TOPICS

2020/10/30

2020年10月30日の日経概況

2020年10月30日の東京株式市場は5営業日続落しました。
終値は前営業日比354円81銭(1.52%)安の2万2977円13銭でした。
23,000円を割り込み、2ヶ月ぶりの安値を記録、
心理的に悪化するレベルまで下振れしました。
ただし、月末、来週の米国大統領選挙という2つの材料が重なる中、
ポジションを整理しておくという性格が強いので、
暴落の前兆というのとは異なります。
本日も最後までしっかりお読み下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は反発しました。
ダウ工業株30種平均は反発して、
前営業日比139ドル16セント(0.5%)高の2万6659ドル11セント、
ナスダック総合株価指数も反発して
前営業日180.72ポイント(1.6%)高の1万1185.59で取引を終えました。

4日続落した前日までの下げ幅は1840ドル強に達し、
短期的な売られ過ぎが意識され、
3カ月ぶりの安値を付けた付近で押し目買いが入ってきました。

市場予想+32.0%に対して、7~9月期の米GDP速報値が
前期比年率33.1%増の結果になったことも
市場を押し上げましたが、上昇幅には限界がありました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場が反発したことを受け、
好調なスタートが予想されましたが、
欧州の感染者数拡大で活動制限が広がることが嫌気され
小幅の売り先行でスタートしました。

今週入って急速に進んだ為替市場における
円高傾向が前日で一服するように見えましたが、
本日は再び104円台の円高が進んだことも
投資家心理を悪化させました。

33全業種が下落する中、
銀行、電気・ガスなどの押しが強かったセクターは
比較的に限定的な下げ幅でした。

日経の日足は短い下ヒゲを持つ陰線を形成しました。
前日の終値付近でスタートしましたが、
一貫して下がる動きでヒゲがほとんどついてない
強い下げの流れを示す形を作りました。

安値は75日移動平均線を下にブレイクダウンして、
ボリンジャーバンドの− 2σも抜けて
− 3σで止まりました。

前日は「安値がボリンジャーバンドの− 2σ及び
75日移動平均線付近だったので支えられやすい
位置にあったのは確かですが、
下げ止まりの形ではないことに注意が必要です。」と解説した
懸念事項が現れました。

週明けは− 3σが支えになってくれるか、
その場合でも25日移動平均線まで反発したら
抵抗に会わないかを確認するのがポイントになります。

週末にポジションを調整する売買が膨らみ
商いは2兆円を大幅に超えました。

東証1部の売買代金は概算で2兆6377億円、
売買高は13億1380万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1897、
値上がりは244、変わらずは39銘柄でした。

9割の銘柄値下がりする全面安の展開でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

本日はポジションを減らしておきたい、という動きが
堅調に現れた相場でした。
来週は米国の大統領選挙が控えており、

日柄としては月末、ポジションをそのままも
保持しておくと言うモチベーションは
ほとんど働かない背景と言っても過言ではないでしょう。

米国の大統領選挙は4年に一度
全世界が注目するイベントなので、
今更なんでこんなに騒ぐ?という感覚もあるでしょう。

今回は不透明な先行きが重なっていることが
投資家の心理を不安にさせ、
身動き取れなくしているといえます。

一方的なリードが見えないままアメリカの国内でも分裂が続いている上に、
社会的には新型コロナウィルスの感染が終焉していない、
故に打撃を受けている経済がいつ回復に向かうのか
今年の後半にはさすがに折り返すだろうと目論んでいた
中央銀行や主要国の政府は難しい舵取りが重くのしかかっています。

とは言って大統領選が終わるとすぐさま
市場に方向性が出るかと言うと、
新型コロナウィルスの影響で期日前の投票が
大きく増加していることで、選挙後数日でも
決着がつかない可能性も指摘されています。

利益を出すのが難しいのはすべての投資家に共通することです。
焦らずに、推移を見守ることに徹することが
今取れる最も懸命な線略です。

株式市場が大きく動くのは間違いありませんが、
それ以上のボラティリティーを持つFX、
先物、オプション市場はよほどの自信がない限り
一旦ポジションを下ろして、過ごすことをお勧めします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
22,977.13 -354.81(-1.52%)
ドル・円
104.37 – 104.38 +0.09(0.08%)
ユーロ・円
121.83 – 121.85 -0.54(-0.44%)
ユーロ・ドル
1.1671 – 1.1673 -0.0064(-0.54%)
NYダウ工業株30種(ドル)
26,659.11 +139.16(0.52%)
S&P500種
3,310.11 +39.08(1.19%)
ナスダック
11,185.593 +180.725(1.64%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/