TOPICS

2019/08/21

2019年8月21日の日経概況

2019年8月21日の東京株式市場は4営業日ぶりに反落しました。
終値は前営業日比58円65銭(0.28%)安の2万0618円57銭でした。
イタリア政局の不安で欧州市場が下落、米国市場にも売りが出たことを受け、
日本市場は3桁以上の下落でスタートしました。
底値は固く、200円の下げ幅から下げ渋り、取り戻しにかかりましたが、
上値も限定的で、2桁の下落に止まりながら取引を終えました。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は反落しました。
ダウ工業株30種平均は反落して、
前営業日比173ドル35セント(0.7%)安の2万5962ドル44セント、
ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落して
前営業日比54.252ポイント(0.7%)安の7948.560で取引を終えました。

短期間で650ドル以上をあげてきた反動で
利益を確定する動きが優先されたのが第1の要因です。

イタリアのコンテ首相が辞任を表明したと伝わり
欧州市場が全面安、その流れを継いだのが第2の要因です。
明日発表される7月FOMCの議事録、
ジャクソンホール会合、パウエルFRB議長の講演など
主要イベントを前にしてポジションを傾けることは難しく、
様子見が入ったのも動きが停滞した要因の一つです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は外部環境頼りの相場が続きました。
イタリア政局の不安を背景に欧州市場が下落、
米国市場も下落した流れを受けづいて、3桁の下落で
売りが先行しましたが、その後は下げ幅を縮小する動きになりました。

下げの要因はありますが、底値も固く、
下げ幅が200円まで広がった後は、週末の主要イベントに向けて
様子見する動きも加わり、全面安よりは
小幅下落で相場を終えています。

ゴム製品業種以外の32業種すべてが下落する
全面安の様子ですが、大きく下げるという印象はなく、
前日に続き、機械、精密機器などが弱い相場の中でも
比較的に強い動きを見せました。

商いは6営業日連続で2兆円を下回りました。
東証1部の売買代金は概算で1兆5863億円、
売買高は9億0129万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1704、
値上がりは384、変わらずは61でした。

日経の日足は短い上下ヒゲを持つ陽線を形成しました。
前日の終値から下放れしてスタートしましたが、
その後は一貫して戻しながら終わったことになるので、
悲観的な形には見えないとも言える形です。

しかし、高値と安値は切りさげたので、形でも下落になり、
下に向かってトレンド転換したことになります。
明日も本日の安値を切り下げる場合、
高値の切り下げ継続、下降トレンドの継続になります。

これで7月30日上辺にする三角持ち合いを形成、
上か下、ブレイクする方向に
大きく動き出すことになります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

商いは6営業日連続で2兆円を下回り、
特に1兆6000億円を3日に渡って下回るのは
2014年8月以降のことです。
つまり、5年ぶりの低調さで「やる気ない」相場の丸出しです。

今の状況で銘柄を下がるのが難しいという相談を受けますが、
この状況は誰にでも難しいことで、
年間を通じて相場にかかわっていると必ず訪れる時間帯です。

いわば、我慢のタイミングということができます。
プロのいかなる時間帯、どんな状況でもガンガン儲かっているようですが、
実はこんな時こそポジションを減らし、冷静になって、
次の飛躍の準備期間として使うことが多くあります。

思う通りにいかない、とイライラするよりは
「次を待つ」という心得も大事だということを忘れないでください。

***********************
前日は日本の経済政策問題は「政策の有効性」にあるということを
前日説明しました。

・マクロ経済政策の有効性とは?
すごくシンプルに言えば、政府と金融当局が描いている政策通りに
経済が動いているかということです。
グローバルの流れは現在大きく2つを取り上げることができます。
1. 米中摩擦で見られるような保護主義または自国優先主義
2. 世界的な景気減速に備えた利下げ(先進国、新興国を含む)

1に関しては米国との関係など、日本の力だけではどうにもならないことです。
問題は2のような流れに一緒にのることができるほど
日本の政策と利下げというのは補い合える関係なのかということです。

続きはまた明日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】
日経平均(円)
20,618.57 -58.65(-0.28%)
ドル・円
106.57 – 106.58 +0.11(0.10%)
ユーロ・円
118.15 – 118.19 +0.29(0.24%)
ユーロ・ドル
1.1087 – 1.1090 +0.0016(0.14%)
NYダウ工業株30種(ドル)
25,962.44 -173.35(-0.66%)
S&P500種
2,900.51 -23.14(-0.79%)
ナスダック
7,948.560 -54.252(-0.67%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/