TOPICS

2020/06/05

2020年6月5日の日経概況

2020年6月5日の東京株式市場は5日続伸しました。
終値は前営業日比167円99銭(0.74%)高の2万2863円73銭でした。
朝方は利益確定が先行し、前日の終値より安くスタートしました。
売りが一服した後は米国市場で景気敏感関連の業種が買われたこと、
ECBが予想を超える追加緩和に踏み切ったことなどを
好感してプラスに転じ、週間では985円(+4.5%)高で終わりました。
来週のFOMCは波乱材料になりそうですが、下値は固い動きが想定されます。
本日も最後までしっかりお読み下さい。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は続伸と反落、まちまちな動きになりました。
ダウ工業株30種平均は4日続伸して、
前営業日比11ドル93セント(0.0%)高の2万6281ドル82セント、
ナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反落して
前営業日比67.10ポイント(0.7%)安の9615.81で取引を終えました。

前日まで900ドル近く上げてきたことから、
朝方は利益確定の売りが先行、
下げ幅を190ドルまで広げる場面がありましたが、

7月から航空便の大幅な増便(国内線)が
伝わると、経済活動の先行きに対する期待から
下げ幅を打ち消し、小幅のプラスでひけました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は短期的な過熱感から
利益を確定する動きが先行してスタートしました。
売りが一巡した後は、米国市場で景気の底打ちに
期待した買いが入ってマイナス幅を消したこと、

欧州中央銀行(ECB)が追加金融緩和を
決定したことなどが好感され
投資家心理がリスクオンに傾きました。

米国市場でアメリカン航空が一時53%上げることを受け、
日本でも空運銘柄に買いが進んだ結果、上昇率1位
JAL<+9.74%>, ANA<7.06%>など
強く押された分、大きく盛り返しました。

その他、保険、銀行、証券などの金融関連銘柄にも買いが入り、
鉄鋼、海運などの景気敏感セクターにもしっかり買いが広がりました。

日経の日足は下ヒゲを持つ陽線を形成しました。
前日の終値より安く寄り付きましたが、
安くなる場面では前日の安値まで進まず、
プラス圏に戻して終りました。

ただし、高値では前日の高値を超えることができず、
テクニカルでは持ち合いを形成しながら
今週の取引を終えました。

終値でボリンジャーバンドの+2σの中に入ってきたので、
スプラッスは終了、
多くの側面で過熱感を解消する調整に入る形になりましたが、
それでもプラスで終わった事は
今後の動きもポジティブになることを示唆する流れでした。

東証1部の売買代金は2兆4542億円、
売買高は13億9217万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1154、
値下がりは943、変わらずは72銘柄でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

3週連続の上昇で985円(+4.5%)高、
日本市場が受け取った今週の成績レポートです。
我が子だったら抱きしめて喜んであげたい数字です。

動きを追ってみると、すべてのスタートは
先月25日以降、はい、もちろん、
緊急事態宣言の解除でした。

発表からなんと9勝1敗という事実からも
日本市場や投資家の心理がどれだけ抑圧されているかを
物語っているようです。

実態としては何も改善されてないのに、
この上昇はおかしいと言う意見はよく聞かれることですが、
繰り返して言っているように
株式市場は期待が先行するところです。

目先の景気が回復することを期待されると買われていきますし、
たとえそれが幻に過ぎなかったという事が半年後に判明されても、
失望による売りが広がるだけです。
市場に正しい、間違いではありません。
市場の動きを予想するのではなく、
動きに合わせることが投資家に求められることです。

本日のチャートは高値圏で持ち合う動きを見せた上に、
25日移動平均線の乖離率が9.44%、
75日移動平均線からの乖離率は13.34%を記録していることから、
1回上昇の一服があってもおかしくないタイミングです。

来週は9-10でFOMCが予定されており、
その動きによって波乱含みの週間になりそうです。
なんでもあり、というレベルまで緩和が出てきたところで、
市場は株高の局面、
度肝を抜くような新たな緩和策は出しづらい環境なので、
パウエル議長の発言には十分注意しておく必要があります。

業種としては空運が鬱憤を晴らすような動きを継続する可能性があり、
直近の高値を抜けようとする半導体関連など
景気回復局面で歓迎される銘柄・セクターに注目していきます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
22,863.73 +167.99(0.74%)
ドル・円
109.30 – 109.32 +0.24(0.22%)
ユーロ・円
124.02 – 124.04 +1.87(1.53%)
ユーロ・ドル
1.1345 – 1.1347 +0.0145(1.29%)
NYダウ工業株30種(ドル)
26,281.82 +11.93(0.04%)
S&P500種
3,112.35 -10.52(-0.33%)
ナスダック
9,615.813 -67.098(-0.69%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/