TOPICS

2020/07/17

2020年7月17日の日経概況

2020年7月17日の東京株式市場は続落しました。
終値は前営業日比73円94銭(0.32%)安の2万2696円42銭でした。
新型コロナウイルスの新規感染者数が6万人超と高止まりしていることで
米国市場は反落、日本市場は逆に新型コロナのワクチン開発に期待がかかり
買いが先行してスタートしました。
東京都の新規感染者数が293人と米国でも7万人超になったことが懸念され
マイナスに沈んで終わりましたが、週間では上昇になりました。
本日も最後までしっかりお読み下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は続伸しました。
ダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落して、
前営業日比135ドル39セント(0.5%)安の2万6734ドル71セント、
ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落して
前営業日比76.66ポイント(0.7%)安の1万0473.83で取引を終えました。

朝方発表された失業保険申請件数が
市場予想を超える数字で、
新型コロナウイルスの新規感染者数が
6万人超と高止まりしていることも加わり
投資家心理が悪化しました。

下げ幅は280ドル台まで広がりましたが、
ワクチン開発への期待は根強く残り、
下げ幅を縮小させながら取引を終えました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は新型コロナ関連のニュースが対立、
方向感のない動きになりました。
朝方はジョンソン・エンド・ジョンソンが
9月中に最終治験を始めると発表したことが好感され、
買いが先行してスタートしました。

好材料の効力は長続きせず、
東京都の新規感染者数が293人と
過去最多を記録したことや、
米国でも1日で7万人を超えたことが懸念され
マイナスに沈んで終わりました。

前日大きく上昇して
節目に近づいて行ったことから、
利益確定が出やすいタイミングにあったことを反映して
売りが先行してスタートしました。

東京都の新型コロナの感染者数が280人超、
過去最多を記録したことが明らかになると
下げが加速、200円を超える下げ幅を記録する場面もありました。

それでも下値は固く、イギリスのオクスフォード大学開発の
ワクチンが臨床試験で注目される結果が出たことなどが
支えになり、下げ幅は170円台まで縮小され、
取引を終えました。

7業種のみが上昇して、
電気・ガス、石油などエネルギー関連に買いが進みました。
前日利益確定に押された医薬品が買われる一方、
前日の上昇率1になった空運業は
一転して下落率1位に転落しました。

日経の日足は前日と同じ形で、
短い上下ヒゲを持つ陰線を形成しました。
前日の高値と安値は切り下げて
2日連続で形での下落となりました。

来週もさらに下に振れる場合は、
先週まで作っていた
三角持ち合いの上辺に当たる22530-22540円付近で
下げ止まり支えられてトレンド転換するかを
確認するのがポイントになります。

2日にわたって厳しい動きにはなりましたが
週間では陽線になりました。
実体は小さく上ヒゲが長いので下向けの圧力がかかる形です。
テクニカル分析上、来週は下げに変わっても
不思議ではない流れなので、注意が必要です。

様子見の相場で商いは2兆円を割り込みました。
東証1部の売買代金はで1兆8023億円、
売買高は9億9971万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1272、
値上がりは827銘柄、変わらずは72銘柄でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

心理学には「新近効果」と言うのがあります。
親しい何か?ではなく、
最後に提示された情報の方が印象に強く残ることを指します。

木曜―金曜日の動きから受ける印象は、
「今週はいまいちの動きだったな」と言うことです。
しかし、1週間の動きを見ると
堅調な動きだったことがわかります。

週末に近づくと利益確定が出やすいというのは
すでに先週末から解説していたことで、
驚くようなことでもないという印象です。

来週は一つの前提条件のもとに下値の固い動きを想定します。
週末の2日で調整入りとなりましたが、
以前の持ち合いに戻る直前に、
上に切り返すという前提です。

全体的な動きは予測が難しく、
決算発表が本格化することから
8月にかけては材料によって銘柄を物色する
決算相場になることが予想されます。

そもそも2日の休場が入っていることから、
方向感を出すのは相当難しい環境です。
全体の方向性を左右しそうな注目イベントを
強いていうなら

21日の日本電産、ディスコ、
22日米国市場のマイクロソフト、テスラの決算発表です。
日本電産の場合は、全体に与える影響が大きい分、
火曜日の結果によって水曜日は大きく動く可能性があります。
短期勝負になりがちなので、疲れるなーと思う場合は
一息入れて休んでいくのもいい線略でしょう。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
22,696.42 -73.94(-0.32%)
ドル・円
107.18 – 107.20 +0.23(0.21%)
ユーロ・円
122.45 – 122.47 +0.45(0.36%)
ユーロ・ドル
1.1423 – 1.1425 +0.0016(0.14%)
NYダウ工業株30種(ドル)
26,734.71 -135.39(-0.50%)
S&P500種
3,215.57 -10.99(-0.34%)
ナスダック
10,473.829 -76.663(-0.72%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/