TOPICS

2021/01/09

2021年1月8日の日経概況

2021年1月8日の東京株式市場は2営業日続伸しました。
終値は前営業日比648円90銭(2.36%)高の2万8139円03銭でした。
当日の高値で引け、30年ぶりに28,000台を達成しました。
米国市場は上院議員選投票結果で民衆党が多数派になったことが引き続き好感され、
主要3指標が揃って最高値を更新しました。
日本市場はその流れを引き継ぎ、上離れしてスタート、
そのまま上昇して節目となる価格を突破しました。
達成感による売りも見られず高値で引けたので
来週以降も強い動きになりそうです
本日も最後までしっかりお読み下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は3日続伸しました。
ダウ工業株30種平均は3日続伸して、
前営業日比211ドル73セント(0.7%)高の3万1041ドル13セント、
ナスダック総合株価指数は大幅に反発して
前営業日比326.686ポイント(2.6%)高の1万3067.480で取引を終えました。

ダウ工業株30種平均は最高値を更新、
ナスダック総合株価指数は史上初13,000ポイント台にのせました。
S&P500種株価指数も55.65ポイント(1.5%)高の3803.79と最高値を更新、
主要3指数が過去最高値更新の記録を叩き出しました。

ジョージア州の上院議員投票を制した
民衆党が多数派を占めたことが引き続き
好感され、前日は押されたハイテク部門にも買いが入りました。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場はジョージア州の投票結果が決まり、
先行き不透明感が解消されたことが
引き続き好感され、
投資家の強気が続きました。

高く始まった日経は、節目らしい節目をつくることなく、
一貫して上昇する動きで、
当日の高値で引ける躍進ぶりをみせました。

33業種中、3業種のみが下落、
不動産、海運、空運業が売られました。
30業種が上昇する全面高の展開で
特に繊維製品、機械、その他製品などの素材系、
証券、その他金融などの金融関連もしっかりでした。

日経の日足は丸坊主に近い陽線を形成しました。
前日同様前日の終値より上離れしてスタート、
そのまま上昇して上向きのキャップを開けました。

直近で今回の高値を探してもない、と言うのも
30年ぶりの位置に来ているので
30年間この高値を探してもないことでしょう。

この場合、上昇の目処を決めるのは難しく、
次は28,500円、29,000円の節目が
抵抗になる目安として認識されます。

また28,000円と言う節目を突破した事は
達成感につながりやすいので、
月曜日は一旦利益確定が出てもおかしくないでしょう

商いが3兆円を突破しました。
東証1部の売買代金は概算で3兆1190億円、
売買高は13億8916万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1725、
値下がりは384、変わらずは77銘柄でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

30年5カ月ぶりの高値、
メールの受信ボックスに速報として入ってニュースでした。
長い説明が必要ない、これだけの単語で
今の状況をよく説明していました。

前日は1. 市場は強気が支配している
2. 景気敏感など上昇局面で物色されやすいところの押し目に注目、
3.明日(金曜日)は週末なので、午前中の押しがあることも念頭に入れる

3つの考えを示しましたが、
3番は見事に(いい意味で)裏切られ、
利益確定どころか、上昇幅を拡大する力強さを見せました。

3連休が控えている金曜日は、
大体利益を確定する動きに押されやすく、
盛り上がりにも欠ける展開がよく見られます。

しかし本日は2020年の11月30日以来の商いで盛り上がり、
次の節目となる28,000円台にあっさり乗せる大健闘でした。
来週は4営業日の立ち会いですが、
それでも堅調な動きが続くと見られます。

2日で1,000円以上を上げてきたので、
3連休明けには利益確定が出てもいいタイミングですが、
市場のスケジュールはまた注目度の高いものが待っています。

まず、ファーストリテーリング、安川電気、
セブン&アイHDなど、注目される銘柄の決算が予定され、
13日に12月工作機械受注、
14日に11月機械受注、12月企業物価指数など
景気敏感銘柄を動意つけ続ける指標の発表がひかえています。

過熱感が十分認識されるところまできましたが、
明確な下げのサインがでない限りは
今までの通り、景気敏感業種、
半導体・半導体製造装置関連などに注目、
ABCマート、イオンモールなどの決算発表も
予定されている小売関連にも注目です。

小売の中では10月から長く横ばいに入っていた
ニトリ<9843>が上にブレイクして抜けてきたので注目していきます。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
28,139.03 +648.90(2.36%)
ドル・円
103.86 – 103.87 +0.50(0.48%)
ユーロ・円
127.12 – 127.14 -0.13(-0.10%)
ユーロ・ドル
1.2239 – 1.2241 -0.0072(-0.58%)
NYダウ工業株30種(ドル)
31,041.13 +211.73(0.68%)
S&P500種
3,803.79 +55.65(1.48%)
ナスダック
13,067.480 +326.686(2.56%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/