TOPICS

2020/01/06

2020年1月6日の日経概況

<新年の始まりに>
少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
代表のジョンです。
みんなが期待を込めて待っていた2020年、
新たな20年代が始まると年であると同時にオリンピック、
5Gの本格普及など数々の大事なイベントが予定されている年でもあります。
波乱の幕開けになった2020年、
変わらぬ努力と情熱を持ってみなさまをサポートしていきます。
今年もよろしくお願い致します。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2020年1月6日の東京株式市場は大きく続落しました。
終値は前営業日比451円76銭(1.91%)安の2万3204円86銭でした。
米国とイランの対立が激化、地政学リスクが意識され
米国市場が下落、日本市場もその流れを引き継ぎ下げスタートとなりました。
景気敏感銘柄を中心に下落し、500円を超える下げ幅まで進みましたが、
円高傾向が収まる気配を見せると下げ幅を縮小させながら取引を終えました。
リスクが意識され波乱のスタートとなった市場に対する戦略を含め、
本日も最後までしっかりお読みください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は反落しました。
ダウ工業株30種平均は反落して、
前営業日比233ドル92セント(0.8%)安の2万8634ドル88セント、
ナスダック総合株価指数も反落して
前営業日比71.419ポイント(0.8%)安の9020.770で取引を終えました。

前営業日まで最高値を更新し続けましたが、
米国とイランの対立が激化、
地政学リスクが意識されました。

安全資産に資金をシフトする動きが出て、
債券が買われた結果、長期金利は上昇、
利ざやの縮小が懸念された金融関連銘柄にも売りが広がりました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

2019年の大発会を迎えた日本市場は
地政学リスクが意識され、大きく売りが先行してスタートしました。
336円安で寄り付いた日経は
地政学リスクの影響を受けやすい海運などの景気敏感株、
外国人が反応しやすい(外国人の保有率が高い)
ファーストリテイリング、トヨタなどが大きく売られました。

500円以上を下げる全面安の動きから
下げ幅を縮小させ、400円台の下げ幅で終わりましたが、
2業種以外の31業種はすべて下落しました。

中東をめぐってのリスクであるがゆえに
原油供給の逼迫が懸念され
石油・石炭製品業種は買われましたが、
燃料代高騰が懸念される空運業は下落率2位を記録しました。

東証1部の売買代金は概算で2兆2246億円、
売買高は12億1971万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1835、
値上がりは277、変わらずは49銘柄でした。
値下がり銘柄数85%を及び、
ほぼ全面安の展開になりました。

日経の日足は上下ヒゲを持つ陰線を形成しました。
前営業日の終値から下離れしてスタート、
そのまま下落そのままキャップを形成しました。

支えとして期待されていた25日移動平均線を下に抜けて
一気に2019年12月4日の安値まで近づきました。
12月4日の安値を過ぎると
23,000円が支えになってくれることが期待されますが、

それまで下に抜けると調整が深くなり、
75にち線移動平均線を一回下に抜ける動きも予想されます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

新年早々、波乱の幕開けになりました。
2018年の12月は24,000円を突破するなど
希望を持たせて、若干調整入りかという形で大納会を迎えましたが、

新年休みの間に起きた米国とイランの対立をめぐって
米国市場が幅のある下落を見せ、
日本市場はその影響と円高のダブルパンチで下げ幅を拡大させました。

大発会に大幅に下落するのは2019年の1月4日続いて
2年連続です。
「大発会で下落すると1年全体で下がる」というアノマリーがありますが、

2019年はその例外となり、18.2%の上昇で
取引を終えています。
新たな地政学リスクで不安なスタートとなった日本市場、
当分は波乱含みの下押し圧力が強まると考えるのがよいでしょう。

地政学リスクに加えて、市場で懸念されるのは
リーマンショック以来の低い結果になった
米国のISM指数、欧州も負けないくらい悪い景気指数など
景気の底打ちが確認できなかったということです。

日本市場も消費税増税の影響が数字として現れるのは
1-3月の四半期で、
下押し圧力が強くなるというのは年末の特別講座でも説明した通りです。

ただし、5G、半導体関連市況の回復に加えて
オリンピックへの期待がピークに対する4-6月期は
再び日経の回復が見られるので、
1-3月は空売りの比率を増やすと共に、
年末講座で注目するように解説した銘柄は
割安で仕込みをするチャンスとして捉えることを
基本戦略として立てておいてください。

不安なスタートになったとは思いますが
みなさまのそばにはジョンがいます。
安心して共に歩んでください。
2020年もよろしくお願いします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
23,204.86 -451.76(-1.91%)
ドル・円
107.99 – 108.00 -1.15(-1.05%)
ユーロ・円
120.89 – 120.90 -1.29(-1.05%)
ユーロ・ドル
1.1194 – 1.1197 -0.0001(0.00%)
NYダウ工業株30種(ドル)
28,634.88 -233.92(-0.81%)
S&P500種
3,234.85 -23.00(-0.70%)
ナスダック
9,020.770 -71.419(-0.78%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/