TOPICS

2019/09/17

2019年9月17日の日経概況

2019年9月17日の東京株式市場は10営業日続伸しました。
終値は前営業日比13円03銭(0.06%)高の2万2001円32銭でした。
上昇幅は大きくありませんが、終値で22,000円台を回復しました。
22,000円台を記録したのは2019年4月末で、
10連勝は2017年10月2~24日の16連騰以来の記録です。
サウジの石油生産施設に対する無人機の攻撃により投資家心理が悪化しましたが、
下げ幅を拡大した後は底硬さを見せながらプラス圏まで浮上して終わりました。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は9営業日ぶりに反落しました。
ダウ工業株30種平均は9営業日ぶりに反落して、
前営業日比142ドル70セント(0.5%)安の2万7076ドル82セント、
ナスダック総合株価指数は続落して
前営業日比23.170ポイント(0.3%)安の8153.543で取引を終えました。

中東の緊迫する情勢で地政学的なリスクが意識され、
原油価格の変動による経済への影響が懸念され
投資家心理が悪化しました。

サウジアラビアの石油施設が14日に攻撃を受け
5割の施設が影響を受けるとの観測が広がり供給への懸念で
原油先物が4カ月ぶりの高値まで上昇しました。

原油高による生産コスト増加が懸念される日用品メーカが売られ
ウォールマートなど、小売株にも
個人消費への影響を懸念した売りが広がりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は予期せぬ中東の情勢で下落した米国株の
動きを反映して、40円安くスタートしました。
地政学リスクの深化を懸念して100円安まで進みましたが、
その後は意外と言えるほどの強さで戻す動きになりました。

23円安く午前の取引を終えた後は、
全営業日の終値を挟んでの動きに終始、
小幅のプラスまで浮上して取引を終えました。

原油高を受けて石油・石炭製品が上昇、
鉱業、建設業などにも上昇が広がり、
先週末注目するように解説した不動産は上昇率4位を記録しました。

東証1部の売買代金は概算で2兆4201億円、
売買高は13億3628万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1250、
値下がりは792、変わらずは109銘柄でした。

日経の日足は上下ヒゲを持つ短陽線を形成しました。
高値と安値は前日のものを切り上げ、
上昇継続、スプラッシュ継続になりました。

終値で22,000円をキープして取引を終えましたが、
この節目が抵抗になるか、
再び上昇する飛躍台になるのかが注目ポイントです。

抵抗になって調整に入る場合も、
底値は固いとみられ、
短い調整の後、トレンド転換しながら
上昇に戻る場合は、積極的に新規買いか
買っているポジションを保持していいでしょう。

先週は「このような局面ではトレンド系の指標を中心として
分析するように解説しましたが、その通りの流れになっており、
オシレーター系の指標が出している過熱感をすべて打ち消しています。」と解説、
今週も方針は変わりありません。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

本日は意外な強さを確認できた日です。
普通に考えると、サウジの生産施設への攻撃で
5 割が影響を受ける、世界的には6%の受給要因になるなど
大きな懸念事項として大きく売りが進んでもおかしくない状況です。

また、このような地政学リスクがある時に起きる円買いが
ほとんど見られなかったのも意外な動きでした。
世界の市場も落ち着いていることから、
サウジ攻撃の影響は落ち着いて受け入れられている感じがします。

これで底硬さは確認できましたが、
明日よりFOMCの結果を見極めるための
様子見ムードに入る可能性があります。
にもかかわらず上昇すると、過熱感から高値切り上げと
大きく見方が変わることもありえます。

その際は、いまだに出遅れとして安値圏にある銘柄に加えて、
9月末の権利落ちに向かって配当利回りや優待が優れているものに
買いが向かい一段高も考えられます。

とりあえず明日はFOMCの結果を見極めたいと考えます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】
日経平均(円)
22,001.32 +13.03(0.06%)
ドル・円
108.17 – 108.18 +0.22(0.20%)
ユーロ・円
119.11 – 119.15 -0.64(-0.53%)
ユーロ・ドル
1.1013 – 1.1016 -0.0080(-0.72%)
NYダウ工業株30種(ドル)
27,076.82 -142.70(-0.52%)
S&P500種
2,997.96 -9.43(-0.31%)
ナスダック
8,153.543 -23.170(-0.28%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/