TOPICS

2018/12/26

2018年12月26日の日経概況

IMG_3938

2018年12月26日の東京株式市場は6営業日ぶりに反発しました。
終値は前営業日比171円32銭(0.89%)高の1万9327円06銭でした。
終値では反発しましたが、本格的な戻りというよりは
前日に1,000円以上下げたことへの反動からくる自律反発の範囲でした。
米国の政局に対する不安が払拭されない中、
参加者は少なく、年末モードに突入しています。
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】
米国市場はクリスマスで、全市場が休場でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場が休みで材料が不足する中、
1,000円を超える下げに対する自律反発で
短期の利益を狙う買いが入ることで上昇してスタートしました。

為替市場で円高・ドル安の動きが一服したことで
上昇幅を広げ370円以上にあげる場面もありましたが、
米国の政局不安や世界景気減速の懸念が残った結果、
上げ幅は限定的な範囲で終わりました。

全業種が下げた前日から一転、30種が上昇、
保険、食料品、ゴム製品の3業種のみがマイナスを記録しました。

日経の日足は混乱を示す、上下ひげ付きの短陽線を形成しました。
実体をほとんど持たない陽線で、
大きく上げてはマイナスに進み、再びプラスに転じるなど
方向感の乏しい動きになりました。

実体が前日の実体に囲まれる持ち合いの形にはなりましたが、
高値と安値は切り下げているので、テクニカルでは
まだ下げだと判断するのが正しいでしょう。

節目の19,000円割れまで見せたことで
投資家の心は傍観状態に代わりました。
明日は本日の高値を切り上げながらトレンド転換してくれるかが注目のポイントです。

参加者不在で商いはますます細くなり
東証1部の売買代金は2兆2883億円、
売買高は13億8826万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1831、
値下がりは254、変わらずは38銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

GPIFがTOPIX型のバスケット買いを入れた、
などの観測も手伝い370円を超える上昇、
しかし、年末が近づくにつれ、ポジションを手放す動きも広がり
200円を超える下落まで、
581円の変動幅を見せながら終値ベースでは171円の上昇で終わった本日。

市場は混乱を極めてパニックに落ちいている様子はなく、
2兆2883億円の売買代金が物語るように、
参加者自体が少なくなり、売買も積極的に行っていないというのが正しい表現でしょう。

色々言いましたが、本日は19,000円で支えたいとの気持ちがみられ、
3桁の上昇を確保したことから、
底打ちの可能性を密かに考えてみてもいいのではないでしょうか。

残った2営業日でどこまで戻すかは疑問ですが、
19,000円を下の限度として20,000円までのレンジで動くなら
一旦下げ止まり・底打ちの可能性はあると判断します。

しかし、新たなポジションを立てるよりは、
本日を持って多くのの空売りポジションが利益確定になったように
ポジションを閉じて、年末をゆったりと過ごすのがよいでしょう。

ただし、年明けから反発を期待する買いが入る場合は、
下げのきつかった輸出関連・大型株に注目するのがよい戦略でしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
19,327.06 +171.32(0.89%)
NYダウ(ドル) 
21,792.20 -653.17(-2.91%)(休場)
ドル・円
110.37 – 110.38 +0.13(0.11%)
ユーロ・円
125.82 – 125.86 +0.08(0.06%)  

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/