TOPICS

2020/11/13

2020年11月13日の日経概況

2020年11月13日の東京株式市場は9営業日ぶりに反落しました。
終値は前営業日比135円01銭(0.53%)安の2万5385円87銭でした。
直近の急激な上昇で利益確定のタイミングにいたこと、
世界的にコロナの感染者数が拡大していることが
投資家心理を悪化、マイナスで今週の取引を終えました。
本日の下げが持つ性格は?今後の投資戦略は?
本日も最後までしっかりお読み下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は続落と反落で、全体的に下落しました。
ダウ工業株30種平均は続落して、
前営業日比317ドル46セント(1.1%)安の2万9080ドル17セント、
ナスダック総合株価指数は反落して
前営業日76.842ポイント(0.7%)安の1万1709.589で取引を終えました。

「全米で4~6週間のロックダウンが必要になるかもしれない」
新大統領陣営から出てきた発言など
新型コロナの感染者数拡大が市場の足首を掴みました。

追加経済対策が数ヶ月以内に成立するのは
難しいとの見方も、
景気の先行きに対する不安心理を増幅させ
投資家心理が悪化した側面もありました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は前日の米国市場が下落したことに加えて、
ここまでの急ピッチで進んだ上昇に対する
利益確定が進み、調整の下げが出ました。

米国では1日の感染者数が1万人を超え、
日本も12日に史上最多の感染者数を出したことで、
利益確定を急ぐ動きとなりました。

300円を超える下げ幅まで進みましたが、
午後に入ると日銀のETF買いに対する期待で
下げ止まり、下げ幅を縮小しながら
今週の取引を終えました。

東京都心5区の10月のオフィスビルの空室率が
8カ月連続で上昇したニュースを受け、
不動産業が厳しく押されたほか、

33業種中、1業種のみが上昇する
幅広い調整となりました。

日経の日足は上下ひげが長く、
実体が小さい陰線、いわゆるハンマーを形成しました。
前日より高値と安値を切り下げたので形でも下げ、

直近の二日間(11/11-11/12)で形成した
実体レベルでのギャップを埋めました。
安値では+2σまで進んだら止まり、
戻って終りました。

急激な上昇による反動ですので、
暴落の前兆と言うよりは調整を挟んで、
次の上昇を準備する動きだと考えて良いでしょう。

商いは2兆円を大幅に超える活況で、
東証1部の売買代金は概算で2兆7215億円、
売買高は13億3373万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1789、
値上がりは341、変わらずは46でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

今週は非常に強かった、の一言。
29年ぶりの高値で25,000円台を突破、
金曜日の本日、反落はしたものの、
週末という要因と、過熱感を解消するための
利益確定という見方が大半です。

すると、自然に来週も堅調な動きが予想されます。
下がる要因があまり見つからない、
だから上がる、という言葉だけでは
あまりにも乏しい根拠なので、少し分解して考えてみます。

市場は循環しながら、
全体を底上げする動きに入っているという要因。
なんのことだ?もうちょっとわかりやすく。

直近の上昇相場に入る前、持ち合いの中では、
グロース株が買われて相場を支えました。
日経225が持ち合っている間に
マザーズ指数が非常に強い動きになった事は
その証拠だと考えて良いでしょう。

今週に入ってから様子は変わりました。
グロース株の代わりにバリュー株に
資金が向かう動きが鮮明でした。

とはいってもグロース株に対して
大きな失望が広がったかと言うと、
本日の下げはむしろ押し目を拾う
良いチャンスだと認識すべきでしょう。

日経225から、TOPIXが下落する中、
マザーズが2%近い上昇を記録した本日の動きは、
資金がグロース、バリューと
循環しながら出入りすることを物語っています。

ただし、来週は決算発表が一服して材料難、その上に、
感染者数拡大は続いているので、
調整を挟む動きも当然予想されます。
その際は、ジャンプするための準備だと考えて
冷静に対処する必要があります。

日本企業の決算が底堅いことが確認され、
買いが働く地合いは整ってきたので、
「決算結果が良好かつ、グロースとバリュー、両方の性格を持つ銘柄」に
注目すると年末からの動きを先取りすることができます。

そんな銘柄があるか!って?
例えば、東京エレクトロン<8035>、
アドバンテスト<6857>などに
注目してみてください。

**************
今後の経済、そして来年の線略銘柄まで
毎年満員御礼の年末特別講演、
本日より申込開始しました。

Yearend2020


募集開始3時間で定員の半分は埋まっています。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
25,385.87 -135.01(-0.53%)
ドル・円
105.11 – 105.12 -0.16(-0.15%)
ユーロ・円
124.16 – 124.17 +0.24(0.19%)
ユーロ・ドル
1.1811 – 1.1813 +0.0040(0.33%)
NYダウ工業株30種(ドル)
29,080.17 -317.46(-1.07%)
S&P500種
3,537.01 -35.65(-0.99%)
ナスダック
11,709.589 -76.842(-0.65%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/