になりました。
ダウ工業株30種平均は下落して
前営業日比458ドル92セント(1.9%)安の2万3644ドル19セント、
ナスダック総合株価指数もより大きな下落率で下落して
前営業日比193.326ポイント(2.7%)安の6870.119で取引を終えました。

アマゾンがトランプ氏のアマゾンパッシングにあっています。
連日でツイッターで課税などに関してアマゾンへの攻撃を辞めない
トランプ氏に対して、市場心理は冷え込みました。

また 「モデルS」のリコールが伝わったEV大手のテスラが
大きく下落したことも、市場全体の下げ幅を拡大させました。

先週の金曜日(3/30)は
「両指数ともさらに上昇すると、テクニカルの節目にあたり
下げやすい位置に戻ります。
大きく下げる要因は見当たりませんが、
相場の急変には注意しましょう。」と解説、
連休明けで早速現実の形になりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場が軟調な動きになったことを受け、
売りが先行してスタートしました。
米国でハイテク株への売りが加速して
東京市場にも半導体、精密機器など
ハイテク関連銘柄への連想売りが広がりました。

朝方300円を超える下げ幅を見せましたが、
下値支えになってほしい21,000円が意識され下げ止まり、
押し目を拾う会が入ることで下げ幅を縮小させました。

為替市場で円高傾向も進みんだことを受け
為替の影響と景気の動向に影響されにくい
内需ディフェンシブ銘柄に買いが入りました。
食料品、小売、水産・農林業が上昇、
電気機器、精密機器、その他製品の下げが目立ちました。

日経の日足は上下ひげを持つ陽線を形成しました。
前日の終値から下離れしてスタート、そのまま下落になるギャップを空け、
安値では21,000円の節目とボリンジャーバンドの+1σが意識され
下げ止まりましたが、明日も下げ止まるかは不安の残る流れです。

一目均衡表上では三役逆転が継続して成立中で、
この先の26営業日も下雲がますます分厚くなり、
近くに行くと強い抵抗になることを示しています。

明日は3/5のように21,000円にまたがって下げ止まり、
戻していく動きになるかが確認ポイントです。

商いは今年の最低で2兆円割れを記録した前日から少し増え、
東証1部の売買代金は概算で2兆2470億円、
売買高は13億1181万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1220、
値上がりは787、変わらずは74銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

米国市場では変動性が高まっています。
変動性よりは市場を押し下げる要因です。
昨今の相場を揺るがす要因は大きく分けて2つ。

1. 貿易摩擦
2. ハイテク関連銘柄

両方の要因に関しては、まだ安心する材料はない、
トランプ氏の一言ですべて覆ることはありうるということを
一貫して伝えてきました。
今のアマゾンパッシングで、2日間で5%以上の下げ、
リコールで売り込まれるテスラの下げも加わり市場心理は大きく悪化しました。

ここまでの傾向をみて、2017年以降のほぼすべての暴落の要因は
北朝鮮でもなく、トランプ氏。
残念ながら今後ともこの傾向は変わらないでしょう。

上記の材料を受けて進むことは当然、円高です。
106円を割り込み、105円台に進みました。
3月短観で大企業製造業の2018年想定レートは1ドル=109円66銭、
直近の感覚からすると4円近い円高になります。

次の四半期決算でこのレートが影響すると見通しが立つと
日本市場には二重で逆風が吹くことになります。
引き続き半導体などのハイテク関連、
建機のコマツなど、中国関連銘柄には慎重姿勢を継続します。
しかし、ハイテク関連に関しては将来的になくなることは決してないので、
これ以上さげてくると割安でバーゲンのチャンスになるので、
買いの準備も同時に進めましょう。

前日伝えた注目銘柄では面白い動きがでているので、
チェックしてみてください。
<5011>ニチレキ
<4980>デクセリアルズ

****こちらに掲載してある情報は情報提供を目的としており、
相場の方向性、個々の商品、個別銘柄等の見通し、売買の方向性など
有価証券の売買等に関する助言や勧誘などを行うものではありません。
投資に関する最終判断はユーザーご自身の判断で、
最終損益もご自信の判断の結果として返ってくることをご認識ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
  21,292.29 -96.29(-0.45%)
NYダウ(休場)
  23,644.19 -458.92
ドル・円
  105.95 – 105.96 -0.33(-0.31%)
ユーロ・円
  130.37 – 130.41 -0.68(-0.51%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/