TOPICS

2020/01/17

2020年1月17日の日経概況

2020年1月17日の東京株式市場は続伸しました。
終値は前営業日比108円13銭(0.45%)高の2万4041円26銭でした。
米国市場が堅調な個人消費を背景に3指数揃っての最高値更新、
日本市場はその流れを引き継ぎ買いが先行してスタート、
24,000円台をキープしながら今週の取引を終えました。
決算発表が来週からスタートすることで、上値は縮小されながら引けましたが、
上昇トレンド継続の可能性は濃くなってきました。
本日も最後までしっかりお読みください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は続伸しました。
ダウ工業株30種平均は4日続伸して、
前営業日比267ドル42セント(0.9%)高の2万9297ドル64セント、
ナスダック総合株価指数は2日続伸して
前営業日比98.436ポイント(1.1%)高の9357.131で取引を終えました。

S&P500種株価指数も続伸して
ダウ工業株30種平均、ナスダック総合株価指数と合わせて
3指数すべてが最高値を更新しました。

個人消費など経済指標の堅調さが投資家心理を改善させ、
発表が相次ぐ企業業績が市場予想を超えるケースが目立ち、
市場は総じて強気継続です。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は外部環境の改善が続き、
買いが先行して、24,000円を超えてからの
スタートとなりました。

米国市場では3指数揃っての最高値更新、
その要因となっているのが個人消費の好調を示す経済指標、
中国からも2019年12月の工業生産高、小売売上高などが
市場予想を上回る結果になったことを背景に、
上げ幅を拡大させました。

来週から本格化する決算発表の結果を見極めてから
買いを進めたいという心理で一方的に買い上がる動きにはならず
上昇幅を縮小させながら今週の取引を終えました。

33業種中27業種が上昇、
小売、食料品、水産などの内需に売りがでました。
上昇率の上位を占めるのは鉄鋼、海運、金属背品などの
輸出・景気敏感セクターでした。

商いは早速2兆円を回復、
東証1部の売買代金は概算で2兆13億円、
売買高は10億7935万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1194、
値下がりは837、変わらずは129銘柄でした。

日経の日足は短い上下ヒゲをもつ陰線を形成、
前日の終値から上放れしてスタート、
前日の高値にも振れない上向きのギャップを形成しました。

安値では24,000円まで接近にしましたが
早速戻して24,000円が支えになる可能性が出てきました。
支えになると確定できないのは
昨年2019年12月17日の動きを見ればわかります。

24,000円を一回上に抜けて
新たな上昇トレンドが始まるように見えましたが、
その後は早速24,000円を割り込んで調整に入りました。
来週は本日の高値を上にぬけるかを確認することからスタートです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

日本市場が24,000円台に安着しそうだということより
気になるところは米国市場の勢いとズレが大きいということです。
気づいてみるとダウは29,000ドルのせで、

強気一変度の時はどことん買い上がる
米国投資家たちの傾向から考えると
“3万ドル”というのも規定事実として受け入れられている雰囲気です。

一方、日経はその勢いを味方にできず、
110円台の円安という追い風を受けながらも
投資家たちの慎重姿勢に押されている様子です。

決算が気になるというのが大きな要因になっている分、
好業績が確認できれば上値を抜けて上昇トレンドに入っていくことも
予想できますが、そのタイミングが米国で3万ドルを達成して
その達成感から来る売りによる調整に合う時にならないかと
懸念が湧き出てきます。

来週は業績発表相場で、物色が進む銘柄に売り買いが集中することから
方向感は掴みにくいことが予想されます。
この時期を無事に通過することにより、
上昇トレンド継続になるでしょう。

注目されるのは23日の日本電産とディスコ、
半導体・部品系の注目度が高まる今年の雰囲気に
水を刺すことにならなければ上値は軽くなるでしょう。

注目のイベントは
20-21の日銀金融政策決定会合、
21日に黒田日銀総裁による会見が予定されています。

米国市場はキング牧師誕生記念日で月曜日が休場、
21日がネットフリックス、IBM
23日にインテルなど、ハイテク関連銘柄の決算発表が相次ぎ、注目されます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
24,041.26 +108.13(0.45%)
ドル・円
110.21 – 110.22 +0.24(0.21%)
ユーロ・円
122.72 – 122.73 +0.13(0.10%)
ユーロ・ドル
1.1135 – 1.1138 -0.0012(-0.10%)
NYダウ工業株30種(ドル)
29,297.64 +267.42(0.92%)
S&P500種
3,316.81 +27.52(0.83%)
ナスダック
9,357.131 +98.436(1.06%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/