TOPICS

2020/01/31

2020年1月31日の日経概況

2020年1月31日の東京株式市場は大幅に反発しました。
終値は前営業日比227円43銭(0.99%)高の2万3205円18銭でした。
米国市場が上昇したことを受け、買いが先行してスタート、
440円の上昇幅を見せる場面もありました。
週末要因で利益を確定して様子見する動きが次第に広がり、
200円台の上昇幅まで縮小して今週の取引を終えました。
本日も最後までしっかりお読みください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は続伸しました。
ダウ工業株30種平均は続伸して、
前営業日比124ドル99セント(0.4%)高の2万8859ドル44セント、
ナスダック総合株価指数も続伸して
前営業日比23.770ポイント(0.3%)高の9298.934で取引を終えました。

新型肺炎の拡大懸念が市場を抑えましたが、
WHOが30日、「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」と宣言したことで
感染防止のための国際協力に期待がかかり、
押し目買いの意欲を促しました。

増収増益決算の結果になったマイクロソフトが買われ、
債券利回りの縮小に歯止めがかかったことを背景に
銀行銘柄が買われたことも市場を押し上げましたが、
上昇幅には限界がありました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場の上昇を受けて
その流れを引き継ぐと共に、
好決算を発表した銘柄が物色される動きが中心で反発しました。

朝方は大きく上昇してスタート、
WTOが発表した緊急事態宣言の内容に
貿易や移動を制限する勧告が含まれてないことが好感され、
上昇幅は440円以上に達する場面もありました。

前日の下げ幅をカバーするところまで進み、
買いが一巡した後は香港指数の伸び悩み、
残った決算結果を見極めたい心理が動いた結果、
上昇幅を縮小させながら取引を終えました。

33業種中30業種が上昇する中、
精密機器、鉄鋼などの輸出関連業種が物色され、
機械、医薬品業種にも買いが広がりました。

一方、石油・石炭、鉱業、その他製品の
3業種が売られました。

東証1部の売買代金は概算で2兆6149億円、
売買高は13億7692万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1507、
値下がりは573銘柄、変わらずは79銘柄でした。

日経の日足は長い上ひげを持つ陽線を形成しました。
大きく買いが先行してスタートしましたが、
前日の下げ幅を表す日足の実体付近でスタート、
75日線を超えて、23,400円を超える場面もありました。

午前中には戻す動きに転換した後、
75日線を再び割った後は小幅の動きに終始、
終値では再び75日線を超えられず、
余韻を残しながら取引を終えました。

前日は「ここから戻りを試す動きになっても
75日線は抵抗に変わる可能性があり、
警戒が必要です。」と解説、その通りの動きになったので、
来週は本日の安値を割り込み、再び下げ始めるかが確認ポイントです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

「こんなに疲れる相場ならやめたいほどです」
最近寄せられた読者からの感想です。
その気持ちはよく分かりますし、止める必要もないと思います。

「やめたければやめるがいい」です。
もちろんこの懸念事項が収束して安定するまでです。
格言にあるとおり「やらないも相場」で、
これは実績に責任を持たない個人投資家の「特権」でもあります。

波乱万丈な1週間が終わって
アップルが最高益を更新するなどポジティブなニュースもいくつかありましたが、
米国が持ち直した割には、日本の回復にはまだ弱さが見られます。

週末を挟んで2月相場入りですが、決算がピークを迎える上に、
新型肺炎の影響が収まることは想定しにくいので
今週のような神経質な相場が続くと予想します。

3日は村田製作所、
4日はソニー、NTTデータ、HOYA
5日には丸紅、三菱商、伊藤忠などの商社系の決算が注目されます。

注目が集まるのは3日のアルファベット(グーグル)の決算で、
同日は中国の1月財新製造業PMI、
米国の1月ISM製造業景気指数などの注目指標も発表されます。

週末の米国市場が安定した動きをみせ、
日本企業の業績も好調ぶりが確認されると
短い反動から来る上昇がみられますが、
新型肺炎による景気への影響はまだ数字として現れてないので、
中・長期的な保持を考えている銘柄がより詳細な分析が必要になります。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
23,205.18     +227.43(0.99%)
ドル・円
109.05 – 109.06 +0.19(0.17%)
ユーロ・円
120.26 – 120.27 +0.39(0.32%)
ユーロ・ドル
1.1027 – 1.1030 +0.0016(0.14%)
NYダウ工業株30種(ドル)
28,859.44 +124.99(0.43%)
S&P500種
3,283.66 +10.26(0.31%)
ナスダック
9,298.934 +23.770(0.25%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/