TOPICS

2020/06/12

2020年6月12日の日経概況

2020年6月12日の東京株式市場は続落しました。

終値は前営業日比167円43銭(0.75%)安の2万2305円48銭でした。

新型コロナの感染が再拡大する懸念で米国市場が

歴代4番目の下げ幅を記録し、日本市場も大きく売りが先行しました。

下げ幅を600円台まで広げた後は、

押し目買いが入ることで、急速に戻しながら今週の取引を終えました。

日銀金融政策決定会合が予定されている来週、

本日も最後までしっかりお読み下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

【米国市場の動向】

 

米国市場は大きく下落しました。

ダウ工業株30種平均は大幅に続落して、

前営業日比1861ドル82セント(6.9%)安の2万5128ドル17セント、

ナスダック総合株価指数も大きく下落して

前営業日比527.62ポイント(5.3%)安の9492.73で取引を終えました。

 

歴代4番目の下げ幅でした。

経済再開を中心に新型コロナの感染が再拡大していることを受け、

経済活動の正常化が遅れとの懸念が

投資家心理を悪化させました。

 

直近の市場回復を牽引してきた

フェイスブック、アップル、マイクロソフトなど

主力のハイテク関連銘柄に売りが集中したことも

下げ幅を広げる要因となりました。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

【日本市場の動向】

 

日本市場は米国市場の大幅下落に揺らぎ、

大きく売りが先行してスタートしました。

朝方は下げ幅を広げ、

21,786円と22,000円を割り込むところまで進みましたが、

 

直近の大きな上昇に乗れず、 押し目を待っていた個人投資家たちの

買いがここから活発に入ることで、

下げ幅は縮小、22,000円台を回復してからは上昇幅を広げ

100円台の下げ幅まで戻してから今週の取引を終えました。

 

その他製品業種のみが上昇、

のこりの32業種はすべて下落、

特に金属製品、非鉄金属、ガラスなどの素材系、

銀行、証券、その他金融などの金融関連が推されました。

 

日経の日足は変動性の高い形を形成しました。

前日の終値から下放れしてスタート、

そのまま下落しましたが、途中から戻して

陽線引け、高値と安値を切り下げて

形でも下落にはなりましたが、

押し目買い意欲がまだ強いという心理が現れています。

 

下向きのギャップを形成しましたが、

安値では200日移動平均線まで進んでから引き返し、

支えとして期待されている心理が見えます。

 

ただし、真理が見えているだけでまだ

支えられたとは確定できないので、

来週200日線付近でトレンド転換するのを確認できない場合は

より深い調整に入って行きます。

 

商いは6月物SQ算出に伴う売買で膨らみ、

東証1部の売買代金は3兆3246億円、

売買高は19億416万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1899、

値上がりは241、変わらずは29銘柄でした。

前日に続き全体の9割弱が下げる全面安でした。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

 

6月もいつの間にか2周目が終わりました。

結果は週間で558円安、2.4%の下落率で

週間ベースでは4週間ぶりの下落でした。

 

朝方は米国市場の大幅な下落を受けて、

証券会社のシステムにアクセスが集中、

ログインできないなど不具合が生じるほど、

一時パニックに陥る心理が目撃されました。

 

終わってみると、

個人投資家の押し目買いにより、100円台の下落まで戻して、

むしろ日本市場の強さが認識できると同時に、

不安定さが増していることがわかります。

 

来週は15日~16日に開かれる日銀金融政策決定会合が

市場の流れを左右する分岐点になりそうです。

大きな政策変化はないというのが市場のコンセンサスですが、

 

今週のFOMCでは「材料なし」が下落の要因になったことを

踏まえると、黒田総裁の発言内容には注目が集まります。

せっかく回復してきた市場を再び浮上させる発言力があるのか、

その内容によっては、むしろ推される流れも予想されるので要注意です。

 

マザーズ→大型景気敏感と資金がシフトしてきた

経緯と週後半の動きから考えると、

ふたたびバイオ関連のマザーズ市場、

ハイテク関連業種には押し目の後の反動による

利益が期待できるので、注目してみましょう。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

【各市場の動き】

日経平均(円)

22,305.48         -167.43(-0.75%)

ドル・円

107.43 – 107.45   +0.50(0.46%)

ユーロ・円

121.59 – 121.60    +0.09(0.07%)

ユーロ・ドル

1.1316 – 1.1318    -0.0046(-0.40%)

NYダウ工業株30種(ドル)

25,128.17         -1,861.82(-6.89%)

S&P500種

3,002.10         -188.04(-5.89%)

ナスダック

9,492.727         -527.619(-5.26%)

 

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは

TBLのホームページでご覧頂けます。

 

http://www.tbladvisory.com/topics/