TOPICS

2019/11/22

2019年11月22日の日経概況

2019年11月22日の東京株式市場は反発しました。
終値は前営業日比74円30銭(0.32%)高の2万3112円88銭でした。
米国上院で可決された「香港人権・民主主義法案」に、
トランプ氏が署名するとの報道が流れて米国市場が下落、
日本はその流れを引き継ぎ小幅やすくスタートしました、
貿易合意への進展期待は根強く、下げ幅を縮小した後、
ファーウェイの調達計画などが市場を牽引し、
上昇しながら今週の取引を終えました。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

米国市場は続落しました。
ダウ工業株30種平均は3営業日続落して、
前営業日比54ドル80セント(0.2%)安の2万7766ドル29セント、
ナスダック総合株価指数は小幅に2日続落して
前営業日比20.521ポイント(0.2%)安の8506.211で取引を終えました。

前日同様、米中関係をめぐる
ポジティブ、ネガティブニュースが流れ方向感のない
拮抗する動きに終始しました。

米国上院で「香港人権・民主主義法案」が可決され、
トランプ氏が署名するとの報道が流れて
中国政府は反発を強めており、市場を下押ししました。

安値圏付近では米中貿易合意に関連して、
「米政府は12月予定の対中追加関税の第4弾の発動を見送る」と
報道されたことで買い支えが入りました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向】

日本市場は押し目買いと、まだ上げにくいとの
心理がぶつかり合う相場でした。
米国市場の下落を受けて小幅やすくスタートしましたが、

直近の下げ幅が370ドルを超えて
割安感が進展したことを受け、下値を拾う買いが入りました。
市場を救ったのはファーウェイ、

ファーウェイの会長が日本企業からの部品調達を
来年にかけて大幅に増やすとの発言をしたことで、
電子部品業種に大きく買いが入ったが他、
直近の下げがきつかった景気敏感銘柄を中心に買いが続いたことで、
プラスに転じて今週の取引を終えました。

商いは2兆円を再び割り込みました。
東証1部の売買代金は概算で1兆9031億円、
売買高は11億1711万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1079、
値下がりは952、変わらずは123でした。

日経の日足は前日の下ヒゲの長い陰線で
下げ止まりのサインを出してから、
本日は上髭付きの陽線を形成、トレンド転換してきました。

価格では気にしていた23,000円で支えられたことになり、
25日線も明確に意識された形です。
しかし、トレンド転換したとはいえ、
まだ上に行くとは決まってないので、
来週は本日の高値を超えてくるかを確認するのが
ポイントになります。

週足では2週連続の陰線を形成しましたが、
まだ23,000円を割り込んでないところだけでは
投資家心理は支えられた気持ちになります。

前日は「ここで切り返すと支えられたと解釈され、
まだ上昇トレンドに早く戻る可能性は残るでしょう。」と解説、
その通りになるかは来週の月曜日の形をみて判断します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

日経は2週連続、軟調な流れになりました。
米国市場の上昇を好感した買いが入ったことは
前半を支えましたが、
割高感の広がりを受けて、利益確定が後半に進んだことは
市場の重石となりました。

来週は景気動向を把握する経済指標の発表が多く予定されています。
日本では29日金曜日に10月有効求人倍率および失業率、
10月鉱工業生産、住宅着工統計など
民間部分の需要と、個人消費の動向を示す指標が多く予定されています。

米国は26日の10月新築住宅販売件数、
27日に7-9月期GDP改定値および、10月耐久財受注、
米10月個人消費支出・個人所得など
日米ともに家計部門の堅調さを確認できる指標が多く予定されています。

指標発表予定から考えると市場は揺れやすいですが、
日本市場は23,000円という節目で切り返してきたことから
堅調な動きを維持しながら、
週末は様子見になりやすいでしょう。

28日は米国市場が感謝祭により休場、
29日からは日本でも定着しつつあるブラックフライデーで
年末商戦がテープが切られます。

経済指標によって市場が動きながらも
下値が固く推移することが確認できれば
日本市場は再び上を目指す動きになるでしょう。
さらに支援材料として米中関係の先行きにすこしでも
ポジティブな展望が出る場合はさらに上げを強めるでしょう。

その際は、本日から反発をみせた景気敏感銘柄、
電気機器、機械などの輸出、
そして精密機器に対して物色を広げれば
有効な戦略になり得るでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】
日経平均(円)
23,112.88 +74.30(0.32%)
ドル・円
108.60 – 108. +0.03(0.02%)
ユーロ・円
120.20 – 120.24 -0.01(0.00%)
ユーロ・ドル
1.1069 – 1.1072 -0.0003(-0.02%)
NYダウ工業株30種(ドル)
27,766.29 -54.80(-0.19%)
S&P500種
3,103.54 -4.92(-0.15%)
ナスダック
8,506.211 -20.521(-0.24%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/