TOPICS

2019/11/15

2019年11月15日の日経概況

2019年11月15日の東京株式市場は3営業日ぶりに反発しました。
終値は前営業日比161円77銭(0.70%)高の2万3303円32銭でした。
米中貿易合意についてポジティブ材料が出たことや
香港市場が落ち着きを見せ始めた動きを受けて3桁の上昇になりましたが、
週間ベースでは軟調な動きで終わりました。
材料難が予想される来週ですが、底値は固く推移することが予想されます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は小幅で反落しました。
ダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに小幅に反落して、
前営業日比1ドル63セント安の2万7781ドル96セント、
ナスダック総合株価指数は下落して
前営業日比3.084ポイント安の8479.017で取引を終えました。

上昇か下落かいうよりは材料不足により
方向感に欠ける展開でした。
最高値を連日で更新してきたことで利益確定の売りが出やすい
タイミングにあったことも要因です。

貿易摩擦に関してもネガティブ・ポジティブ材料が
混在して出てきたことも市場に悩みを与え続けましたが、
どちらかにポジションを傾かせるのも難しく、
様子見の売買に終始しました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は米国高官の発言内容が好感され
3日ぶりに反発して今週の取引を終えました。
米国家経済会議のクドロー委員長が、
米中貿易協議の合意は近づいていると発言、
朝に伝わった日本市場はポジティブな反応で取引をスタートしました。

トランプ氏がまだ署名する準備ができていないなど、
混乱材料も一緒に入りましたが、
徐々に合意に至る道筋が見えてきたと受け止められ、
3桁の上昇を確保しました。

また、香港のデモで軟調な動きを見せていた
株式相場が落ち着きを取り戻すように推移したことも
円高基調を一腹させ、市場を支える要因になりました。

前日の動きとは反対で、鉱業、石油の2業種以外はすべて上昇、
海運業、精密機器などの景気敏感銘柄に加えて、
水産、倉庫などの内需の一角にも買いが入りました。

東証1部の売買代金は概算で2兆2269億円、
売買高は13億6514万株でした。
値上がり銘柄数は1711、
値下がりは370、変わらずは73銘柄でした。

日経の日足は高値を切り下げ、
安値は切り上げる持ち合いで、
上下ヒゲを持つ陽線を形成しました。

10/15以来、支えになっていたボリンジャーバンドの+1σは
本日は抵抗に変わり、高値が近づいて行くと
一目均衡表の転換線と重なったこともあり、
上値が抑えられました。

前日までは「下げが2-3日加速することが予想されます。」と解説、
本日は下げに転じてから3日目になっているので、
テクニカル的にはここで反発する位置にきました。

来週も下げる場合は23,000円付近で下げ止まるか、
またはギャップを開けた前回の終値(11/01の終値)が
下げ止まるかが確認ポイントになります。
逆に上に振れる場合は、早い時間にトレンド転換したことで
上昇は加速します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

今週は前半好調、後半失速で、全体的には
軟調な動きになりました。
前半に年初来高値を更新、すかさず香港情勢の緊迫化に地政学リスクの高まり、
中国経済指標の悪化などを受け、心理が悪化した後は
本日の上昇で終わりました。

来週は米中の貿易合意関連で揺れやすい中で
底値は固い展開が予想されます。
根底にあるのは「材料難」です。

日米共に決算発表のピークを過ぎたこと、
パウエル議長の証言を無事通過したことなど
注目のイベントが終わった来週は、
方向感を決めるようなイベントが不在で
市場は米中の貿易合意に関連するニュースに揺れやすくなります。

底値が固いと予想する理由は、
下げる材料が見当たらないこと、押し目買いの存在です。
交渉決裂など、極端なネガティブ材料がない限り、
大きく売り込まれる流れにはなりにくく、
例え下げた場合でも23,000円節目付近では
押し目を待っている投資家が多いことから
一回押されたとしても、支えられやすくなります。

注目の業種は日経の動きと類似する
週前半押され、後半反発を見せた
化学、海運業、非鉄金属などの景気敏感セクターです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】
日経平均(円)
23,303.32 +161.77(0.70%)
ドル・円
108.51 – 108.52 -0.23(-0.21%)
ユーロ・円
119.60 – 119.64 -0.12(-0.10%)
ユーロ・ドル
1.1021 – 1.1024 +0.0011(0.09%)
NYダウ工業株30種(ドル)
27,781.96 -1.63(0.00%)
S&P500種
3,096.63 +2.59(0.08%)
ナスダック
8,479.017 -3.084(-0.03%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/