TOPICS

2019/10/11

2019年10月11日の日経概況

2019年10月11日の東京株式市場は続伸しました。
終値は前営業日比2万1798円87銭でした。
米中貿易協議関連に関して連日でポジティブニュースが出たことを背景に
米国市場が続伸、日本市場はさらなる上昇幅でスタートしました。
一時始値を下回り売られる場面もありましたが、
協議に対する期待が先行、上げ幅を拡大しながら今週の取引を終えました。
連休明けの市場に対する期待が膨らむ中、
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は続伸しました。
ダウ工業株30種平均は続伸して、
前営業日比150ドル66セント(0.6%)高の2万6496ドル67セント、
ナスダック総合株価指数も続伸して
前営業日比47.039ポイント(0.6%)高の7950.782で取引を終えました。

米中貿易協議に関して、トランプ氏が
「中国の副首相と明日(11日)ホワイトハウスで会う」と発言したことが
協議に対する前向きな姿勢だととられ、
市場は買いが進みました。

中国関連とされる銘柄が連日買われ、
株式市場の上昇で債券が売られ長期金利が上昇、
利ざやの改善期待から銀行株にも買いが入りました。

257ドルまで上昇し、買いが一巡すると、
協議の結果はやはり見極めたいとの心理で
上値は限定的、上昇幅を縮小させながら取引を終えました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場が続伸したことを背景に加えて
米中貿易協議に関して、トランプ氏が
「非常にうまくいった」と発言したことが好感され
大きく買いが先行してスタートしました。

買われすぎへの警戒感から始値を下回るところまで
売られる場面もありましたが、
売りが一巡すると再び買いに転じ、
そのまま上昇して今週の取引を終えました。

水産、情報・通信、サービス業の3業種を除く30業種が上昇、
海運、自動車などの景気敏感領域に特に強い買いが見られました。
2日の続伸で証券業界も買われ、金属製品、パルプ、鉄鋼などの
素材系もしっかりでした。

商いは2兆円を回復しました。
東証1部の売買代金は概算で2兆1185億円、
売買高は11億9714万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1231、
値下がりは807、変わらずは115でした。

日経の日足は長い下ヒゲを持ち、
前日の日足から上放れしてギャップをあける
短陽線を形成しました。

前日は「10/3に下向けのギャップを形成して
持ち合いに入り、その流れが続く流れなので
明日もこの流れから抜け出すのは強力な材料なしでは難しいと見られます。」と解説、

ここまでの上昇を支える強力な材料というのははっきり言って
見えませんでしたが、連休中に米国市場が上昇すると見込んだ
先回りの買いや売り方の買い戻しが入ったと推測されます。

米中協議の結果が揃って来週から22,000円を目指す動きになるのか
まずは週明けの市場反応を見極めたいところです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

ある意味いい形で裏切られた1週間でした。
週間では388円の上昇、週足で3週ぶりに陽線を形成しました。
方向感のない相場であると想定していた先週末から
週間上昇の結果を導いたのは米中貿易協議への期待でした。

来週は月曜日が休場であることから4日の立ち会い、
米中貿易協議の結果を米国市場が先に消化、
その動きを見ながら動き出すことになります。

現在の雰囲気がそのまま結果につながれば
米国市場が上昇、日本市場もそれを引継ぎリスクオンでポジティブに動くでしょう。
本日はマザーズ市場が下落、
注目されていた中・小型銘柄の利益を確定して
その資金を大型・主力銘柄に向けていることが見えてきます。

上昇のシナリオ通りにいけば、前日より動きだした
輸出、景気敏感の大型銘柄にはより一層注目が集まるので
戦略的に取り組んでいいセクターになるでしょう。

また、円満な合意が得られ10月1日から
15日に延期された対中制裁関税に対して、
引き上げられずに済むことになれば、
投資家はリスクオンの姿勢を強めると予想されます。

楽観的な観測ばかり続けてきたので、
リスク要因についても考えてみます。

1. 東日本に上陸している台風の被害状況
災害慣れしている日本なので、壊滅的なダメージにはならないと思いますが、
一時的に災害関連銘柄には影響が出るでしょう。
大きく上昇した市場の中で、
本日のSOMPO<8036>の下落にはその懸念が現れています。

2. 先の読めないトランプ氏の行動
UNの演説で「ノーベル平和賞をもらってもいいだろう」と公言していた彼が
エチオピア首相に渡ってしまったことにご立腹、
協議に対して難癖をつけてくる場合です。
市場はもちろん乱高下することが予想されますが
世界がそのような未熟なリーダーを選んではないと祈りたいところです。

リスク要因の分析も終わったところで
台風で影響圏内に入っているみなさまに
何事も起きないこと、無事に過ごされることをお祈り致します。
今週もお疲れさまでした。
また来週!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】
日経平均(円)
21,798.87 +246.89(1.15%)
ドル・円
108.00 – 108.01 +0.60(0.55%)
ユーロ・円
118.98 – 119.02 +0.67(0.56%)
ユーロ・ドル
1.1017 – 1.1020 +0.0001(0.00%)
NYダウ工業株30種(ドル)
26,496.67 +150.66(0.57%)
S&P500種
2,938.13 +18.73(0.64%)
ナスダック
7,950.782 +47.039(0.59%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/