TOPICS

2020/03/06

2020年3月6日の日経概況

2020年3月6日の東京株式市場は大幅に下落しました。
終値は前営業日比579円37銭(2.72%)安の2万0749円75銭でした。
6ヶ月ぶりの安値を記録して、ついに21,000円台を破りました。
米国市場が大きく下落した流れを引き継ぎ、
為替市場では105円まで円高が進みました。
韓国と中国に対する入国制限は景気への影響を深めるとの懸念で
下げ止まりの目処が立たない動きになりました。
本日も最後までしっかりお読み下さい。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は大幅に反落しました。
ダウ工業株30種平均は大幅に反落して、
前営業日比969ドル58セント(3.6%)安の2万6121ドル28セント、
ナスダック総合株価指数も反落して
前営業日比279.493ポイント(3.1%)安の8738.595で取引を終えました。

米国一部の州で感染者数が倍増し、
新型肺炎の感染拡大が懸念され、投資家心理がさらに悪化しました。
下げ幅は1,100ドルに達する場面もあり、
全面安、全面高の乱高下相場が続きます。

企業が出張を禁止するなど移動が制限されることから航空会社が大きく下落、
債券価格の上昇による長期金利の低下で
銀行株も大きく売られました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は外部環境、内部環境のすべてが
ネガティブな方向に動きました。
米国市場が一時11,000ドルを超える下げ幅を見せるなど
大幅な下落を見せたほか、

リスクを意識した円買い・ドル売りが進んで
105円台の円高に進みました。
韓国と中国に対する入国制限は
経済の停滞を引き起こすと懸念され、
売りが進みました。

自動車をはじめとする輸出関連銘柄が幅広く売られ、
米国の長期金利低下を受けて、
銀行株も大きく売られました。

日経の日足は上下ヒゲを持つ陰線を形成しました。
前日の終値から下離れしてスタート、
そのまま陰線になった上に、
3/2の安値まで割り込んだので、売りが膨らみました。

直近の安値を割ったことで、投資家心理がさらに悪化しました。
2019年9月2-4日の間に形成された安値から上放れして
上昇トレンドが発生しましたが、その安値に近づいてきました。
この安値まで割ると20,000円が視野に入ります。

今夜の米国市場次第では、さらなら安値の深掘りも
ありえる位置と投資家心理なので、
買いはまだ慎重になっているのがよいでしょう。

東証1部の売買代金は概算で2兆5255億円、
売買高は13億8384万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1115、
値下がりは943、変わらずは105銘柄でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

踏んだり蹴ったりとはこのような状況でしょうか。
米国市場の大幅な下落、
105円までの急激な円高の進行、
主要観光入国者に対する入国制限など
慰安材料になりそうなのは見当たらないほどです。

人間の感覚はまた不思議なもので、
あまりにも大きく変動してきたことから、
400,500円の上昇、下落は「小幅」にすら見えます。

新型肺炎が米国から広がりをみせるのは
決してプラス材料にはならず、
来週もリスク要因は健在です。

こんなところで何を買いますか?という質問に対しては、
今は上がる銘柄を見つける方が楽なのか、
下がる銘柄を見つけて空売りする方が楽なのかを
考えると答えは明確だと思います。

ここまでくると、売る人はみんな売ったという雰囲気なので、
セーリングクライマックスが近づいているのは間違いないですが、
ちょっとの変動また喜んで買っていく場面ではありません。
これは2週間前から一貫して言っていることなので守ってください。

今週は先週出てきた底打ち感から、
弱い勢いでありながらも反発に期待をしていましたが、
クライシスの進行はどれだけ強く市場を支配するのかを見せつけられました。

ここまでくると17~18日の(米国)FOMC、
18~19日の日銀金融政策決定会合でさらに強力な政策の発表が期待されますが、
その前までは底値を探り、下げ止まるのに重点をおく
展開が予想されます。

持っている空売りのポジションは利益を伸ばし、
買いは控えるようにしましょう。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
20,749.75 -579.37(-2.72%)
ドル・円
105.88 – 105.89 -1.48(-1.37%)
ユーロ・円
119.02 – 119.06 -0.40(-0.33%)
ユーロ・ドル
1.1241 – 1.1244 +0.0118(1.06%)
NYダウ工業株30種(ドル)
26,121.28 -969.58(-3.57%)
S&P500種
3,023.94 -106.18(-3.39%)
ナスダック
8,738.595 -279.493(-3.09%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/