TOPICS

2019/10/17

2019年10月17日の日経概況

*** ご案内 ****
お待たせしました。
2019年の振り返りと2020年の投資戦略、
募集を日経概況の読者、戦略メルマガの読者向けに先行開始します。
http://www.tbladvisory.com/members/register/yearend/

※ TBL投資アカデミー在学生・卒業生(DVD、インターネット会員含む)は参加費無料です
(セミナー当日までに入学する場合は無料になります。)
受講生ページに無料参加のクーポンが用意されております。

※在校生・卒業生以外の方で、1日丸ごと空売りセミナー、1日丸ごとファンダメンタルセミナー、日経225先物1日マスタセミナーなどに
参加された方は50%割引で2,500円になります。
申し込んだセミナーの受講生サイトにアクセスすると50%割引のクーポンが用意されています。

↓↓↓↓↓↓   ここから本文です  ↓↓↓↓↓↓↓↓
2019年10月17日の東京株式市場は5営業日ぶりに反落しました。
終値は前営業日比21円06銭(0.09%)安の2万2451円86銭でした。
5日ぶりに反落して年初来高値を更新した昨日までの
流れから過熱感を解消する動きに入りました。
米国市場も方向感のない展開で、来週から本格化する企業業績の
四半期決算発表に対する様子見がしばらく続くと予想されます。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は小幅に反落しました。
ダウ工業株30種平均は小幅に反落して、
前営業日比22ドル82セント(0.1%)安の2万7001ドル98セント、
ナスダック総合株価指数も小幅に反落して
前営業日比24.522ポイント(0.3%)安の8124.184で取引を終えました。

ネガティブ材料と決算の材料が入り混じる
方向感に欠ける動きでした。
9月の小売売上高が前月比0.3%減、
0.2%増としていた市場予想を下回り、投資家心理が悪化する場面がありました。

前日まで大きく上げていた銘柄には
利益確定の売りが出ることで市場は下げましたが、
下値は限定的でまだ投資家が資金を引き上げる動きは見られません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は短期の利益確定に押された米国市場同様、
直近の強い上昇に対する反動で
利益確定が進みました。

直近の4営業日の上昇幅は1,000円を超えて、
短期的な過熱感が意識されても不思議ではない勢いだったので
当然、利益確定が出ていいタイミングでした。

しかし、来週からスタートする決算相場に向けては
一方的なポジションを立てることは難しく、
売られる範囲も限定的でした。

海運業が上昇率トップ、化学、電気機器などの景気敏感銘柄が買われ、
建設業、医薬品など内需中心の業種の一角にも買いが入りました。

利益確定が中心で積極的な売買は見られず、
4営業日ぶりに2兆円を下回りました。
東証1部の売買代金は概算で1兆9233億円、
売買高は11億1478万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1433、
値上がりは636、変わらずは86でした。

日経の日足は前日の形とほとんど同じ、
実体がほとんどなく(+0.71円)、上髭の長い十字架、
高値と安値は切り下げたので、形では下落、
利益確定がでる形になってきました。

ここから下に方にギャップを開けながら下落すると
直近の2日がアイランドリバーサルになり、
しばらく調整に入ります。

調整の目安はギャップが埋まる10/15の安値、
ここで切り返すと8/6の安値から10/16までの
上昇幅に対して76.4%付近での切り返し、
トレンドがまだ強いことを意味します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

前日は現在の上昇が少し違和感のあるということを述べ、
歪みという表現も使いました。
ここまでくると、その歪みを訂正すべく、
調整があっていいタイミングでしたが、
予想していた通り、本日は利益確定に押されました。

しかし、米国市場が小売の不振で下落する中、
この下げ幅ならむしろ異様なほどの底堅さと言えます。
来週から始まる決算相場を乗り越え、
強い上昇トレンドに戻るには明日まで
一回調整をしっかり挟んでくれるのがいいのではないかまで思えてきます。

戦略メルマガで取り組んでいる銘柄にも利益確定が出るか
目前になっているのが多いので、
決算相場の乱高下が好きではない場合は、
思いっきり様子見でもいいのではないでしょうか。

ただし、日経225の先物の短期トレーダー(デイトレーダー、スキャルピング)には
変動幅の大きいチャンスでもあります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】
日経平均(円)
22,451.86      -21.06(-0.09%)
ドル・円
108.78 – 108.79    +0.14(0.12%)
ユーロ・円
120.54 – 120.58    +0.65(0.54%)
ユーロ・ドル
1.1082 – 1.1085    +0.0047(0.42%)
NYダウ工業株30種(ドル)
27,001.98      -22.82(-0.08%)
S&P500種
2,989.69       -5.99(-0.19%)
ナスダック
8,124.184       -24.522(-0.30%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/