TOPICS

2018/04/12

2018年4月12日の日経概況

スクリーンショット 2018-04-09 20.29.47

2018年4月12日の東京株式市場は小幅に続落しました。
終値は前営業日比26円82銭(0.12%)安の2万1660円28銭でした。
シリア内戦を巡って米国とロシアの軍事行動可能性が
掲載されることで投資家心理が悪化しました。
米国市場も幅のある反落、原油先物が高騰した結果
資源関連銘柄に買いが進みましたが、
日本は前日の上昇を早くも確定する売りがでることで
支えの要因にはなりませんでした。
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は反落しました。
ダウ工業株30種平均は反落して
前営業日比218ドル55セント(0.9%)安の2万4189ドル45セント、
ナスダック総合株価指数も反落して
前営業日比25.275ポイント(0.4%)安の7069.026で取引を終えました。

米国とロシアの情勢が緊迫化していることが
地政学リスク要因として意識されました。
7日にあった化学武器の使用について
トランンプ氏がツイッターで警告、
軍事行動の可能性が高まったことに対して警戒が広がりました。

中国関連銘柄が短期的に戻りを試しましたが、
短期の利益を狙う確定売りが出たことも
市場を圧迫する要因になりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場はシリア事態で米国とロシアの関係が悪化、
軍事行動を暗示するメッセージが飛び交うことが
警戒されて、売りが先行してスタートしました。

下値では個人投資家の押し目を拾う動きが入ることで
下げ止まり、上昇する場面まで見られましたが、
前場を7円安で終えた後、午後に入って下げ幅を拡大しました。

下落はしましたが、米国の下げ幅から考えると
下で支えられたことで下げ幅は限定的、
むしろ方向感を失っていると考えた方がいいでしょう。

シリア情勢の緊迫を受けて、原油先物は3ヶ月ぶりの高値を記録、
米高では石油関連銘柄が買われましたが、
日本は早速下落、短期志向が強くなっていることがわかります。

日経の日足は前日の終値を挟んで上下に変動する十字架を形成、
市場に迷いが強くなっていることが読み取れます。
4/10の陽線で直近の持ち合いを抜け出して上放れする雰囲気でしたが、
本日の動きで持ち合いに戻ってきました。

戻ってきましたが、強く押される動きも見られず、
安値は限定的で75日線と25日線に囲まれた領域の中に
日足が流れる「迷いの相場」が続いています。
下げ幅を広げるなら25日線と一目均衡表の転換線で
下げ止まりを見せてくれるかが次の確認ポイントです。

迷いを反映して商いは低調で、
東証1部の売買代金は概算で2兆1030億円、
売買高は13億1062万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1181
値上がりは796、変わらずは105でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

“貿易摩擦の後は、今度はシリア。一体これらの
リスク要因が収まるのはいつですか?”
のような、質問なのか、愚痴なのか、占って欲しいのか
よくわからない相談を受けるのが増えている最近ですが、
結論から申し上げると、数十億人が暮らす地球上で、
リスク要因がなくなることはないでしょう。

少し硬い話をするなら、リスクがあるから利益も存在するわけで、
リスク要因がないということは、上振れの可能性も
同時になくなることを意味します。

自分に向かって気楽にこう言い聞かせてあげてください。
“問題があるのが日常、これが普通”だと。
(気楽にはなりませんか?そうでしょうね。。。)

今存在する世界的なリスクだけをあげてもいくつもあるでしょう。
・米国・ロシアのシリアでの葛藤
・米国・中国の貿易摩擦
・米国の景気動向による長期金利の動き
・上記のリスク要因に対する円高の可能性

いかがでしょうか?
問題がない方がおかしい状態だというのがわかります。
リスクがあることを受け入れて、淡々とやることをやるのが
落ち着いた個人投資家の行動です。

注目を始めた電気機器、石油関連に利益確定が出ています。
短期的な利益確定の後、再び買って行くチャンスですので、
引き続き注目して「淡々」と行動してください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
  21,660.28 -26.82(-0.12%)
NYダウ(休場)
  24,189.45 -218.55(-0.89%)
ドル・円
  106.89 – 106.90 -0.11(-0.10%)
ユーロ・円
  132.17 – 132.21 -0.25(-0.18%)