TOPICS

2018/12/07

2018年12月7日の日経概況

2018年12月7日の東京株式市場は4営業日ぶりに反発しました。
終値は前営業日比177円06銭(0.82%)高の2万1678円68銭でした。
3日に渡って1,000円以上を下げてきた反動から
押し目を拾う動きに加えて、売り方による買い戻しも市場を押し上げました。
上値では戻り待ちの売りも待っていることから
積極的に上値を追う動きにはならず、
上昇幅を縮小させながら今週の取引を終えました。
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】
米国市場は休日前に続き続落しました。
ダウ工業株30種平均は続落して、
前営業日比79ドル40セント(0.3%)安い2万4947ドル67セント、
ナスダック総合株価指数も続落して
前営業日比29.833ポイント(0.4%)高の7188.259で取引を終えました。

ローラコスタのような相場でした。
ファーウェイの幹部逮捕でアジアを始め
各国の市場が大幅に下げたことを受け
785ドル下げまで進みました。

取引終了にかけて、FRBが来年中の利上げ休止を検討との
ニュースが流れたことが好感され、
急速に下げ幅を縮小させました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】
日本市場は米国市場の急速な下げ渋りが好感されました。
前日の終値から上放れしてスタート、
785ドル下げから79ドルマイナスまで戻した
動き同様、上・下変動幅の大きい1日になりました。

前日まで3日間で1,000円以上を下げる
急落への反動から押し目を拾う動きに加えて、
前日予告した通り、売り方による買い戻しも入って
市場を押し上げました。

午後に入ると、発表が予定されている米国雇用統計の
結果を見極めたい心理が動き、
上昇幅を縮小しながら今週の取引を終えました。

小売、陸運などの内需に買いが集まり
石油・石炭製品は下落率1位で厳しい動きになりました。

日経の日足は上下ヒゲをもつ短陽線を形成しました。
終値で上昇はしましたが、ヒゲが長く実体が小さいことから
下げ止まり、上に行くか下に行くか迷いに入った形です。

本日をもって移動平均乖離率のマイナス値が小さくなったことから
大きな下げから止まってくれそうな流れにはなりましたが、
迷いの方が強いのでまだ油断はできません。

週足では先週の陽線を大きく包む陰線を形成、
上値では26,52週線が抑えていることから、
ここをぬけないと上にいくのが中々難しいのが伺えます。
確認ポイントは変わらず、
来週も11/21の安値を割り込む前に戻すかです。

値下がりが全体の8割強を占めた昨日とは様子が変わり、
騰落ほぼ同数で終わりました。
東証1部の売買代金は2兆5406億円、
売買高は13億7189万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1016、
値下がりは1028、変わらずは78銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

今週は米中の貿易摩擦に和解ムードが漂うかと思ったら
ファーウェイの幹部逮捕で再び対決モードに変わる事件が起きました。
加えて、景気減速の前兆とされる逆イールドの発生も
投資家心理を冷やしました。

こんな時は空売り、と思っていても上下激しく動くので
思うように利益が決まらないのが「やりにくい」という理由でもあります。

来週も明確な方向性をもつ相場になるのは難しいと予想します。
政治的なイベントが多く予定されていることに
翌週のイベントに合わせて様子見が広がる可能性が大きいからです。

来週はまず週内に英国議会でEU離脱(ブレグジット)合意案の
採決が控えています。
すんなりと可決は難しいのは承知の上ですが、
その結果のみならず英国の中での反応によっては世界市場に波乱をもたらす
要因として動きます。

不安定な局面でいつも「ドラギマジック」を発揮してきた
ECB理事会とドラギ総裁の会見が13日に予定されていますが、
不安定要素が多すぎるからこそ
マジックを発揮してくれるのか(期待を一部こめています)、
その要素の負けるのか注目されます。

翌週はFOMCで12月の利上げはほぼ確実だとみられる中で
最近、利上げの休止を暗示するメッセージを出し続けている
FOMCの発言内容にも注目が集まります。

不安定な相場が続いているので内需・ディフェンシブ系に
注目するのは基本戦略として変更ありません。
ただし、景気敏感株(機械、精密機器、電気など)に
テクニカル的な短期の買い戻しはあり得るので
短期志向の方は注目してもいいでしょう。

寒い天気が続きますが風邪ひかなように
ご自愛ください。
よい週末を!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
21,678.68 +177.06(0.82%)
NYダウ(ドル) 
24,947.67 -79.40(-0.31%)
ドル・円
112.76 – 112.77 -0.32(-0.28%)
ユーロ・円
128.21 – 128.25 +0.16(0.12%) 

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/