TOPICS

2019/02/21

2019年2月21日の日経概況

2019年2月21日の東京株式市場は続伸しました。
終値は前営業日比32円74銭(0.15%)高の2万1464円23銭で終えました。
米国市場の上昇要因を引き継ぎ、買いが先行、
節目の21,500円を突破する場面まで見られましたが、マイナスに転じるなど
変動性の高まる相場でした。
貿易摩擦に関するポジティブ材料が出たことが好感されて、
個人のリスクオン心理も見られているので、相場に注目していいでしょう。
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】
米国市場は続伸しました。
ダウ工業株30種平均は小幅に続伸して、
前営業日比63ドル12セント(0.2%)高の2万5954ドル44セント、
ナスダック総合株価指数はわずかながら8営業日続伸して
前営業日比2.303ポイント高の7489.069で取引を終えました。

ダウ工業株30種平均は2018年11月9日以来、
ナスダック総合株価指数は2018年11月8日以来
3カ月ぶりの高値更新を続けました。

上昇の材料は同日公開された1月開催分のFOMCの議事要旨で、
資産縮小の年内停止を早めに発表するのが望ましいの意見が優勢だったのが
株式市場に好感されました。

米中の貿易交渉への期待も相場を下支えしましたが、
景気の不透明感はまだ根強く残っていることや、
議事要旨には年内の利上げを検討するとの発言があったことから
上値は重く推移しました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場の上昇要因に加えて、
米中貿易摩擦問題で不透明感が多少解消されたことが好感され
買いが先行してスタートしました。

上値を追う動きがみられ、21,500円の節目を突破する動きも見られましたが、
今週入って継続して上昇してきた動きから
利益を固める売りが出ることで上値は縮小されました。

為替市場は円安傾向が止まり、横ばいに入ったことで
倉庫、食料品、小売などの内需業種に買いが入り、
証券、機械、精密機器にも買いが広がりました。

一方、その他金融、石油・石炭、金属製品が売られ、
前日は堅調な動きになった電気・ガス業にも売りが出ました。

商いは小幅に増加して、
東証1部の売買代金はで2兆2414億円、
売買高は12億320万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1029、
値下がりは1000、変わらずは101銘柄でした。
上昇はしたものの騰落は半々で迷いが見られる数でした。

日経の日足は実体が小さくなりながら上下ひげが長くなる
陽線を形成、さらに実体が小さくなるか、十字架を形成する場合は
反対方向に下げる前兆を見せました。

それでも実体全体がボリンジャーバンドの
+2σの外に出ているスプラッシュは続き、
非常に強い状態が続きました。

明日は週末ということで午前中は利益確定の売りが出やすくなるのが普通です。
しかし、本日の米国市場がポジティブに推移する可能性が高いので、
明日の午後に入って堅調に推移する場合は上昇の余地はまだ残っています。
逆に下げてきても、トレンド転換は早く出る可能性があるので、
油断する時間はありません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

前日は「商いが増えながら中・小型が盛り上がってくれれば
上昇トレンドの加速はより確実になるでしょう。
その時に備えて出遅れている中・小型を物色するのは
現時点において有効な戦略でしょう。」と解説、
早速そのような変化が見られました。

規模別に見ると大型は変化なし、中型はむしろマイナス、
小型の上昇率は最も大きくなっています。
市場別でみるとマザーズの上昇率が大きくなっているので、
「小型、マザーズ」に資金が集まり始めているのが見られます。

早速マザーズの上昇率をみるとブライトパス・バイオ、
メディネット、サンバイオ、ナノキャリア、
プラシジョン・システム・サイエンス・・・と並び
上昇率1位はソイジア・ファーマと、
バイオ、バイオのオンパレードです。

マザーズ、バイオが冬眠から目覚める気味なので、
個人のリスクオンムードも強まるでしょう。
引き続き中型・小型に資金を向ける戦略で行きます。

*注意:バイオ株を買ってくださいという意味ではないことに気をつけてください。
バイオ株は常にリスクが大きいことを念頭に入れてアプローチする必要があります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
21,464.23 +32.74(0.15%)
ドル・円
110.75 – 110.76 -0.14(-0.12%)
ユーロ・円
125.50 – 125.54 -0.28(-0.22%) 
NYダウ(ドル) 
25,954.44 +63.12(0.24%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/