TOPICS

2019/10/16

2019年10月16日の日経概況

*** ご案内 ****
最後の四半期で盛り上がり見せてきた市場、
今後の展開は?来年の投資戦略は?
毎年恒例、毎年満席の「今年を振り返り、来年の戦略を考える」年末特別講演、
もうすぐ案内を開始しますので楽しみにしてください。

↓↓↓↓↓  ここから本文です  ↓↓↓↓↓
2019年10月16日の東京株式市場は4日続伸しました。
終値は前営業日比265円71銭(1.20%)高の2万2472円92銭でした。
4日続伸して年初来高値を更新しました。
決算発表がスタートした米国市場でヘルスケア部門、
金融部門が予想を上回る決算を発表、リスクオンの姿勢が強まりました。
日本市場は米国市場の好調さを引き継ぎ、為替市場で円安基調が継続すると
400円を超える上昇幅まで見せた後、利益確定に押されました。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は反発しました。
ダウ工業株30種平均は反発して、
前営業日比237ドル44セント(0.9%)高の2万7024ドル80セント、
ナスダック総合株価指数も反発して
前営業日比100.056ポイント(1.2%)高の8148.706で取引を終えました。

ダウ工業株30種平均は1ヶ月ぶりに2万7000ドルを回復、
ナスダックも高値付近で上昇を強める動きが続きました。

業績発表がスタート、医療保険や金融関連が
好調な決算を発表、同業種の銘柄も連れ高、
上げ幅は330 ドルを超える場面もありました。

米中貿易協議に関連して、まだ不透明感が残り、
両者に温度差があるとの報道が流れると
上値は限定され、縮小されて取引を終えました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は好調な企業業績を背景に上昇に転じた
米国市場の流れを反映して、
買いが先行してスタートしました。

前日に引き続き為替市場で1ドル=108円後半まで
円安が進むと輸出銘柄を中心に上げ幅は400円を超える場面もありました。
年初来高値を更新したことで
機関投資家をはじめ、短期筋の投資家も利益確定に動き出すと
市場の上値は限定的で、上げ幅を次第に縮小
節目の22,500円を下回って終わりました。

輸出関連銘柄が上昇を主導した後は
利益確定、その資金が内需の方に回る循環物色がスタート、
水産、建設、食料品などの内需系が上昇率上位に並びました。

年初来高値の更新を背景に商いも前日より盛り上がり、
東証1部の売買代金は概算で2兆4997億円、売買高は14億2731株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1513、
値下がりは561、変わらずは80でした。

日経の日足は実体がほとんどなく、上髭の長い陰線、
前日の日足から上放れしてギャップをあけて
4日連続のギャップ形成おとなりました。

“3空は売れ”という格言の通り、
4日目になると流石に過熱感は高まってきました。
しかし、前日解説した通り、
「過熱感は確実に出始めていますが、トレンドが強い時は
高値圏を上に抜けてさらに上昇を強める動きになりやすいでしょう。」

一回調整を挟んでも短い期間で
再び上向く可能性が高いので、
ショートにかける投資は当分控えるのが得策です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

今年はこれでダメか、というところで
4日の上昇で年初来高値を更新してきました。
驚異的な力強さですが、その「歪み」に少し懸念を抱いています。

「調子よく利益を伸ばしているのになにまた不吉なことを?」と
思うかも知れませんが、
他の市場と連動して考えるだけでその歪みには気づくでしょう。

難しいことではなく、マザーズとジャスダックなど
新興市場は下落して終わっており、
TOPIXも上昇したものの、日経225の強さには及ばず、
日経225、つまり大型銘柄のみが盛り上がっているという構図です。

「あなたが大型に注目するようにと言ったでしょう!」という
ツッコみも承知の上ですが、戦略上は問題なく
ただ、現在起こっていることを分析してみると
そんな事実が浮かび上がるということです。

マザーズにいたっては9月中の安値レベルまで割ってしまい、
8/29の年初来安値に近づいています。
前日も伝えたことをひっくり返してみると、
安値で止まってくれればいいことですが、
そこを割ってしまうとさらに下落が強まるので
最後の望みをかけてロスカットを入れてない方は
大人しく手放してあげましょう。

そして、米国からすでに入っている業績発表相場では
話題性の銘柄に資金が偏る乱高下相場になるので、
新興市場に資金が回ってくるのは当分先のことです。

しばらく大型の間で資金が循環するので、
戦略は変更せずに主力・大型銘柄を中心に物色することにします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】
日経平均(円)
22,472.92 +265.71(1.20%)
ドル・円
108.69 – 108.70 +0.34(0.31%)
ユーロ・円
120.05 – 120.09 +0.65(0.54%)
ユーロ・ドル
1.1045 – 1.1048 +0.0025(0.22%)
NYダウ工業株30種(ドル)
27,024.80 +237.44(0.88%)
S&P500種
2,995.68 +29.53(0.99%)
ナスダック
8,148.706 +100.056(1.24%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/