TOPICS

2020/05/29

2020年5月29日の日経概況

2020年5月29日の東京株式市場は5営業日ぶりに反落しました。
終値は前営業日比38円42銭(0.18%)安の2万1877円89銭でした。
米国市場が反落した流れを引き継ぎ、日本市場も売りが先行してスタート、
下げ幅を広げる場面もありましたが、
経済活動の再開期待が広がり市場を支えました。
小幅に下落はしましたが、週間では大きく上昇して節目を突破したところに
終値を落として1週間の取引を終えました。
本日も最後までしっかりお読み下さい。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は反落しました。
ダウ工業株30種平均は反落して、
前営業日比147ドル63セント(0.6%)安の2万5400ドル64セント、
ナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落して
前営業日比43.37ポイント(0.5%)安の9368.99で取引を終えました。

朝方発表された新規失業保険申請件数が
先週から減少、継続受給件数も減ったことで
上昇幅が200ドルに達する場面もありました。

午後に入ると、対中国で厳しい姿勢を見せている
トランプ氏が29日、中国に関する会見を開くと伝えたことが
市場の流れを一変させました。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場が反落した流れを引き継ぎ、
売りが先行してスタートしました。
前日までの4営業日で1500円以上を上げてきたことで
利益確定売りが出やすいタイミングであったことも
下げを広げる要因となりましたが、
午後からは戻して寄り付きを超えて今週の取引を終えました。

29日の夜に開かれる予定の
トランプ氏の記者会見に対して
内容を見極めたいとの心理で、マイナスが広がりましたが、
東京都の休業要請緩和の見通しなど、
経済活動の再開期待は市場を支える要因となりました。

今週に入って注目するように説明した
精密機器が上昇率2位、
食料品、倉庫などの内需関連に加えて、医薬品が上昇しました。

日経の日足は短い上下ヒゲを持つ短陽線を形成しました。
終値では下げていますが、
前日の高値と安値を切り上げているので
形では上昇になりました。

前日は「週末の金曜日で、利益を確定する動きが
出やすいタイミングではありますが、
22,000円を1回超えてから
戻して終わる事は大きな意味を持ちます。」と解説、
本日は22,000円を超えることができませんでした。

大きく下げる要因もなく、
高値は22,000円付近、安値は200日移動平均線に挟まれているので、
上か下、どちらかに振れる準備をしているように見えます。

いずれにしても下げにくい相場と言う事は間違いないので、
来週も調整が続く場合は
短い期間でトレンド転換になる可能性もあることに注意してください。

MSCI採用銘柄の変更に伴う売買が膨らみ、
商いが膨らみました。
東証1部の売買代金は4兆6423億円、
売買高は23億8386万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1438、
値上がりは674銘柄、変わらずは58銘柄でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

4日で1,500円以上を上げた盛り上がりは
一旦本日落ち着きましたが、
月末と週末が重なるという日柄から考えると、
むしろ上昇と言ってもいいほど、しっかり守りました。

米国も市場が高値圏で推移する中、
市場が直面しているのは米中対立の激化です。
本日の夜トランプ氏が対中政策について記者会見する予定ですが、
堅調な動きを見せるこの相場を壊さないために
「見た目強め」位の発言に留めておくのか、

支持率をさらに回復させるために強硬な
姿勢で出るのか、注目が集まります。
発言内容によっては米国市場に少なからず影響が出て、
週明けの日本市場にも影響が出る可能性が高いでしょう。

強い上昇トレンドが消えたわけではないので、
今週入ってからも伝えている通り、
1回調整に入ったら次の押し目買いチャンスが訪れると
心に決めておいてください。

よって、前半は押し目作り、
後半から切り返す動きを想定しています。

今週に入って目立つ動きは大型株に資金が回ってきたこと、
手遅れ感が強かった金融関係、空運行、陸運業に
資金が流れ始めたことです。
上記の業種に注目しつつ、トランプ氏の発言によっては
リスクが意識され内需、ディフェンシブ系が動き出しますので、
合わせて物色しておきましょう。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
21,877.89 -38.42(-0.18%)
ドル・円
107.17 – 107.19 -0.65(-0.60%)
ユーロ・円
119.08 – 119.09 +0.43(0.36%)
ユーロ・ドル
1.1106 – 1.1108 +0.0102(0.92%)
NYダウ工業株30種(ドル)
25,400.64 -147.63(-0.57%)
S&P500種
3,029.73 -6.40(-0.21%)
ナスダック
9,368.989 -43.369(-0.46%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/