TOPICS

2019/07/31

2019年7月31日の日経概況

2019年7月31日の東京株式市場は反落しました。
終値は前営業日比187円78銭(0.86%)安の2万1521円53銭でした。
閣僚級の米中貿易協議が再開されるにあたって、
強気の発言を飛ばしたトランプ氏のツイッターで市場心理が悪化、
米国市場は下落しました。
日本市場は米国市場の流れを引き継ぐと共に、FOMCに備えての様子見もあり、
積極的な売り・買いのポジションを立てることができませんでした。
方向感ない展開になっていた今週の動きは明日以降から動き出すことでしょう。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は小幅に反落しました。
ダウ工業株30種平均は小幅に反落して、
前営業日比23ドル33セント(0.1%)安の2万7198ドル02セント、
ナスダック総合株価指数は続落して
前営業日比19.715ポイント(0.2%)安の8273.614で取引を終えました。

注目を集めている閣僚級の米中貿易協議が30日、
中国の上海で再開されました。
予想した通り、トランプ氏は先制攻撃をツイッター砲で発射、
中国側の農産物輸入について批判を浴びせ、
投資家心理が不安に傾きました。

151ドル安まで売りが進んだ後は、好決算銘柄を中心に
買いが支え、下げ幅は小範囲と言える幅まで縮小、
FOMCに備えての様子見も市場を支える要因になりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は決算相場の典型的な流れを見せ、
主要イベントに備えての様子見も広がりました。
米国市場が米中貿易協議問題で幅のある下落、
日本市場も売りが先行してスタートしました。

売り要因と様子見ムードに加えて、
日経平均採用銘柄の入れ替えに伴う売買が交差、
下げ幅は縮小されながら本日の取引を終えました。

医薬品、電気・ガス、金属製品、保険など
上昇した4つの業種にも内需、景気敏感、金融銘柄と
脈絡は見られず、内需の中でも
倉庫、水産、食料品が大きく売られました。

商いは8営業日ぶりに2兆円を突破した前日から
日経平均採用銘柄の入れ替えに伴う商いが膨らみ、
6月21日以来の水準に達しました。
東証1部の売買代金は概算で2兆6650億円、
売買高は13億5088万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1525、
値上がりは547、変わらずは78でした。

日経の日足は上下ヒゲを持つ短陰線を形成しました。
前日の日足から下離れしてスタートし、
高値でも前日の安値にも届かず、幅の大きい
ギャップを形成しました。

今週に入って形成された日足は実体が薄いのは共通で、
この3日間は上下激しく変動し、
方向感がつかめない流れを形成しています。

25日線が200日線、75日線の両方を上に抜けてきて
地合いは悪くありませんが、
実体がこの3平均線で作っている範囲の中に捕まり
様子見と方向感なしを極めています。

月曜日の解説通り、この範囲を上か下に抜けないと
方向は決まらないようで、
本日200円近く下げたといい、喜んで空売りを仕掛けるような
タイミングでもありません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

月曜日の戦略では悪材料の絶えない自動車セクターに関しては
投資に慎重になる必要があると伝えました。
日産の業績悪化に加えて、本日市場が閉まってからは
イブイングスクープとして「マツダ、営業益7割減 4~6月、米国で新車伸びず」
(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48013350R30C19A7MM8000/?nf=1)
悪材料が続いています。
ここまでくると悪材料出尽くしとみていいのでは?という考えもあるかと思いますが、
それはあくまでも「悪材料出尽くし」と思った
反転がみられてから判断してもよいでしょう。

実際に本日の下落率3位は輸送用機器が占めています。
引き続き警戒は必要です。
反面、現在の乱高下は先週末からすでに解説していることで、
買っている銘柄、または保持している銘柄の
利益がどんどん伸びるような局面ではありません。
焦ったあまり、無理やり利益をひねり出すような勝負に出たとしても
むしろ損を広げることもあり得るので、
一貫して解説している通り、今週は我慢と仕込みのタイミングだと位置付けましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
  21,521.53 -187.78(-0.86%)
ドル・円
  108.56 – 108.57 -0.08(-0.07%)
ユーロ・円
  120.98 – 121.02 -0.08(-0.06%)
NY(ドル)
  27,198.02 -23.33(-0.08%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/