TOPICS

2018/04/25

2018年4月25日の日経概況

2018年4月25日の東京株式市場は反落しました。
終値は前営業日比62円80銭(0.28%)安の2万2215円32銭でした。
米国市場は決算結果が市場予想を下回った主力銘柄により
大きく下落、日経も下離れのスタートとなりましたが、
長期金利上昇による円安傾向が下値を支えました。
米国市場の背景が変化しつつある現在、
日本市場の先行きと投資戦略は?
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

毎週配信している日経概況動画のダイジェストをお送りしています。

youtubeのTBLチャンネル登録もよろしくお願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCVtot3U9L1ts0WUulVigWow

【米国市場の動向】

米国市場は大幅に5営業日続落しました。
ダウ工業株30種平均は5日続落して
前営業日比424ドル56セント(1.7%)安の2万4024ドル13セント、
ナスダック総合株価指数は4日続落して
前営業日比121.249ポイント(1.7%)安い7007.352で取引を終えました。

決算ショックで下げ幅は600ドルを上回る場面もありました。
原材料費の上昇を原因として予想に届かない決算結果を発表した
3Mとキャタピラーが大幅に下げ、市場全体を押し下げました。

その他、好調な結果を発表しながらも
売上高営業利益率が低下したことを材料に
アルファベットが大きく下落したのも、
両指数を押し下げる要因となりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場が大幅に続落したことを嫌気して
前日の終値から大きく下離れしてスタートしました。
電気、機械など景気敏感銘柄に売りが入り、
下げ幅を拡大する場面もありましたが、

救いの手を差し伸べたのは為替市場。
米国の長期金利が3%を超えたことを受け
円は109円代に突入、
自動車など、輸出関連銘柄に買いが入ることで支えられました。

下げ渋った後は下げ幅を縮小しながら、
終値では小幅下落で本日の取引を終えました。
輸出関連の他、景気敏感銘柄が嫌気された反動で
食料品、電気・ガス業などの内需銘柄が買われました。

日経の日足は上下ひげつきの短陽線を形成しました。
高値と安値を切り下げる下降の形を作りながら
75日線移動平均線に実体でまたがる形になりました。

安値では一目均衡表の転換線が支えて、
75日線を割り込まないように頑張っているので、
心理が大きく悪化しなければ、再び上に抜けてきますが、
逆に崩れるとしばらくの調整に入る形になっていることに
かわりはありません。

一回崩れても大きく下げることはないと予想されるので、
ロスカットポイントを決めたら、
しばらく持ち合いはあるという想定でしのいで行きましょう。

東証1部の売買代金は概算で2兆4679億円、
売買高は14億2346万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は894、
値上がりは1077、変わらずは109でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

円安の進行によって輸出関連銘柄が買われ、
同時に内需関連も買われることで、
米国の下げ幅から考えたら、
いい水準で支えられていると言えます。

気になるところは米国の長期金利が節目の
3%を突破したところです。
長期金利の指標である10年債利回りが3%を超えて
投資家は選択を責められている状況です。

米国市場はリーマンショック以来、
低金利や歴史的な金融緩和政策により全世界で発生した
過剰流動性を背景に9年間を上昇し続けました。

背景要因が少しずつ解除され、確実になくなる今後の世界において
堅調な企業業績が悪化する投資家心理をどれだけ
支えてくれるのかが今後のポイントになるでしょう。

日本市場はまだまだ決算相場なので、
投資を休んでいる方は、結果が出揃うまでは観望するのも有効な戦略で、
その他、基本戦略に変更はありません。

決算結果のよい主力銘柄に継続して注目です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
  22,215.32 -62.80(-0.28%)
NYダウ(休場)
  24,024.13 -424.56(-1.73%)
ドル・円
  109.15 – 109.16 +0.27(0.24%)
ユーロ・円
  133.11 – 133.15 +0.33(0.24%)