TOPICS

2019/09/04

2019年9月4日の日経概況

2019年9月4日の東京株式市場は小幅に続伸しました。
終値は前営業日比23円98銭(0.12%)高の2万0649円14銭でした。
3年ぶりの悪化を記録した経済指標を背景に下落した
米国市場の流れを引き継ぎ、売りが先行してスタートしました。
売りが一巡した後は中国が好調な指標を発表、
アジア市場全般が堅調な動きになったことから下げ幅を打ち消し、
プラスに浮上して取引を終えました。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は4営業日ぶりに反落しました。
ダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落して、
前営業日比285ドル26セント(1.1%)安の2万6118ドル02セント、
ナスダック総合株価指数は続落して
前営業日比88.724ポイント(1.1%)安の7874.158で取引を終えました。

3年ぶりに景気の先行きに対する不透明さが認識される
指標が発表されたことで投資家心理が悪化しました。
8月の製造業景況感指数が米サプライマネジメント協会(ISM)より発表され、
50を下回りました。
50を下回るのは3年ぶりで、長引く貿易摩擦が
影響を及ぼしているとの見方が浮上しました。

加えて、EU離脱をめぐって対立が続く
イギリスの政局不安定も投資家心理を冷やしました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場はISM8月の製造業景況感指数が
3年ぶりに好不調の境目となる50を下回り、
下落した米国市場の流れを背景に売りが先行してスタートしました。

売りが一巡したあとは、中国側が好調なPMIを発表、
それを好感したアジア市場が堅調に動きになり、
日経も下げ幅を縮小したあと、プラス圏に浮上して取引を終えました。

中国関連銘柄や海運業などの景気敏感銘柄に加えて、
不動産、小売、医薬品などの内需系にも買いが入りました。
一方、金属製品、化学、パルプ・紙などの素材系には
厳しい動きが見られました。

商いは3営業日連続で2兆円割れの低調、
東証1部の売買代金は概算で1兆5931億円、
売買高は9億11万株でした。
東証1部の値下がりは1587、
値上がり銘柄数は482、変わらずは81でした。

日経の日足は上下ヒゲを持つ短陽線を形成しました。
高値と安値は切り下げと切り上げ、
形上での解釈は持ち合いになります。

高値では25日線まで超えましたが、
下向きの25日線は強力に抵抗になるので、一旦ここで一息、
ただし、直近の4日間の動きでは調整終わり、トレンド転換になります。

ここで高値を超えてくると、8/1以来の25日線超えになりますが、
それを持続させるほどのファンダメンタルズ的な材料が欲しいところです。

下げてくる際の支えの目安は20,500円で、
節目の数字と、ギャップが埋まるところです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

日経平均は意外な強さを見せました。
景気判断に重要な基準になる米国の経済指標が
3年ぶりに悪化したことで285ドルを下げる中で、
日本市場も売りが先行しましたが、下げ幅を打ち消すだけでなく
プラスに浮上して終わりました。

これは強い、と言えます。
経済指標一つによって上下乱高下する動きになるだろうと
先週末は解説しましたが、
意外な安定性を見せたことで、
日本株の割安圏止まりはそろそろ終わりを準備しているような気もします。

米国と中国の指標が逆の結果になり
焦りを見せはじめたトランプ氏、
(統計の信頼性に疑問はあるにせよ)少し余裕を見せはじめた中国。
トランプ氏が次に仕掛けるとすると今まで以上の強力な
一発が必要になりますが、
それはもはや米国自分の首をも閉める領域に入っています。

次はいかなる奇策を施し世界市場を揺らすか、
そこまではポジションを増やさず、様子見という基本姿勢を貫きましょう。
注目するセクターは底値から抜けだし、反発をみせる医薬品、
そしてセクター全体がスプラッシュに入ってから調整に入った、
証券・商品先物取引業種です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】
日経平均
20,649.14 +23.98(0.12%)
ドル・円
106.11 – 106.12 +0.13(0.12%)
ユーロ・円
116.52 – 116.56 +0.59(0.50%)
ユーロ・ドル
1.0981 – 1.0984 +0.0042(0.38%)
NYダウ工業株30種(ドル)
26,118.02 -285.26(-1.08%)
S&P500種
2,906.27 -20.19(-0.68%)
ナスダック
7,874.158 -88.724(-1.11%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/