TOPICS

2019/03/04

2019年3月4日の日経概況

2019年3月4日の東京株式市場は続伸しました。
終値は前営業日比219円35銭(1.02%)高の2万1822円04銭で終えました。
先週末は217円、本日は219円と2日だけで436円以上を上昇しながら
上昇トレンド入り・継続明確に示しました。
貿易協議で3月中に合意に至る可能性があるとの
米国の報道を材料に米国市場が4日ぶりに反発、日本市場もその流れを引き継ぎました。
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】
米国市場は反発しました。
ダウ工業株30種平均は4日ぶりに反発して、
前営業日比110ドル32セント(0.4%)高の2万6026ドル32セント、
ナスダック総合株価指数も反発して
前営業日比62.821ポイント(0.8%)高の7595.353で取引を終えました。

ナスダック総合株価指数は2018年10月以降の高値を記録し、
ダウ工業株30種平均は節目の26,000ドル線を超えて、
米国市場の好調さが鮮明になってきました。

ISM製造業景況感指数や個人消費支出が市場予想を下回ったことで
景気減速懸念が広がり、小幅下落になる場面もありましたが、
貿易協議が3月中にも合意に至る可能性があるとの報道を材料に
3桁の上昇を確保しながら週末を迎えました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】
日本市場は外部要因が改善することを素直に反映する相場で、
米中の貿易協議が合意に至る可能性が高まったとの報道を
材料に4日ぶりに反発した米国市場の流れを引き継ぎました。

為替市場では週末の間に円安傾向が継続したことも
投資家の心理を改善させ、2営業日連続で200円以上の上昇幅を
確保しながら週のスタートを切りました。

先週末に続き中国関連の精密機器、
機械などが好感されました。
一方、トヨタを筆頭に自動車業種が安く、
小売の一角にも売りが目立ちました。

小幅ではありますが、商いは増加、
東証1部の売買代金は2兆1536億円、
売買高は11億2781万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1481、
値下がりは579、変わらずは72銘柄でした。

日経の日足は先週末の終値から上放れしてスタート、
ヒゲは作ったもののギャップを作りながら短陽線を形成しました。
高値は2,1860円と節目の22,000円を視野に入れるところまで上昇、
2018年12月13日の高円に並びました。

久しぶりにフィボナッチ分析上で意味のある動きも見られ、
2018年10月の高値から12月の安値までの下落幅の
半値戻しを達成しました。

半値戻しを達成したことに加え、22,000円にもう一段近づくと、
抵抗に会うと同時に
短期の利益確定が出やすいタイミングですが、
外部環境の悪化は見られないので、
次の飛躍のためにはむしろよい動きになってくれるでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】
好調なスタートを切ることができました。
先週末は「懸念される要素がポジティブな結果になる場合は
市場全体がお祭り雰囲気になることが予想されます。
本日注目された値嵩株に少しずつ関心を持っていくタイミングです。」と解説、
早速小さなお祭りのようになってきました。

3月の初旬、週末は雇用統計の発表が控えている分、
水曜日を過ぎると動きづらい展開が予想されますが
心理的には大分改善してきました。

ただし、テクニカル分析でもふれたように
節目に近づくと同時に、大きな下落幅に対する半値戻しを達成したとの
目に見える成果があった分、利益を固める売りが一回でることは
念頭に入れてください。

また気になる点は、米国の経済指標に変調がみられるということです。
先週末は上昇したものの、景気動向を敏感に示す
ISM製造業景況感指数や個人消費支出が市場予想を下回ったことは
景気の先行きに懸念を抱かせるものです。

堅調な動きが続くほど、次の動きに備える姿勢が求められ、
このタイミングがそれに当たります。
上昇したとぬか喜びするのではなく、
この上昇が実態をもつ真の上昇なのがを見極める必要があるでしょう。

そう意味では、私は警戒心を少しずつ増やして
買われ過ぎの銘柄を物色し、リストに登録する
行動を続けています。
引き続き主力銘柄に注目しますが、精密機器などの
中国関連銘柄には過熱感も見られていることに注意しましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
21,822.04 +219.35(1.02%)
ドル・円
111.94 – 111.95 +0.13(0.11%)
ユーロ・円
127.22 – 127.26 +0.07(0.05%) 
NYダウ(ドル) 
26,026.32 +110.32(0.42%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/