TOPICS

2020/04/20

2020年4月20日の日経概況

2020年4月20日の東京株式市場は反落しました。
終値は前営業日比228円14銭(1.15%)安の1万9669円12銭でした。
米国市場はギリアド・サイエンシズの治療薬が
新型コロナウィルスの感染者に効果があることが確認できたとの報道で、
投資家心理が改善して大きく上昇しました。
日本は感染者数の減少が見られないことから、
200円を超える下げ幅でスタート、まともに反発を試みることもできず
285円に安まで進んだ後は228安で引けました。
本日も最後までしっかりお読み下さい。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は大幅に続伸しました。
ダウ工業株30種平均は大幅に続伸して、
前営業日比704ドル81セント(3.0%)高の2万4242ドル49セント、
ナスダック総合株価指数は続伸して
前営業日比117.78ポイント(1.4%)高の8650.14で取引を終えました。

ギリアド・サイエンシズがエボラ治療剤として
開発した治療薬が新型コロナの患者に投与した結果、
改善がみられたと報じられ、投資家心理は期待に変わりました。

再選で焦るトランプ氏が段階的に経済活動の
再開を認める方針を打ち出したことも
市場心理の改善につながりました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場の好材料を引き継ぐことができず、
国内要因が影を落としました。
日本の感染者数はまだ緊急事態宣言の
効果をみるまで時間がかかり、

減少につながったとの証拠がないことから
市場は冷めた反応、
参加自体を見合わせる投資家が増えています。

285円まで下げ幅を拡大する場面がありましたが、
中小型株の物色意欲はまだ強い状態で、
下げ幅を縮小させながら取引を終えました。

証券、銀行、その他金融業などの金融関連が買われ、
不動産、サービス業もしっかり、
一方、精密機器、その他製品などが売られました。

日経の日足は短い上下ひげをもつ
短陰線を形成しました。
実体が非常に小さいので、十字架に近い形です。

上級の方は一目均衡表を見ると、
下くもにぶつかって抵抗にあっているのが確認できます。
前日の日足から高値は切り下げ、
安値は切り上げたので、
テクニカル上の形では持ち合いです。

高値圏で持ち合っているだけなので
早速下落すると失望するような流れではありません。
明日は17日の高値を抜けて
上に行く場合、下雲の中に入ることになります。
当然強い抵抗は予想されますので、
あまり焦る必要はないでしょう。

商いは2兆円を割り込む低調ぶりで、
東証1部の売買代金は概算で1兆9656億円、
売買高は10億6542万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1035、
値上がりは1060銘柄、変わらずは73銘柄でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

対応の早さによって結果がわかれる構図が鮮明になっていました。
日本の回復も明確ですが、目を貼るのは米国市場の強さです。
その中でも注目すべきはナスダック市場の強さですね。

1月2日の終値が9,092、先週末は8,650、
後3.5%で年初の水準まで戻るというところまで
戻してきました。
底を打ったのが3月23日だったことを考えると、
下げるスピードも早かったですが
回復も急ピッチで進んだと考えていいでしょう。

コロナウィルスの影響で恩恵を受け、
上場来高値を上昇更新しているNetflix、
アマゾン・ドット・コムが牽引していることを
考えると当然とも言える動きです。

全人類が取り込む課題となったコロナパンデミック、
京大の山中教授は日曜日(19日)のインタビューで
新型コロナ治療薬の開発において、
競争より結束を強調し、
「お金もうけを目的とせず気持ちを一つにすることが大切」と
述べておられます。
(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58242860Z10C20A4MM8000/)

治療薬が患者の改善につながったと報じられた
ギリアド・サイエンシズの株価は10%近くの上昇、
これが現実で、お金を欲しがる人間の欲望は終わりがなく、
利益を考えずに協力して作り上げよう、という
動きまでは中々つながりにくいのが現状です。

日本でもタカラバイオが開発中のコロナワクチンで
量産体制整備を構築して年内だけで
20万人分のワクチンを供給できる、などの
記事が出るなど、希望が見えるニュースも増えてきました。
(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58262020Q0A420C2TJ2000/)

コロナ関連の銘柄に資金が集中するのが既知のことではありますが、
その資金が人類の敵を敵対するのに
少しでも役に立つ方向に向いてくれないか、
矛盾する祈りを捧げる今日のこの頃です。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
19,669.12 -228.14(-1.15%)
ドル・円
107.82 – 107.83 +0.03(0.02%)
ユーロ・円
117.09 – 117.13 +0.37(0.31%)
ユーロ・ドル
1.0858 – 1.0863 +0.0030(0.27%)
NYダウ工業株30種(ドル)
24,242.49 +704.81(2.99%)
S&P500種
2,874.56 +75.01(2.67%)
ナスダック
8,650.141 +117.778(1.38%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/