TOPICS

2018/11/16

2018年11月16日の日経概況

*************************
韓国語版出版記念
ジョンの株式投資ベーシック講座DVDセット
定価160,000→49,800円(約70% OFF!)
限定20セット

http://www.tbladvisory.com/academy/spdvd/
*************************

詳細はこちらでご確認ください
http://www.tbladvisory.com/news/2018basicdvd/

*************************
ここからが日経概況です。

2018年11月16日の東京株式市場は続落しました。
終値は前営業日比123円28銭(0.57%)安の2万1680円34銭でした。
約2週間ぶりの安値で今週の取引を終えました。
米国市場が幅のある反発になったことを受けて、
小幅高く維持する場面もありましたが、半導体関連に売りが入ったことが
市場を押し下げました。
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】
米国市場は5営業日ぶりに反発しました。
ダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発して
前営業日比208ドル77セント(0.8%)高の2万5289ドル27セント、
ナスダック総合株価指数は反発して
前営業日比122.639ポイント(1.7%)高の7259.032で取引を終えました。

貿易摩擦関連でポジティブと捉えられるニュースが流れて
投資家心理が改善されました。
キャタピラー、3Mなどの中国関連銘柄が買われました。

また、5営業日続落したアップルには押し目を買う動きが出て、
関連のハイテク銘柄にも買いが広がりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は前日の米国市場が上げたことを受け
買いが進むことで小幅のプラスになることもありましたが、
半導体関連銘柄が足を引っ張りました。

エヌビディアの8~10月期のゲーム用プロセッサー売上高が
前年同期比較で減少したことを受け、
半導体関連銘柄には厳しい動きが広がりました。

週末を前にして米中の貿易摩擦関連の協議結果を見極めたいとの
思惑からポジションを手仕舞う動きも
加わり、下げ幅は3桁まで進みました。

電気機器、金属製品、機械などが売られ、
石油・石炭製品も引き続き弱い動きです。
一方、陸運、保険業、水産・農林業などのディフェンシブ関連に買いが入りました。

日経の日足は上下ひげを持つ陰線を形成しました。
上髭の方が長いので、下落の勢いが強くなる形、
しかし、高値と安値は切り上げたので上昇の形になるなど
今週の動きをそのまま引き継ぎ、悩みの延長線上にあります。

下げ止まりにはなりましたが、
ここから空を開けて下げると早い時間に
21,000円まで下げることも予想される流れです。
前日「下げ幅が縮小されたといい、
まだ安心するレベルではありません。」と解説した通りです。

商いは横ばいで、全体の7割弱が下落
東証1部の売買代金は2兆5593億円、
売買高は14億2466万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1442、
値上がりは607、変わらずは63でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

先週は軟調な動きで乱高下が予想されると解説、
今週はまさしくその通り、という印象です。
週間でみても先週は抵抗に会い、
今週下に向かってトレンド転換したことになります。

来週も今週の安値を割り込むと、
下に向かっての圧力が強くなります。
来週も軟調な動きになる可能性があります。
まず、営業日として盛り上がりにくい状況で、
米国市場が22日の感謝祭で休場、
日本は23日が祝日、と参加者自体が少なくなります。

また一つ気になる要因は海外の「政治リスク」
EU離脱のことが葛藤が続く英国においては
メイ氏が首相としての地位までもが脅かされる事態に発展、
政治リクスが意識されています。

まとめてみると、盛り上がりかける展開になる要素を含み、
リスクが意識されやすい情勢、
よってニュース一つで相場は大きく揺れやすくなります。

当分、海外依存度の高い輸出関連銘柄には空売りで対応し、
買いを考えるならディフェンシブ関連に注目するのがよいでしょう。
本日値動きのよかった陸運業はその面で直近注目を集めやすくなっています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
21,680.34 -123.28(-0.57%)
NYダウ(ドル)
25,289.27 +208.77(0.83%)
ドル・円
113.30 – 113.31 -0.22(-0.19%)
ユーロ・円
128.61 – 128.65 -0.08(-0.06%)