TOPICS

2019/02/13

2019年2月13日の日経概況

2019年2月13日の東京株式市場は続伸しました。
終値は前営業日比280円27銭(1.34%)高の2万1144円48銭と続伸でした。
12月18日以来約2カ月ぶりに21,000円台を回復しました。
米中の貿易摩擦に関してトランプ氏のポジティブな発言が出た他、
政府機関の一部閉鎖も回避できる見通しになったことが好感されました。
順調に進む円安傾向も市場をした支え、過熱感による利益確定の動きを
スムーズに消化できれば来週からも堅調な動きが期待できそうです。
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】
米国市場は大きく反発しました。
ダウ工業株30種平均は大きく反発して、
前営業日比372ドル65セント(1.5%)高の2万5425ドル76セント、
ナスダック総合株価指数は3日続伸して
前営業日比106.714ポイント(1.5%)高の7414.619で取引を終えました。

ダウ工業株30種平均は12月3日以来2カ月ぶりの高値、
ナスダック総合株価指数も12月3日以来の高値を形成しました。
前日までの材料とは変わりはありませんが、
本日はポジティブに反応しました。

貿易摩擦に関して、トランプ氏が会談を望んでいるとの
高官の発言が出たことを材料に中国関連銘柄に買いが入りました。
与野党の指導部が新予算の暫定案で基本合意して、
政府機関の一部閉鎖が回避できるとの期待も市場を押し上げました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場の上昇要因を引き継ぐ流れで
大きく買いが先行してスタートしました。
トランプ氏の発言で米中の貿易摩擦への進展には
期待がかかり、政府機関の一部閉鎖が回避できる見通しになったのも
市場を後押ししてくれました。

21,000円台を朝から回復した市場は
上昇幅を広げ、テクニカル的に意識される価格帯まで進みましたが、
13日発表予定の1月の米CPI(消費者物価指数)の結果を見極めたいとの
様子見ムードが午後から広がりました。

前日まで厳しい動きになった石油・石炭製品や
証券、ゴムなど出遅れ感の鮮明なセクターに買いが入り、
電気機器、繊維製品などは前日に続き堅調でした。

鉱業部門は2日間で大きな上昇を見せましたが、
過熱感の意識される領域なので、注意が必要です。
その他、情報・通信業、精密機器にも買われすぎのサインが出ているので、
利益確定のタイミングを厳しく決めていきましょう。

商いは3兆円には届きませんが、一時期の低調な流れは断ち切って
東証1部の売買代金は2兆7221億円、
売買高は14億1320万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1343、
値下がりは709、変わらずは75銘柄でした。

日経の日足は上向きのギャップを形成しながら
上髭を持つ短陽線を形成しました。
高値では75日線を明確に意識した結果、値を戻して引けましたが、
一気に21,000円を突破して、下値に入れ替えってしまう流れになりました。

一目均衡表では下雲を上に抜け、
遅行線も上に抜けた上に、転換線が基準線を上に抜けたので、
三役好転が成立しました。

テクニカル的には強気相場への入り口に立ちました。
一回75日線にあってから調整に入るのか、
それともこの75日線も一気に超えるのか、注目されます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

ファンダメンタルズ分析としては今までの出てきた材料から
そこまで劇的に変わったような要素はありませんでしたが、
日米揃って投資家心理は改善してポジティブに反応するようになりました。

前日のテクニカル分析では
“上昇トレンドに戻るためには2回にわたって抵抗に遭っている
21,000円台を突破して75日線まで進むことが求められそうです。”と
解説しましたが、求められる条件を一気に達成してきました。

連休明けから2日間で作られたこの強い相場は
明日から週末モードに変わるので、転換期を迎える可能性があります。
2日間の上昇幅で利益確定は出やすいタイミングで、
調整に入るのが平均的な流れですが、

逆に2日間の流れをさらに上に抜けて押し上げるようなら
当分は強い動きになるでしょう。
その鍵を握るのは5営業日ぶりに反発して強い動きになった米国市場が
本日も堅調な動きを続けてくれるかです。

規模別指数をみると大型(+1.05%)で最も高い上昇率を出しているので、
資金が大型にシフトしながら市場の上昇が本格化する
サインが出てきました。

このような相場では余計なことを考えるよりは
大型で堅調な業績を作り出した銘柄を選定、
押し目を待ってから買っていく戦略が有効でしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
21,144.48 +280.27(1.34%)
ドル・円
110.66 – 110.67 +0.05(0.04%)
ユーロ・円
125.31 – 125.35 +0.50(0.40%) 
NYダウ(ドル) 
25,425.76 +372.65(1.48%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/