TOPICS

2019/09/27

2019年9月27日の日経概況

2019年9月27日の東京株式市場は小幅に反発しました。
終値は前営業日比28円09銭(0.13%)高の2万2048円24銭でした。
米国市場はトランプ氏の弾劾問題をめぐって166ドル安まで進んだ後は
下げ幅を縮小させながら引け、
日本市場も上下激しく動きながら方向感の欠ける展開で今週の取引を終えました。
波乱含みでありながら、底値の固い流れが予想される来週、
年後半に向けて注目すべきセクターを含めて、
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は反落しました。
ダウ工業株30種平均は反落して、
前営業日比79ドル59セント(0.3%)安の2万6891ドル12セント、
ナスダック総合株価指数も反落して
前営業日比46.723ポイント(0.6%)安の8030.661で取引を終えました。

午前安、午後に入って小幅高、再びマイナス転じて下落と
方向感に欠ける展開でした。

午前中はトランプ氏の弾劾問題をめぐって
市場の不透明感が高まることから午前はマイナスに推移しました。
マイナス幅を166ドルまで広げた後は
好調な住宅関連指標を好感した買いが入って
下げ幅を縮小、小幅高まで進む場面もありましたが、
プラスを維持するには材料不足で2桁の下落で取引を終えました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は下落した米国市場の流れと、
権利落ちの影響による下げ分を反映して、140円安で寄り付きました。
権利落ち分が160円であることを考慮すると
実質的には小幅上昇ですが、その後は下げ幅を拡大する動きとなりました。

午前引け前に下げ幅を縮小させましたが、
午後に入ると一段と売りが進み、314円安まで記録、
底値は固く、引けにかけて節目を買う動きが出たことで、
169円安で今週の取引を終えました。

権利落ちの160円下げ文を考慮すると
10円下落程度の方向感に欠ける展開でした。
電気・ガス業が下落率1位、銀行、証券、その他金融業などの
金融関連にも売りが見られました。

一方、精密機器、鉱業、機械などの
輸出関連業種が買われました。

東証1部の売買代金は概算で2兆3672億円、
売買高は13億5366万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1677、
値上がりは418、変わらずは42銘柄でした。

日経の日足は下放れしてスタート、大きく下げましたが、
長い下ヒゲを残しながら戻ってきて、
短陰線を形成して今週の取引を終えました。

終値では節目になる22,000円を割り込んで終わりました。
前日の戦略では一時的にこの価格を割り込んでも
失望が広がると判断するのは早いと解説しました。

来週に入って、本日の安値を割り込んだら
短期間の調整入りになりますが、9/11の終値まで進んで
ギャップを埋めに行くのかが確認ポイントになります。

一目均衡表の転換線を下回るのは8/29以来、
ほぼ一ヶ月ぶりで、調整入りの色が濃くなってきました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

節目となる2兆円の出来高を12営業日連続で上回りました。
最後の2日で頭打ちになり、
本日は調整入りのサインが出てきましたが、
来週は今週のように下値の固い持ち合い、
波乱含みの動きが予想されます。

上昇する材料が不足する中、
逆に考えると大きく売り込まれる材料もないのが現状で、
本日の利益確定で確保した資金で
外国人投資家が再び買いを入れる動きが現れると、
新たな上昇もみられる可能性が高いと見られます。

TOPIXの-1.17%に対して、日経225は-0.77%、
マザーズは-0.52%と、新興市場にはまだ強さが残っているので、
例え来週前半は調整が続くとしても、
新興市場は節目としてみられ、再び買いが入る余地が残っています。
また、海外にくらべて日本株がまだ割安圏にあるというのも
一つの支援材料になる見込みです。

注目のイベントは30日:中国の製造業PMI指数、
10月1日:日銀短観、日本の消費税増税、
10月3日:米国ISM非製造業景況指数、
10月4日:米国雇用統計
景気に直結する指標が多いことから、発表結果によって
波乱の動きが見られることもあるでしょう。

波乱が入っているので、物色される銘柄には継続して
買いが入ってきます。
本格普及が始まるiPhone関連のハイテク・半導体関連、
関連して関心の高まる5G関連は年末にかけて注目していいのではないでしょうか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】
日経平均(円)
21,878.90 -169.34(-0.77%)
ドル・円
107.69 – 107.70 +0.01(0.00%)
ユーロ・円
117.56 – 117.60 -0.29(-0.24%)
ユーロ・ドル
1.0917 – 1.0920 -0.0027(-0.24%)
NYダウ工業株30種(ドル)
26,891.12 -79.59(-0.29%)
S&P500種
2,977.62 -7.25(-0.24%)
ナスダック
8,030.661 -46.723(-0.57%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/