TOPICS

2019/03/20

2019年3月20日の日経概況

2019年3月20日の東京株式市場は小幅に反発しました。
終値は前営業日比42円07銭(0.20%)高の2万1608円92銭で終えました。
米国市場が米中貿易摩擦に関してネガティブなニュースが出ると同時に
FOMCに対する期待から買われる部門もでるなど、まちまちな動きになったことで
東京市場も上値が抑えられる変動性の高い相場を形成しました。
休み前日ということも様子見を促しましたが、配当狙いの買いは盛り上がりました。
本日も最後までしっかりお読みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】
米国市場は5営業日ぶりに反落と3日続伸になりました。
ダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落して、
前営業日比26ドル72セント(0.1%)安の2万5887ドル38セント、
ナスダック総合株価指数は3日続伸して
前営業日比9.468ポイント(0.1%)高の7723.946で取引を終えました。

米中貿易摩擦に関して本日はネガティブなニュースが
報じられたことを材料にマイナスに転じました。
FOMCの結果発表をひかえていることから
様子見を決め込んでいる投資家の心理も
方向感の展開を見せる要因になりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】
日本市場は前日の引き続き、様子見が広がって
方向感のない相場になりました。
小型・中型銘柄で個人が手がけやすい部門に買いが入ってきて
26日の権利確定を控えての典型的な動きを見せました。

上昇はしましたが、米中の貿易摩擦をめぐっては
見通しの不透明感から上値が抑えられました。
注目する材料はグーグルがゲーム事業に参入するとの発表で
ソニーと任天堂など、競合として思われる関連銘柄に
大きく売りが広がったことです。

パルプ・紙、金属製品、非鉄金属などの素材系が引き続き強気、
食料品、サービス業などにも買いが入りました。
一方、証券、商品先物業種や工業、情報・通信業などに売りが出て
決算に備えてポジションを手放し続けれられた小売が軟調を続けました。

本日は商いが2兆円を超え、
東証1部の売買代金は2兆863億円、
売買高は11億4516万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1371、
値下がりは676、変わらずは91でした。

日経の日足は長い下ヒゲを持つ陽線を形成、
前日の動きから考えると2日だけでトレンド転換したことになりました。
高値と安値を切り上げて、形でも上昇で
心理は改善、3/13以降は一貫して安値を切り上げながら
上昇トレンドを継続しています。

本日の高値を抜けて上に行くと
3/4に形成した直近の高値付近を目指す動きに入りますが、
ボリンジャーバンドの+2σが位置し、
戻り待ちの売りも溜まっていることから強めの抵抗になることが予想されます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】
前日は「本日の動きを規模別でみると主力部門だけがプラス、
新年度に向けて機関投資家が新たなポジション作りを始めている、
個人投資家も当分はこの動きについて行っていい」と解説しました。

本日は低調だった商いが2兆円を超えてきて、
上昇率の順番は小型→中型→大型で並んでいます。
資金が満遍なく広がり始め、個人が手を出しやすい
小型・中型に買いが進んでいることからは
来週以降に向けて先高観が強まり始まっているのではないでしょうか。
ただ、配当狙いの買いも相当部分入っているので、
権利確定後の軽い調整は念頭に入れておいてください。

テクニカル分析では「ボリンジャーバンドの+2σが位置し、
戻り待ちの売りも溜まっていることから強めの抵抗になることが予想されます。」と
分析しましたが、ここで抵抗にあって大きく下げ始めるという意味ではありません。

テクニカル分析上で直近の2.5ヶ月は上昇トレンド継続として解釈され、
現在もその動きを否定するような要因と流れは見つかっていません。
3/4から3/11までのような調整を作るとむしろ上げやすくなることは
いままでの流れで考えても十分予想できることです。

明日は休みで休み明けにFOMCの結果をみることになるので、
まだ積極的に動けなかったという投資家も焦ることなく、
じっくり見極めるのもよいでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
21,608.92 +42.07(0.20%)
ドル・円
111.56 – 111.57 +0.30(0.26%)
ユーロ・円
126.63 – 126.67 +0.39(0.30%) 
NYダウ(ドル) 
25,887.38 -26.72(-0.10%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/