TOPICS

2019/09/09

2019年9月9日の日経概況

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2066f

2019年9月9日の東京株式市場は5営業日続伸しました。
終値は前営業日比118円85銭(0.56%)高の2万1318円42銭でした。
先週末に続き貿易協議でポジティブ材料が続き、
FRB議長が金融緩和に積極的だと見られる発言をしたことを背景に
米国市場は上昇、日本市場はその上昇幅を上回りました。
景気の実態とは少しずれが生じている現在の動き、
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は続伸と反落、まちまちな動きになりました。
ダウ工業株30種平均は3営業日続伸して、
前営業日比69ドル31セント(0.3%)高の2万6797ドル46セント、
ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落して
前営業日比13.754ポイント(0.2%)安の8103.074で取引を終えました。

ダウ工業株30種平均は7月31日以来ほぼ1カ月ぶりの高値で
取引を終えて好調ぶりが目立ちましたが、
上昇の勢いは弱くなったことを示しました。

前日に引き続き貿易摩擦の協議でポジティブニュースが流れたことを
好感して買いが進みましたが週末を前にして利益を確定する動きも進み、
上昇幅は限定的な範囲に収まりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は金融緩和に積極的な姿勢と捉えられる
発言をしたFRB議長のニュース、
貿易摩擦関連のポジティブな動きが継続した結果、
5営業日続伸になりました。

大きなネガティブニュースはなく、無難な動きを続けましたが、
先週の解説で伝えた通り、
上値では戻り待ちの売りが待っていることから、
上昇幅には限界がありました。

中国の預金準備率引き下げのニュースも
景気の浮揚策として評価され、
朝方の一時的な下げ以外は安定的に推移しました。

その他金融、保険業などの金融関連に加え、
石油・石炭製品、海運業などに買いが入り、
食料品、小売、陸運業などの内需部門もしっかりした動きになりました。

一方、金属製品、ゴム製品、ガラス、化学などの
素材系には厳しい動きが見られました。

商いは振るわず、2兆円を割り込みました。
東証1部の売買代金は概算で1兆7087億円、
売買高は9億6437万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1696、
値下がりは368、変わらずは87でした。

日経の日足は短い上下ひげを持ち、実体の大きい陽線を形成しました。
先週末は200日線が抵抗になり、
「抵抗になっている200日線までをも超えて
新たな上昇トレンドを作ってくれるかです。」と解説しましたが、
まず一つのポイントはクリアしました。

本日の高値まで超えていくと新たな上昇トレンドになり、
9月は堅調な動きを期待できますが、
本日の終値付近は一目均衡表上の上雲、先行スパン1にあたり、
やはり抵抗になりやすいところです。

ここまで超えた場合は、調整にはいる場合も
現在の200日線が支えに変わるので、
上昇トレンド継続局面として考えることができるようになります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

永遠に続きそうですね、この乱高下、
と8月は悲観的な感想も頂きましたが、
9月に入って堅調な動きになり、
いつのまにか21,500円が視野に入ってきました。

特に本日の3桁上昇は意外な強さだと感じました。
内閣府が本日発表した2019年4~6月期のGDP改定値は、
8月に発表した速報値から下方修正されました。
また、財務省が発表した7月の国際収支統計の速報値は
黒字額が前年同月比1.3%減と、
好調とは言い切れない数字が並びました。

その中での3桁上昇なので、景気の先行きに対する期待が先行するよりは
上昇のモメンタムがついて、継続したという
短期的な視点で考えるのが妥当に見えます。

それでもテクニカル的な節目は突破してきたので、
21,500円の戻り待ち売りが集中しているところまでは、
保持している銘柄の利益を伸ばしていく戦略で問題ないと考えられます。

注目のセクターは先週末伝えた通り、アップル関連と、ゲーム関連のハイテク関連。
10日にはアップルのイベントで毎年恒例の新作発表、
12日からは東京ゲームショーでなにかしらの材料が出る可能性が高いでしょう。
戦略メルマガの銘柄ではゲーム関連で一つ取り上げているので、
参考にしてみてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】
日経平均(円)
21,199.57 +113.63(0.54%)
ドル・円
106.97 – 107.02 +0.46(0.43%)
ユーロ・円
118.15 – 118.19 +0.57(0.48%)
ユーロ・ドル
1.1045 – 1.1048 +0.0006(0.05%)
NYダウ工業株30種(ドル)
26,728.15 +372.68(1.41%)
S&P500種
2,976.00 +38.22(1.30%)
ナスダック
8,116.828 +139.948(1.75%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/