TOPICS

2020/09/09

2020年9月9日の日経概況

2020年9月9日の東京株式市場は反落しました。
終値は前営業日比241円59銭(1.04%)安の2万3032円54銭でした。
ハイテク銘柄への利益確定を背景に米国市場が大幅に下落、
日本市場はその流れを引き継ぎ売りが先行してスタート、
戻りを試す動きになりましたが、下向きのギャップを形成したまま
テクニカル的な節目も割り込んで終わりました。
本日も最後までしっかりお読み下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は大幅に続落しました。
ダウ工業株30種平均は大幅に続落して、
前営業日比632ドル42セント(2.3%)安の2万7500ドル89セント、
ナスダック総合株価指数も大幅に続落して
前営業日比465.44ポイント(4.1%)安の1万0847.69で取引を終えました。

ダウ工業株30種平均は1カ月ぶりの安値、
ナスダック総合株価指数は最高値からの下落率が
10%に達しました。

ハイテク関連の銘柄に利益確定の売りが続き、
原油安を受けた石油関連銘柄の下落、
製造上の問題が報じられたボーイングの下落なども加わり、
半導体関連銘柄の下落とともに市場全体を圧迫しました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場が大幅に続落したことを受け、
投資家心理が悪化、
大きく売りが先行してスタートしました。

コロナワクチン開発で注目を集めていた
アストラゼネカが治験を一時中断すると
発表したことを材料に下げ幅は広がりましたが、
日銀のETF買いへの期待で下げ渋りながら取引を終えました。

33業種中、29業種が下落、
鉱業、銀行、不動産の下げが目立ちました。
また、証券、保険などの金融全般が売られ、
ゴム製品、精密機器、繊維製品など
素材・景気敏感セクターも売られました。

日経の日足は下ひげを持つ短陽線を形成しました。
前日の終値より下放れしてスタート、
一時期売り込まれましたが、始値に戻って
さらにそれを超えて終りました。

前日の安値までも戻る事はできず、
高値と終値では25日移動平均線で抑えられました。
支えになってくれると期待されていた
25日移動平均線を一気に下に抜けたことで、
投資家心理は悪化する形になりました。

下向けのキャップをあけているので、
本日の高値と25日移動平均線を上に抜けて
ギャップを埋めないと
心理的には相当厳しい流れになっています。

さらに下がる場合はボリンジャーバンドの− 1σ、
及び− 1σと− 2σの間に位置している
75日移動平均線で支えてくれるかが確認ポイントです

商いは2営業日連続で2兆円を超えました。
東証1部の売買代金は概算で2兆4180億円、
売買高は13億6045万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1497、
値上がりは588、変わらずは87銘柄でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

前日は「明日まで上昇すると早くも短期の過熱感が意識されるので、
次の循環が向かうセクターへの物色と、
現在保持している銘柄の利益確定をしっかり入れておくことが必要です。」と解説、

待ってましたと言わんばかりに
利益確定が広がり、調整を入れてきました。
テクニカル分析上でも節目を割り込むことで印象は悪くなりました。

とはいってすぐさま市場が崩壊するわけではない上に、
利益確定の注文をしっかり入れておいたら
大きな損失にはなってないはずです。
(しっかり入れたと信じたいです)

アストラゼネカが治験を一時中断するニュースは
各種メディアのヘッドラインを飾り、
「市場の崩壊でしょうか?」という質問ありましたが、

新薬開発のみならず、科学実験のプロセスで
一発で通るということはまずありません。
検証して、再開、再び中断、
そしてデータ分析、当然のプロセスなので、
市場が崩壊することは考えられない、これが私の見解です。

むしろ、ロシアのワクチンのように
ある日突然「できました」と出てくる方が怖いでしょう。
本日の下げ幅は「崩壊ではない」ことを証明するものでもあります。

こちらより気にすべきことは
本日の値下がり率ランキングに大量に並んでいる「地方銀行」で、
ドコモ口座の不正から見られる
金融業界のずさんなIT政策、セキュリティー意識です。

これを裏返すと、デジタル改革、セキュリティー関連、
銀行を大体するフィンテック関連は
長期的に物色してみる価値があるという側面が見えてきます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
23,032.54 -241.59(-1.04%)
ドル・円
105.99 – 106.00 -0.27(-0.25%)
ユーロ・円
124.67 – 124.69 -0.90(-0.71%)
ユーロ・ドル
1.1761 – 1.1763 -0.0056(-0.47%)
NYダウ工業株30種(ドル)
27,500.89 -632.42(-2.24%)
S&P500種
3,331.84 -95.12(-2.77%)
ナスダック
10,847.690 -465.445(-4.11%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/