TOPICS

2020/08/17

2020年8月17日の日経概況

2020年8月17日の東京株式市場は5営業日ぶりに反落しました。
終値は前営業日比192円61銭(0.83%)安の2万3096円75銭でした。
米国市場が方向感のない展開になったことや、
先週末まで900円以上をあげてきた反動から売りが先行しました。
朝方発表された2020年4~6月のGDP速報値は
戦後最大の前期比年率27.8%減、
その材料から考えると、下げ幅は限定的だとみることができます。
本日も最後までしっかりお読み下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は小幅の反発と反落、まちまちな動きになりました。
ダウ工業株30種平均は小幅に反発して、
前営業日比34ドル30セント(0.1%)高の2万7931ドル02セント、
ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落して
前営業日比23.20ポイント(0.2%)安の1万1019.30で取引を終えました。

7月の鉱工業生産指数、7月の小売売上高などの
指標がまちまちな結果になったことを受けて
方向感のない動きになりましたが、
下値は固く、ダウのみ小幅に反発しました。

前日の固さからハイテク部門が利益確定に回り、
アップル、アルファベットなど主要な銘柄が
売られた結果、ナスダックは反落しました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は方向感のない展開をみせた
米国市場の影響に加えて、
朝方発表された経済指標の結果によって軟調のスタートを切りました。

内閣府が発表した2020年4~6月のGDP速報値は
戦後最大の減速を記録、前期比年率27.8%減となりました。
景気の正常化には時間がかかるとの

見方が広がって下げ幅を広げる場面もありましたが、
アジア市場が堅調な動きになったことを受け、
下値は限定的な範囲で収まりました。

海運、空運業が逆行高で上昇業種2つになりました。
先週末まで強い動きになっていた精密機器、医薬品などには
利益確定の売りが広がりました。

日経の日足は上下ひげを持つ短陰線を形成、
高値と安値は前日より切り下げて、
形でも下落を記録しました。

実体が前営業日の実体から下離れしたので、
ギャップを形成、
調整入りがスタートする流れで、ボリンジャーバンドの+2σの外に位置する
スプラッシュが終了しました。

下に向かってトレンド転換したばっかりなので、
大きく下げたというより、下値が形と言えます。
明日の動き次第で調整入りが継続する場合は
ボリンジャーバンドの+1σ、
8月12日と13日の間に開いたギャップを埋める
8月12日の終値付近が支えの目安です。

こちらのポイントで支えられて
再び上に向かってトレンド転換するときは
強い上昇トレンドの継続と解釈することができます。

お盆を過ぎてからも夏休みで外国人投資家の参加が少なく、
商いは1月20日以来約7カ月ぶりの少なさを記録しました。
東証1部の売買代金はで1兆5014億円、
売買高は8億1922万株でした。
売買高も2019年12月30日以来
約7カ月半ぶりの低水準の記録でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1452銘柄、
値上がりは635、変わらずは86銘柄でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

今週の予想は「限定的な下値を保ちながら
先週の動きに基づいた強気が続き、
堅調な動きになることが予想」されると解説しました。

959円高(+4.3%)を記録した分、流石に初日は
利益確定の売りに押されました。
しかし、米国の方向感なしは仕方なしにしろ、

GDPが年率換算で27.8%減と
戦後最大の下げという悪材料をうけてのこの結果なので、
むしろよくやってくれたと褒めるくらいのレベルだと言えます。

GDP変動の内訳を見ると
7.8%減った実質GDPの前期比の中、
内需が4.8%分、外需が3.0%分押し下げ。
内需の中、GDPの5割以上を占める個人消費が前期比8.2%減で、
過去最悪の落ち込みを記録しました。
個人の心理は総崩れだと言っていいレベルでしょう。

個人消費の萎縮は家計部門の不安を表しているのに、
サイズの合わないマスク2枚の配布、
前倒しのGo Toキャンペーンなど、

世界に誇れる奇策を次々と思いつく政策側の独創性で
19年10月の消費増税から3期連続のマイナス成長を記録しました。
ちなみに米欧は2期連続。

ここまでの背景を踏まえると、
日本企業が遅れながらも取り組みを深めて、
予算を積み増しているデジタル変革(DX)、在宅ワーク関連に加え、
デジタル経済に欠かせないセキュリティー関連は
長い目で注目して物色したいところです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
23,096.75 -192.61(-0.83%)
ドル・円
106.32 – 106.34 -0.43(-0.40%)
ユーロ・円
126.02 – 126.07 +0.05(0.03%)
ユーロ・ドル
1.1850 – 1.1854 +0.0050(0.42%)
NYダウ工業株30種(ドル)
27,931.02 +34.30(0.12%)
S&P500種
3,372.85 -0.58(-0.01%)
ナスダック
11,019.301 -23.203(-0.21%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/