TOPICS

2018/08/28

2018年8月28日の日経概況

2018年8月28日の東京株式市場は6日続伸しました。
終値は前営業日比13円83銭(0.06%)高の2万2813円47銭でした。
メキシコとの貿易交渉が大筋合意に至ったことを好感して
米国市場が上昇、ダウは6ヶ月ぶりの高値、
ナスダックも強い動きになったことを引き継ぎました。
買いが先行して23,000円を突破しましたが、
午後からは達成感による失速、
明日は上昇トレンドを継続する動きを見せてくれるかが大きなポイントになります。
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は上昇しました。
ダウ工業株30種平均は上昇して
前営業日比ドル259ドル29セント(1.0%)高の2万6049ドル64セント、
ナスダック総合株価指数も上昇して
前営業日比71.920ポイント(0.9%)高の8017.895で取引を終えました。

ナスダック総合株価指数は史上初8,000を超えました。
ダウ工業株30種平均は2月以降、
6ヶ月ぶりの高値を記録しました。

中国との貿易摩擦はまだ進行中ですが、
メキシコとの交渉が進展がみられ、
2国間の北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で
大筋合意したというのが好感されました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】
日本市場は米国市場が大きく上昇したことを受け、
買いが先行してスタートしました。
今年4番目となる23,000円突破への挑戦は
朝方早くも到達、高値レベルで23,006円まで進みました。

23,000円を突破した後は達成感からくる売りが出たことで
急速に上昇幅を縮めました。
今年3回に渡って23,000円で躓いたので
戻り待ちも多く、売りが出やすい位置でした。

失速はしたものの、プラス圏での引けは確保、
6日続伸を達成しました。
6日続伸は昨年の10月以降の記録です。

NAFTA関連ニュースによって投資家心理が改善、
輸出関連銘柄に買いが集まりました。
その他、機械、海運など景気敏感株にも買いが進み、
水産、小売、食料品などの内需株に売りが進みました。

上場した米国市場の流れを引き継ぎました。改行 上海などアジア市場が堅調な動きになったことも 日本市場の上昇を後押ししました。

パウエル議長の講演が株式市場に有利な方向として
解釈され、日本市場は主力大型銘柄を中心に
買いが進みました。

為替市場が円安基調を維持、円高に振れなかったことが
好感され自動車など輸出関連銘柄に買いが進んだことも
市場を押し上げましたが23,000円を目の前にしては
一回様子見に入ることで上値は限定的でした。

非鉄金属、石油・石炭製品、電気機器が
上昇率上位を占め、パルプ・紙が変わらずの強気、
一方、空運、海運、鉱業などが下げました。

日経の日足は上ヒゲを持つ陰線を形成しました。
前日の終値から上放れしてスタートしましたが、
引けにかけて前日の終値まで戻ってきました。

高値では念願の23,000円突破しましたが、
ここまで上を目指してきた分、利益確定が出やすい位置で、
達成感からくる売りも入り、引け際では
三角持ち合い上辺を割り込んで終わりました。

ここで下に行くとダマシになって下落が加速、
今年4番目の23,000円抜き失敗として残ります。

商いは8営業日ぶりに2兆円を回復、
東証1部の売買代金は2兆1493億円、
売買高は11億9595万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1018、
値下がりは982、変わらずは105でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

前日は近くまで挑戦、本日は高値レベルで突破、
23,000円の壁の話です。
本日は大きく上昇して始まり、一気に23,000円を突破しましたが、
上値を保てず失速しました。

3回にも渡って壁を突破しようとしましたが、
いずれも失敗してしばらく調整入りを繰り返してきました。
このポイントでは戻り待ちの売りも膨らんでいきます。

貿易摩擦で下げた経験がありますが、
今は貿易摩擦が引き上げた相場、
その分、リスク要因はまだ残っているので、
いつ反転するかわかりません。急変に気をつけるタイミングです。

もう一つのリスク要因は北朝鮮との緊張が
また高まってきたことです。
リスク要因はまだ散在する中、明日の動きによって
動きが決まりそうなので、注目度は高いと言えます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
  22,813.47 +13.83(0.06%)
NYダウ(ドル)
  26,049.64 +259.29(1.00%)
ドル・円
  111.17 – 111.18 +0.02(0.01%)
ユーロ・円
  129.91 – 129.95 +0.97(0.75%)